<   2014年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 26日

チャレンジすること、成長すること

宮城さんのエッセイ

半年続いたエッセイの最終回が来週12/31に掲載される…と言っても、自分のエッセイのことではなく、レインボーアライアンス沖縄(&ピンクドット沖縄)共同代表の宮城由香さんのエッセイ。私が最初の執筆者となった沖縄タイムスの「性のはなしをしよう」の4人目の執筆者として、彼女が半年間担当していたのだった。

こうした公的なところに文章を連載するのは初めてということで、彼女の原稿を読んで、僕が、言葉づかいの調整や構成のアドバイス等をさせてもらっていたのだった(内容はもちろん彼女自身が考えていて、アドバイスは文意が変わらない範囲でおこなった)。それを続けて半年。

最初は、当然ながら、この手の文章を書きなれていない人が書いてしまいがちな、主語と述語部分のずれや、口語ならオッケーでも文章にすると曖昧さが際立ってしまう表現等、気になるところがあったのだけれど、そのことを毎回指摘することを繰り返していくうちに、みるみる文章がうまくなり、最後にはほとんど私が口出しをする必要がないくらいにまとまった、わかりやすい文章を書くようになっていた。

どんな人でも自分の文章に口を挟まれるのは嫌なもの。自分なりのこだわりもあるものだし。当然、彼女も、「えー?」と思うことも度々あったのではないかと思う。でも、一応、文章を書くことに関しては、年数的にも量的にも先輩であるということで、ついてきてくれたのだと思う。

文章表現は、もちろん、それぞれの方法と癖があっていいのだけれど、まずは、自分の言いたいことを丹念に、わかりやすく伝える方法を練習するほうがいいと僕は考えている。彼女の文章についてコメントを重ねることで、僕自身、どういうところに着目して伝えていくといいのか、とても勉強になった。


成長するということ

このエッセイを書き続ける中で文章がうまくなっていく彼女を見つつ、人っていくつになっても、新しいことにチャレンジできるし、そのことで成長していけるものということ学んだ。「上から目線」的でいやらしい表現になってしまうけれど、彼女が2013年にピンクドット沖縄の共同代表を引き受けてくれてからの、代表として人前に立つ事に関して見せた成長にも感動してきた。

初めて開催したピンクドット沖縄の説明会で、緊張のあまりほとんど言葉が出てこなかった彼女は、今年には、当日の会場で多くの人たちを前に自分の言葉を伝えられるようになっていたし、トークイベントでも自分の考えや経験をしっかりと話せるようになっていた。

今年の2月、レインボーバレンタイン・キャンペーンの一環として、僕が聞き手になりつつ彼女に話をしてもらう形でトーク(@ジュンク堂書店那覇店)を開催したのだが、それを聞いていたフリージャーナリスト山城紀子さんは、彼女の話がとても心に残ったと言っていた。

宮城さんは、沖縄で生まれ育ち、基本的に沖縄で暮らしてきた人なのだが、自分が共同代表を務めることの意味を考え、重責ながら引き受けたのだった。その意味とは、沖縄出身とはいえ沖縄を長く離れていた僕がやる活動に対して向けられがちな、「(東京に長くいた)砂川さんだからできる活動なんでしょ」といった視線を緩和するような役割だ。

また、同性のパートナーと長いパートナーシップを続けつつも、これまではその言葉であまり意識してこなかった「レズビアン」というアイデンティティーをあえて引き受けて、沖縄の新聞にも登場するようになった(沖縄で実名と顔を出してレズビアンとして、マスメディアに出たのは彼女が初めて&日本全国でも少ない)。この勇気は本当にすごいと思う。そして、その彼女を支え続けている、パートナーのまゆみさんも。


今後…

実は、来年中に、宮城さんと関係することで実現したい大きな目標がひとつ。画家でもある彼女の絵をスカーフにして商品化したいといこと(それによって、彼女の絵の魅力を多くの人に知ってもらいたい&売り上げの一部を活動資金の足しにしたいのです)。

彼女の絵は、とてもオリジナリティ溢れる存在感のあるもので、沖縄の自然をモチーフにした曼陀羅のような絵だ。僕は、その絵に、多様性といのちを愛でる彼女の思いを感じている。来年は前半で、僕の博論の書籍化があるから、その後になるかなぁ…。でもぜひぜひ実現したい。予約を受けて、ある一定数に達したら商品化へ、にするか、またクラウドファンディングを使うかわからないけれど。

