One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 11日

when I was younger

部屋の片付けをしていたら、懐かしい写真が出てきた。
a0137527_20444554.jpg
10数年前、ゲイ雑誌「G-men」の人物紹介のページのために撮ってもらったもの。写真家、田口弘樹さんが撮ってくださいました。有名な写真家に撮ってもらう機会なんて、なかなかないので、貴重な写真です。

ちなみに…なぜか、セミヌードの写真もありますが、それはここで公開するようなものではないので(笑)。


The picture was taken to be used in "G-men", a gay magazin more than 10 years ago. Mr. Hiroki Taguchi, who is a famous photographer. took it. I have some more pictures taken at that time, including "semi-nude" one which I should not show here.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-11 20:45 | Diary
2009年 08月 09日

天使のウィンク

約束を守れたなら
願いを叶えてあげる
春の国 飛び立てる羽
つけてあげるよ

松田聖子さんが歌ってヒットした「天使のウィンク」って、尾崎亜美さんが作った唄だったのね…。昨日の「ミューズの晩餐~MY song, My life~」(テレビ東京)のゲストが尾崎亜美さんだったのだけれど、この曲が出来たときのエピソードを語っていた。

年内の仕事が一通り終わった、ある年の瀬、大掃除をしていた彼女のもとに松田聖子さんから電話がかかってきたという。「曲をつくって欲しい」と。彼女は承諾をし、「いつまでですか?」という質問に対しての答えは、なんと「明日まで」(!)。

彼女は、驚きながらも、なぜかその後も掃除を続けたとか。そして、掃除で埃が舞った中に(笑)陽がサーっと差すのを見て、天使と会話するというスタイルを思いついたらしい。そして、注文通り、翌日までに曲をつくりあげたという。

そのときのことを振り返り語る彼女の言葉が印象的だった。それは次のような内容だった。

「自分でここまでしかできないと制限する必要はない。もしかしたら、もっとできるかもしれない。そういう、自分が思うよりももっとできる機会は、たいてい外からやってくる。」

その話を聞いて、自分のあれこれを振り返っていた。そう、僕も何度も「本当にそれできるの?」と不安になるような依頼を受けることが度々あった。でも、それを引き受けてなんとかこなしていく中で、力をつけてきた(というほどの力はないけど・・・)。

毎年毎年、新しく試されるかのような課題が与えられるような気がする。一つクリアーしたら、また次の、より難易度の高い課題が与えられる。そのような機会が与えられるというのは、とても幸せなこと。その課題の大きさと難しさに、時に気が滅入ったり、プレッシャーに押しつぶされそうになることもあるけれど、チャレンジすることを楽しみつつ、そのような機会を与えられたことを感謝しつつ、臨んでいけたらいいなぁ、と改めて思った…なかなか難しいことだけど。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-09 21:52 | Diary
2009年 08月 07日

AIDS Forum in Yokohama

横浜で開催されている「AIDS文化フォーラム」で、「AIDS予防のための戦略研究 MSM首都圏グループ」のシンポジウムがあったので、足を運びました(実は、僕はそのグループの一員なのです)。a0137527_22583.jpg

同グループの活動の紹介や、その中でおこなわれているアンケート調査の報告だけでなく、日本におけるMSM(男性と性行為をおこなう男性)の置かれている状況についての説明もありました。

画像は、展示会場に貼られていた、同グループで作成したパンフを大きく引き伸ばしたもの。キース・ヘリングのイラストが素敵(そのパンフをつくるにあたって、キース・ヘリング財団の協力を受けています)。


''AIDS Forum in Yokohama'' is being
held till Sunday.
I attended a symposium by a reseach group
which is working for HIV prevention among MSM
(Men who have Sex with Men)
in the Tokyo Metoropolitan area.
I'm working in the group as a researcher.

In Japan about 70% of the reported HIV cases
are among MSM. The situation is very serious.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-07 22:42 | HIV/AIDS
2009年 08月 06日

Pictures by Mr.and Mrs. Maruki

小学6年生のとき、丸木夫妻の「原爆の図」が沖縄で展示されていた。クラスで観に行ったのだが、そのときの衝撃を忘れられない。

http://www.aya.or.jp/~marukimsn/top/genindex.htm

米国では今でも原爆投下は戦争を早く終結させるために必要だったと考える人が大多数だという。そう考えるかどうかにかかわらず、とにかく、誰もが原爆投下がどのような結果をもたらしたかを知るべきだろう。

Today was the memorial day of atomic-bombing in Hiroshima.
When I was in my 6th grade of an elementary school,
I saw pictures in which Mr. and Mrs. Maruki had painted cruelty of
atomic-bombing in Hiroshima.
I was very shocked and I still cannot forget that.

http://www.aya.or.jp/~marukimsn/top/genindex.htm

Everyone in the world must know the tragic and horrible outcome
atomic-bombing brought, no matter how they judge
''the necessity'' of those in Hiroshima and Nagasaki.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-06 23:45 | Diary
2009年 08月 05日

