One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 30日

『音楽をひらく』(中村美亜)

最近、本を読むことがめっきり減ってしまい、学術書はなかなか読み通しづらくなっている。しかし、中村美亜さんの『音楽をひらく』は、読み始めてからは一気に読み通せた(病院の待ち合い時間に読み始めたのだが、おかげで長い長い待ち時間が苦じゃなかった)。

いやぁ、ほんとすばらしい。中村美亜さんは、東京時代からの知り合いで、彼女が所属する研究会で発表するきっかけをいただいたりもした。この本の中で重要なケースとして登場して来るプレリュードは、2010年のもので、僕がまだその主催団体の東京プライドの代表を務めていたときのものだ。

実はそのときのプレリュードの司会を彼女にお願いしたのは、僕だったのだが、僕も主催者の一人として経験したこのときの内容がこうして本に記され、そしてアカデミックに分析されているのは、とてもうれしい。

僕は以前から、東京などで活発におこなわれているLGBT関係の活動はもっと記述され残されるべきだと思っていたのだけれど、この分析は、それを成し遂げているだけでなく、その事例を、音楽を読み替えていく大きな論理構成の中に位置づけているところが、研究として卓越したものだと思う。

(以下は、この本の内容紹介というより、僕になりに受け取ったを僕の言葉に直しつつ書いたものです。なので、彼女自身のニュアンスとだいぶ異なるところもあるかもしれません…)


▼ミュージッキング (musicing)

音楽を、それぞれの曲に内在する「正しい意味」や「本質的な美しさやすばらしさ」を伝達するモノとしてとらえるのではなく、その演奏を取り巻く環境、演奏が実現するプロセス、演奏される文脈等も含めてコトとして考える(クリストファー・スモールは musicing という概念でそれを提唱している)…この本の基幹を形成しているこの音楽観の転換は、数年前に初めて中村美亜さんから聞いた。そのとき、「なるほど!」と納得したことを覚えている。

というのも、僕は、20代の頃から、巷にあふれる「演奏会」についてずっと不思議に思ってことがあって、この話を聞いて、ようやくその疑問が解けたと感じたからだ。

その疑問とは、学校の部活や市民サークル等のアマチュアの演奏会を聴きに行く意味ってなんだろう?ということだった。僕も高校時代は、合唱部の定期演奏会に歌う側として参加していたし、友人が演者として舞台に上がるのを楽しみに観に(聴きに)行った。東京の生活の中で、ゲイの合唱団や吹奏楽団、LGBTの管弦楽団の演奏会などに足を運ぶのは本当に楽しみだった。

しかし、音楽そのものを楽しむとして考えるなら、結局はプロの演奏を聴きに行ったほうがいいわけだよね…、とふと思うことがあった。ゲイやLGBTの楽団は総じてレベルが高いが、巷の趣味グループの中には、そうでもないグループもある。それでも、人々は聴きに行く。もちろん「付き合い」上行かないと、とか、知り合いのがんばっている姿を見たい、とか様々な動機や気持ちがあるからだがもあるが、その聴衆の個別の感情に還元するだけでは、何かをとらえそこねている、と感じていたのだ。

それが、音楽を、musicingとして、演奏がおこなわれる(あるいは生起すると言ってもいいのかもしれない)場やプロセス、文脈そのものに広げて考えると、腑に落ちるものとなった。


▼語りなおし

そして、その演奏そのものが、正しい意味や美を伝えるものではなく、語りなおしとして共有されるその様子が、「プレリュード」やHIV/AIDSの啓発イベント「Living Togher ラウンジ」を例に示されている。

合唱団が演奏するものは、がっちりとした合唱曲が多いが、ポップスが演奏されるときには、アンジェラ・アキの「手紙」や、いきものがかりの「YELL」、和田アキ子の「あの鐘を鳴らすのはあなた」という曲が選ばれている。それらの曲がこのプレリュードという場で演奏されることの意味を(ほかの演奏も含めつつだが)、「青春のやり直し」「語りなおし」という言葉で中村さんは表現している。