ということで、来年の展開もお楽しみにー。

<宮城さんの絵>
a0137527_22545897.png

[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-12-26 22:56 | Diary
2014年 12月 22日

2014年を振り返る

今年したこと、起きたことなど、ほぼ時系列に並べてみました。


▼東京でピンクドット沖縄の報告会

1月に早稲田大学での講演で東京に行くことになったので、2013年のピンクドット沖縄の報告会を開催しました。突然の思いつきで急なお知らせだったにもかかわらず、多くの友人、知人が集まってくれました。東京を離れて以来初めて会う人もいて、あらためて関係性を結び直すことができたような、そんな気がしました。


▼那覇市地域福祉補助金の事業の実施

対人支援をおこなっている機関への出前講座(10カ所)、入門講座、LGBT入門冊子製作など。出前講座では、初めて病院へも赴きました。

a0137527_23422015.jpg
(出前講座の様子)

a0137527_1393791.jpg
(入門冊子)


▼レインボーバレンタインキャンペーン

オリジナルのチョコを街頭で配布、ジュンク堂書店那覇店さんでトークもおこないました。

a0137527_23461289.jpg
(街頭配布後の記念撮影)

a0137527_23464388.jpg
(石鹸やフレングランス商品を製造販売されている「ラ クッチーナ」さんもレインボーバレンタインに協力くださいました)


▼初の救急搬送

吐き気と激しいめまいで動けなくなり、生れて初めての救急搬送。特に異常はなく、半日で退院。


▼歌手の米倉利紀さんにピンクドット応援ショットに協力いただく

初めてライブにも行きました。とてもかっこよくて、そしてパフォーマンスがすばらしく、惚れ惚れとしてしまいました。

a0137527_0494515.jpg



▼Brentさん、カナダから手伝いに!

カナダからBrent Lueさんがピンクドット沖縄やGRADiを手伝いに来てくれました。約5ヶ月の滞在中、大活躍でした。

a0137527_0445596.jpg



▼初挑戦のクラウドファンディング、成立!

READYFOR?で挑戦したクラウドファンディングのプロジェクト「同性カップルの『里帰り結婚式』をピンクドット沖縄で実現したい」、多くの方々のご協力を得て、目標額を達成しました。ありがとうございました。

a0137527_0394953.jpg
(クラウドファンディング、スタート時の記事)


▼ピンクドット沖縄応援集会 in 沖縄

ピンクドット沖縄の応援集会をシューレ大学を会場に開催。沖縄で一番私を支えてくれている宮城さん(ピンクドット沖縄共同代表)&まゆみさん(同実行委員)の二人も参加。このお二人と一緒の時間を東京で過ごせたのもとても良い思い出に。

a0137527_23511917.jpg



▼ジョージ・タケイさんとランチ!

在沖米国領事館主催の講演会で沖縄にいらしていた、ハリウッドスター、ジョージ・タケイさんとピンクドット沖縄のメンバーで会食。

a0137527_23483521.jpg


なんと、ピンクドット沖縄に向けて応援メッセージもいただきました>YouTube上動画



桜坂劇場とのコラボイベントで、EPOさんとトーク

ゲイカップルが障がいを持つ子を養子に迎えるために闘う映画、「チョコレート・ドーナツ」と関連して、桜坂劇場さんとピンクドット沖縄のコラボトークが実現。歌手のEPOさんとトークする機会をいただきました。

a0137527_23581199.jpg



▼念願の講演会の実現

ピンクドット沖縄と関連して、沖縄に来た時から実現したかった、上川あやさん(世田谷区議会議員)、星野智幸さん(作家)、楠原彰さん(國學院大學名誉教授)の講演会を実現できました。また、田中かず子さん(元国際基督教大学教授)の二度目の講演も。また、料理教室めざめの坂本ゆいさんの料理教室も二度目を実現できました。それぞれ、ご本人のご協力、多くの方々のご協力で可能に。心から感謝。

a0137527_021061.jpg
(上川あやさん)

a0137527_0213282.jpg
(星野智幸さん)

a0137527_0225427.jpg
(楠原彰さん)

a0137527_114235.jpg
(坂本さんの料理教室の後で)


▼電話相談&基礎講座実施

LUSH補助金を得て、電話相談を実施、また臨床心理士などの専門家向けLGBT講座等を実施しました。

a0137527_0262879.jpg



▼ピンクドット沖縄大成功!