Sad News

つらいニュースがネット上に流れていた・・・

=====

同性愛者に銃乱射、2人死亡=イスラエル

 【エルサレム時事】イスラエル・テルアビブ中心部にある同性愛者のためのコミュニティー・センターで1日、覆面姿の男が群衆に向けて銃を乱射し、2人が死亡、少なくとも15人が負傷した。
 目撃者によると、犯人の男は黒ずくめの服装で、若い男女の同性愛者グループに自動小銃を発砲した後、逃走した。
 警察当局は、パレスチナ人によるテロの可能性は低く、同性愛者を嫌悪する者による犯行とみている。同性愛は敬虔(けいけん)なユダヤ教徒の間でタブー視されている。(2009/08/02-15:43)

=====

同性愛者などの性的マイノリティがターゲットになる暴力事件、殺人事件は世界でたくさんおこっている。しかし、そういう厳しい社会の中で闘っている人たちもたくさんいる。そういう人たちといかに連帯していくか…僕にできることがあるのかどうかわからないけど、そのことは常に考え続けていきたい。


A horrible news was reported. In Israel a man shot randamly in
a gay&lesbian community center , and two people were killed,
not less than 15 people were injured.

Many people are attacked because of their sexual orientation or
gender identity in the world. I feel very sad to think about that.
But in such a serious situation, a lot of people are struggling to
make the situation better, which gives us a hope.

Though I don't know what I can do for such people, I'm thinking
over the way to be in solidarity with them.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-05 17:22 | LGBT/gender
2009年 08月 03日

Symposium about GID

「GID(性同一性障害)シンポジウム2009」へ行ってきました。

シンポジストは、大島俊之さん(九州国際大学教授/弁護士)、針間克己さん(はりまメンタルクリニック院長)、野宮亜紀さん(和光大学非常勤講師/東京プライド副代表)、そして、テレビで活躍している椿姫彩菜さん(モデル)。司会は、元フジテレビアナウンサーの政井マヤさん。

僕が印象に残ったのは、二つ。一つは、戸籍の性別変更の条件についての議論。子なし要件は廃止されるべきという意見は以前から強く出されてきたが、今回は、果たして本当に性別適合手術が必要条件となるべきなのか、ということについても、話が及んだ。とても、重要な指摘だと感じた。

針間さんは、「すでにホルモン治療などで性自認にあった性別として生活できているのに、戸籍を変更したいがために手術をする人がいて、医師としてなんだかなぁ、と思う」と発言。野宮さんも、「普段の生活では股間を見て性別を判断しているわけではないのだから・・・」とコメントしていた。

そして、心に残ったもう一つは、大島さんの話。彼は、日本で初めてGIDの戸籍の性別変更に関する論文を書いて以来、25年以上もこの問題に取り組んできた第一人者だが、「その論文を書いた頃は若い研究者だったのに、もう定年を迎えようとしている。これしかできなかった。」と冗談交じりに語っていた。こうして人生を投入する人がいないと動かないことがある、と改めて感じた。


I went to a symposium about GID (Gender Identity Disorder).

In that symposium, one of key themes was requirements for changing
registered sex in KOSEKI ( family register system). So called ''no child
requirement'' has been criticised since a law which enables GID people
to change their registerd sex was introduced in 2004.

''No child requirement'' means that GID people who have children
cannot change their registerd sex in KOSEKI. As some GID people
have childeren before they decide to live in the gender of their identity,
the requirement is said to be too severe for such people.

Though the requirement has been changed into ''No minor child
requrement'' this year, Prof. Oshima, who is a legal expert on this issue
and was one of the speakers in the symposium, insisted that the
requirement be abolished.

Today's symposium, all speakers went further to show their doubt more
or less on a requirement of SRS (sex reasighnment surgery) .

Dr.Harima said "some GID clients who come to my clinic don't need
surgery because they can live as the gender of thier identity and
they don't have much troubles. Still they wish to under go SRS in order
to change their registered sex. As a medical doctor I have to say it is
not a good situation that they have to under go SAR only to change
their registerd sex ."
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-03 23:30 | LGBT/gender
2009年 08月 01日

Rainbow Art Exhibition 2009

ということで、予告どおり、ブログへ移行させてみました。これでもう少し、書く頻度が増えるかな?日本から海外へのLGBT情報発信が少ないので、たまに英語も添えようかと(必ずしもまるまる翻訳したものではありません)。a0137527_16131362.jpg

さて、今週は、レインボーアート展がありました(今日でおわり<もっと早く紹介するべきだった!)。僕のパートナーが実行委員長をしていることもあり、何回か顔を出しました。画像は、彼の作品です。

''Rainbow Art Exihibition 2009'' has been held in Shinjyuku this week . Today is the last day. About 50 artists are exhibiting their works. I visited several times and empowered by them.

The picture above is a work by my partner, Yu. He is the Representative Director of the Exihibition.

Rainbow Art Exihibition started in 2000 and is taken place anually.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-01 16:29 | LGBT/gender