その意味が、僕には心に沁みるようにわかる。個々人の経験にはもちろん違いはあるし、そしてそれぞれの経験をどう意識するかもバラバラではあるけれど、LGBTは、「青春時代」に疎外を経験しがちであることは確かだと思う。一見うまくやり過ごしたり、溶け込んでいるように見えても…。

そのことをそこにいる皆の意識にのぼらせずとも、語りなおしとして、それを通したケアとして、この場の音楽は生成しているのだろう。


▼学問分野の枠を超えて

この本では、音楽観をめぐる近年のアカデミックな分野での転換についての紹介と、それに対する彼女の取り込みと批判を踏まえて、 musicing の現場の記述を簒奪的にならない形で(と僕は感じた)記述し、さらに、音楽の持つフェティシズム的仕組みの分析等、さらなる理論的な展開をはかっている。

それは軽々と学問分野を超えたものであり、その筆致は、そうすることの楽しさを歌っているかのようである(もちろん、書いた本人は苦しんで書き記したものと思うが)。久しぶりに研究の楽しさを思い出させてくれるような本だった。こういう本に巡りあうと、また研究をしたい、自分の書いたものを世に出したい(出さねば)とふと思ったりする。





中村美亜さんのこちらの本も素晴らしいです。




[PR]

by hideki_sunagawa | 2013-09-30 16:33 | Books
2013年 09月 27日

Two Lectures on LGBT Activism in the U.S.

昨日の日本語を英語に直したものです(ちょっと違うところもありますが)。
I translated what I wrote yesterday into English, though there might be many mistakes...

---

In Naha city, Okinawa, earlier this month, there were two lectures on
LGBT activism in the U.S.

One was small one I coordinated and held in GRADi, the community
space & school I'm running. The title was "Recent trend of LGBT
Activism in the U.S," which Tomonori Sugimoto presented.

I taught him in a class when he was an undergraduate student in
University of Tokyo. And now he is a Ph.D. course student in Stanford
University, majoring in cultural anthropology.

Another one was held by the Consulate General of the United States
Okinawa, being cosponsored by Pink Dot Okinawa and nominal
supported by Naha city. It was "LGBT Rights are Human Rights:
Ensuring Equality for All Citizens Under the Obama Administration"
by Brian Moulton, Legal Director of Human Rights Campaign.

Though both are on almost same theme, the perspectives are very
different.  All the more, those were inspiring for us, members of
Pink Dot Okinawa who has started LGBT& Allies movement in Okinawa.


▼"Recent trend of LGBT Activism in the U.S"

Sugimoto pointed out that LGBT activism in 2000s shifted from
HIV/AIDS issues, and became mainstream. And now there is friction
between "mainstream organizations" and those which tackles other
issues like race, class and poverty. In addition to that, some people
object to making "marriage equality" the first agenda item or oppose
to being included in the army. There is also a gap between academic
theory and activism.

In such a state, a book "Terrorist Assemblages" by Jabir Puar impacted
LGBT activism, he said. She wrote about what happened in the process
of LGBT being included and adjusted in the nation system of the U.S.,
indicating a problem of LGBT supports for the Iraq war.

In the last of his presentation, Sugimoto said that marriage equality
should not be the goal of LGBT movements and there were many
problems left in LGBT circumstances.


▼"LGBT Rights are Human Rights"

a0137527_20313536.jpgHuman Rights Campaign (HRC) is one of the
"mainstream organizations" as it's the biggest LGBT
rights organization in the U.S., having 2 million
members (!).

Brian Moulton, Legal
Director of HRC, was
dispatched by the
Department of State
to give lectures about
LGBT rights in Japan. He were to visit in 5 prefectures, and Okinawa
was second in this tour.

As the movie of the lecture is uploaded in the YouTube page of the
Consulate General of the United States Okinawa, I don't write
the summary here, but some thoughts on it.



What I was impressed the most was the elaborateness of their strategy. How to involve various sectors, how to make use of celebrities and how to choose words for campaigns....

I thought they didn't waver on their missions, even if they were
criticized by other LGBT groups like that Sugimoto explained.
They have clear and firm missions.


▼What I thought after these lectures...

We, members of Pink Dot Okinawa, discuss the relationship between
doing activism and becoming mainstream. Though each of us had a
different standpoint, we came to conclusion like that...