ピンクドット沖縄でいろんなことがありました。上記の講演会の実現のほかに…
・RBCラジオさんが、1時間の特集番組をつくってくださいました。
・桜坂劇場が「レインボーシネマウィーク」開催してくださいました。
Marriage Equality USAのリーダーのお二人 John Lewis さん& Stuart Gaffney さん が、ピンクドット沖縄にご参加くださいました(彼らは、カルフォルニア州で同性間の結婚をめぐって裁判を起こした原告であり、同州での同性婚を実現させたカップルの一組)。
・沖縄で初めてとなる、LGBTの家族の会を開催しました。
・金城一樹さん&ハロルド・チャペットさんの里帰り結婚式を挙げることができました!

a0137527_0274314.jpg
(ハロルドさん&一樹さん、Stuartさん&Johnさん)


▼GRADi閉鎖

2年半近くがんばった、コミュニティスペースGRADiですが、経済的に苦しくなる一方だったことから閉鎖しました。それと同時に住居も引越し。


▼金城芳子基金による助成決定

沖縄でのジェンダー関連の活動に与えられる活動金城芳子基金の助成を、レインボーアライアンス沖縄でいただくことに。対象となったプロジェクトは、沖縄の県および各市町村議員へのアンケート調査です。

a0137527_0352844.png



▼READYFOR of the Yearでプレゼン、ソーシャルニーズ部門賞受賞

READYFOR of the Yearの授賞式で、プレゼンの機会を与えられた5つのうちの一つになりました。また、ソーシャルニーズ部門賞をいただきました。授賞もさることながら、プレゼンの機会を得たこと、それにより、他の、様々な活動をされている方とお会いできて刺激を受けたことに大きな刺激を受けました。(授賞式とそこでの出会いについての日記

a0137527_056389.jpg



▼シューレ大学15周年で講演

私にとってとても大事な場所となっているシューレ大学、その15周年で講演する機会をいただきました。


▼パートナーとの関係解消(涙)

諸般の事情により、遠距離で3年間、トータルで8年間続いたパートナーとの関係を解消することになってしまいました…。


▼二度目のクラウドファンディング成立!

二度目のクラウドファンディングの挑戦となるプロジェクト『新宿二丁目の「ゲイコミュニティ」を研究した博論を出版したい』、また多くの方々の協力のおかげで開始1週間で成立し、来年、出版することが決まりました。わーい。ちなみに、プロジェクトへの支援申し込みは2月16日までですので、まだまだ参加できます(笑)

a0137527_0534896.png


-------

と、あらためて今年のことをまとめてみると、「頑張った!」感ひしひし。しかし、頑張り方がきっとおかしな方にいっているせいで、年末の今は、生活は困窮状態。ということで、これから、アルバイトをさがして(ドンキのレジ打ちかなー)、来年は生活最優先を志します。

今年は、二度のクラウドファンディングの成立に象徴されるように、一層多くの人に支えられた一年でした。ほんとうにありがとうございました。と言いつつ、年内にある誕生日あたりにもう一度、書くかくも…


今年の振り返り最後は、ピンクドット沖縄アフターパーティでの僕の大笑い顏。

a0137527_1293496.jpg

[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-12-22 01:09 | Diary
2014年 12月 10日

沖縄国際大学での講演

今日は、沖縄国際大学のある先生に招いていただいて、LGBTについて基本的な話を。声をかけてくださった先生と、別の先生のゼミの合同授業となった。

講演は、「もっとうまく話せたらよかったなぁ…」と思う出来だったけれど、若い人たちに伝える機会をいただけて良かった。学生からは、僕が一通り話した内容に情報を付け加えるのにちょうどいい質問もちほら(「皆にこの話を伝えて欲しい」という意図をもった質問かな?と思われるものもあった)。


講演前、1時間以上前に大学に到着して、ランチ。今日は天気が良く、暖かくてとても気持ちがよかったので、中庭的なところで、持参した稲荷ずしをパクリ。外で心地良く食事ができるだけで幸せな気分。

a0137527_042019.jpg

[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-12-10 00:20 | Diary
2014年 12月 05日

LGBTと図書館

ひょんなことからLGBTの図書館へのアクセスのしやすさについて、ちらっと調べることになった。最初は、「そんなテーマで研究とかあるのー?」と思ったら、やはりちゃんとあった。

論文的にまとまっているのは英語でしか見つからなかったが、日本語でも、「セクシュアル・マイノリティの問題と図書館への期待 」(小澤かおる 2010 )とか、米国での論文を紹介している「同性愛関係コレクションは是か否か:公共図書館サービスと選書方針 」(岸美雪 1994)とかを、「図書館情報に関するポータル」というサイトで発見。

小澤さんの文章では、LGBT関係の本が図書館にあっても手にとらないという話だが、やはりいくらインターネットが発達しても図書館に置かれてるのは重要だよなー、と思う。特に学校図書館。僕が思春期の頃は、LGBTについて書かれた日本語の本などなく、性に関する本の中でも触れられていないか、ネガティブに書かれていたものだ。

そう考えるとなんだかんだ言いつつ(?)随分と変わったなぁ。

ふと図書館の話から、そういえば、以前、美しい図書館の写真を紹介したサイトをみたなぁ、と探してみたらいろいろあった。下の写真は、「最も美しいアメリカの大学図書館」の紹介から。うーん、ほれぼれする美しさ。

a0137527_23232368.png

BBC TRAVEL america's most beautiful college libraries
[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-12-05 23:25 | LGBT/gender
2014年 12月 04日

那覇市議会議場を訪問

とってもきれいな那覇市議会の議場!

a0137527_15585470.jpg

(左:前泊さん。ちょうど僕の頭が市旗にかぶっている…失礼をば)

那覇市議会議員2期目の、前泊美紀さんが案内してくださいました。約2年前に新設されたばかりだけあって、きれいだし、設備もよくできてる(那覇市庁舎4階にあります)。

傍聴席は、議員と同じフロアにも二階にもあり、なんと、親子連れ用の傍聴席(子どもの声が漏れない部屋になっている)も。すばらしい。

前泊さんが紹介くださって、副議長の糸数昌弘さんにもお会いしました。とても気さくで話やすく、LGBTに関する話をアピールしてきました。

案内してくださった前泊さん、話を聞いてくださった糸数さんに感謝。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-12-04 16:02 | Diary
2014年 12月 03日

目標額達成!

わわわ、ありがとうございます! こんなに早く達成するなんて!

a0137527_2253572.png


先日紹介したばかりの、僕のクラウドファンディングのプロジェクト「新宿二丁目の『ゲイコミュニティ』について研究をした博士論文を書籍化したい」が、今日の朝、ちょうど1週間で目標額に達成したのです! なんとありがたいことでしょう! 

「期限の後半で成立したとして、1月の終わり頃から出版に向けての手直しかな」と思っていたけれど、すぐに取り掛かり始めなくちゃ!…とうれしい焦りを感じているところです。

応援してくれている仲間達も自分のことのように喜んでくれているのが、またうれしいことです。

これから出版するこの本は、今回のクラウドファンディングで支援してくださっている方々だけでなく、これまで僕を支えてきてくださった皆さんの本でもあります。だからこそ、一層うれしいのです。

長い時間をともに過ごしてきた人、知り合って間も無い人、たまにしか会えないけれどつながりを感じられる人、まだ会えていないけれど僕のことを気にかけてくれている人、疎遠になってしまった人、そして…もう二度と会えなくなってしまった人。そんな、あの人、この人、たくさんの人が一緒に喜んでくれますように。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-12-03 23:03 | Diary
2014年 12月 02日

オープンリーゲイの文化人類学者への道(笑)

博論出版のためのクラウドファンディングに取り組む中で思い出したことなど…


▼院試でのカミングアウト

僕は、自分の研究との関係もあり、大学院入試(院試)の面接試験の時に、自分がゲイであることをカミングアウトした。それまでも、知り合いが教えている大学の授業に招かれて、ゲイとしての経験を話したことがあったが、院試の時の方が、はるかにパブリック感の伴うカミングアウトだった。

面接試験は、そのコースの大学教員がずらりとコの字型で取り囲むように座っている中、事前に提出した論文と院に入ってからの研究計画についての質問に答える形。提出していた論文は、HIV啓発活動と関係したものだったが、研究計画について説明する中で「ゲイとして『ゲイ・コミュニティ』の調査をするつもりです』と伝えた。

ここでゲイであることを伝えたのは、フィールドワークでは、どういうポジションでどういう関わり方で調査をするかということがとても重要なことだからだ。

その話をする時に、「(文化人類学という学問分野的には)奇異な研究と思われるかもしれませんが…」と前置きをしたことを覚えている。そして、研究計画について一通り説明したあと、間髪入れず「私は奇異な研究だと思いません」と言ってくださったのが、のちに指導教官として長い間励まし続けてくださった先生だった。

そして、その先生のコメントに続いて「私も奇異な研究と思いません」と発言してくださったのが、やはり、その後、ことあるたびに励ましてくださり、私が歴史学にも興味を持つきっかけになった、フランス史を専門とする先生だった。

こう書くと、そういう場でのカミングアウトが何の問題もなかったかのように思われるかもしれない。僕も正直、当時は、「あれ、全然大丈夫みたい…?」と思ったものだった。その後も、基本的には予想していたほどの大変さはなかったのだが、全くないもないわけではなかった。


▼「ああいう学生を入れていいんですか…?」

とは言っても、直接的に攻撃を受けたわけではない。しかし、授業の中で、あからさまに僕への苛立ちを感じていて、それをぶつけてきているとしか思えない先生がいた。その先生は、しばらくは、廊下などで会ったときに僕が挨拶しても、いつも無視していた(しつこく挨拶し、ちゃんと?年賀状も書いたりしているうちに変わったけれど)。

また、当時人気のあった先生だが、ある海外の有名研究者の悪口を冗談まじりに言う中で、「それにホモだし」とおもわず口走って、それにつられて皆が笑うということがあった。その直後に、「あっ!」と気づいて、僕の顔をみてバツの悪そうな顔をした。さすがにその先生には、後で抗議をしたが、「日本の大学でゲイであることをオープンにしている学生と初めて会ったので、逆にそれが無意識にそのような冗談につながったのかもしれない」という返事だった。

僕の研究をどうしても文化人類学のものと認めたくないのだろうという態度で接し続けた先生もいたし、修士論文の中間発表で、明らかに性的指向について誤解した上での、研究の本質は関係のない批判めいた質問を受けたこともった。

また、実は、院試のあと、退官間近だった教授が、ゲイであることをカミングアウトした僕のことについて、「ああいう学生を入れていいのか…?」と発言していたと知ったのは、博士課程に入ってからのことだった。


▼変化したセクシュアリティの定義

今から考えると、「結構、嫌な思いもしたなぁ…」と思うが、当時は研究で精一杯だったし、院生仲間との関係では嫌な思いをしたことはなかったおかげで、そのようなことで折れることはなかった。

それこそ、当時は、どの大学でも院でゲイであることをオープンにするような学生は極めて稀なことで、その頃、日本の文化人類学の学問分野でオープンにしていたのは僕一人だったし(今も?)、「ま、しょうがない…」という気分だったかもしれない。

僕が入った頃、日本の文化人類学で書かれていた論文でのセクシュアリティの定義は、「男女の間」に限られてたもので、僕は、それに対して、「なんじゃこりゃ!」と憤っていた。しかし、僕がオープンにして論文を書いたり、研究会などで発表するうちに、それはあっと言う間に変わっていった。

そんな風に直接的、間接的なやりとりの中で、修正していく先生方の様子を見て、僕は、率直に(全く嫌味ではなく)「すごいなぁ、優秀な研究者は修正能力が高いなぁ…」思った。そして、自分がゲイであることをオープンしてセクシュアリティ研究をしてきた意味があったかもしれないと思った。


▼交差点としての「私」

嫌な経験をあれこれ書いてしまったけれど、応援し支えてくれる先生方もいたし、そのことの方が僕の、学徒時代(?)の思い出の多くを占めている。もちろん、面接時に援護射撃的なコメントしてくださった先生方もそうだし(間髪入れずにそのような発言をしてくださったのは、否定的な反応があり得ることを見越してのことだったと思う)、その後、特にジェンダーを意識して研究している女性の先生方にとても支えられた。今も、変わらずに、応援してくださっている先生もいる。

博論を提出し審査が終わった後、博論完成お礼パーティーを開いたとき、ずっと励まし続けてくださった指導教官の先生が、僕がこの研究で博論を書き、口頭試問でも高い評価を得たことについて、「(まわりに対して)ざまぁみろという気分」と表現してくださったのが印象的だった。実は、僕以上に、この研究に対する冷たい視線を先生は感じていたのかもしれない。


今回のクラウドファンディングでも、大学院にいる間に知り合った人たちからも支援いただいている。あの頃、直接的なやりとりは少なくても、同じところで、それぞれの研究に四苦八苦したり、授業の準備に大変な思いをしたりしていたことが、つながりをつくってくれた。

こうして、博論が出来上がってきた自分の過程を振り返ると、あらためて、自分は、関係性の交差点のような存在だな実感する。そして、まさに、僕にとって、博論は、その交差点の表象だなー、と。さらにそこに、クラウドファンディングを通じて、新たな交通ができて、新しい交差点として、自分が更新されていく。この貴重な経験もまたなんらかの方法で現していけたらいいなぁ、と思いながら、まずは、今の交通を楽しみつつ。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-12-02 00:19 | Diary