To change societies and resolve problems, becoming mainstream is
essential. However, in order to do so, we need to in some extent to
adjust to the establishment, which often decay the activism and lose
its meanings. The balance is very difficult and crucial. We must be
always carefully strategic and reflexive. It's not so only in LGBT
activism, but in every minority movement.

And I think that oppressions in a society are complex and work in
various forms, which are full of inconsistency. It means that
movements/activism also should have various forms, which may
direct to different goals or have disparate ways of activism.

What is important for us is to admit that we cannot avoid such
imcompatiblility among us and to think it's an outcome of
responding to mixed and non-coherent societies. We should not
shoot arrows to eagerly among LGBT movements/activism,
though we always need discussion.

There are much bigger targets we should.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2013-09-27 20:31 | LGBT/gender
2013年 09月 26日

二つのLGBTに関する講演

もうだいぶ経ってしまったが、今月の上旬、二つのLGBTに関する講演会があった。

一つは、GRADiで9月4日にこじんまりと開催した、杉本智紀さん(スタンフォード大学博士課程:人類学専攻)の「近年の米国におけるLGBTアクティビズムの動向」。

もう一つは、9月10日、主催:在沖米国総領事館、共催:ピンクドット沖縄、後援:那覇市で開催した「HRC(ヒューマン・ライツ・キャンペーン)」の法務部長ブライアン・モールトンさんの「すべての市民を平等に~アメリカの社会変革活動とLGBTの権利向上~」だ。

たまたま約1週間のずれだ開催されたこの二つの講演会だったが、両方聴いたものとしては、不思議なほど良い組み合わせのものとなった。


▼「近年の米国におけるLGBTアクティビズムの動向」

杉本さんは、僕が東大でチラッと教えていた頃に授業を受けてくれていた教え子(「教え子」というほど教えてないのだけれど…)。カルフォルニア大学サンディエゴ校で人類学専攻で修士をとり、博士課程からスタンフォード大学に行くことにしたようだ。今回、沖縄に来るということだったので、講演をお願いしたのだった。

さて、彼の話をかいつまむと…まず、2000年代以降の米国のLGBTアクティビズムは、80年代以降長らく大きなテーマだったHIV/AIDSからシフトした(薬の開発が進んだので)、そして<良くも悪くも>運動がメインストリーム化したという。

そして、メインストリーム系の団体と、階級や人種の問題を合わせて考えようとする団体の間に対立があったり、同性婚を最大のテーマとすることや軍隊に対する評価について意見が分かれていたり、また、アカデミックな理論とアクティブズムが断絶しがちだったりするという状況があると。

そんな中、Jabir Puarさんというラドガース大学教授が書いたTerrorist Assemblages(2008)という本は大きなインパクトがあったとか。彼女は、LGBTが国家のシステムに組み込まれていく過程でどういうことが起こっているのか?を検証し、批判しているようだ。LGBT運動がイラク戦争を指示したり…。

そして、話の最後に、杉本さんは、同性婚をテーマとした運動が大きな成果をあげつつあるが、それが最終目標なのか?という問題についても語ってくれた。


▼「すべての市民を平等に~アメリカの社会変革活動とLGBTの権利向上~」

a0137527_22273556.jpgそして、先の話の「メインストリーム系」のトップがHRC。

なんと、会員数は200万人!(一人100円ずつ出しただけで2億円集まる!w)

全米最大のLGBT権利運動団体だ。

先に、このブログで書いた、米国の人気俳優Wentworth Millerさんも、会員であることをカミングアウトの手紙の署名のところに書き記している。

この講演会の動画を、在沖米国総領事館がアップしてくれているので、時間のあるときにご覧いただけましたら(ちなみにですが、この逐次通訳の人がすばらしく上手で、皆が、「この人からこの話を聞いているかのよう」と言っていました…なので、とても聞きやすいです)。

ブランアン・モールトン氏(HRC)講演会「全ての市民を平等に」

彼の話を聞いて思ったのは、わかってはいたけれど、やはり米国のこのような団体の戦略性の高さたるや!キャンペーンの言葉を吟味し、イメージを考え、あらゆるセクターと協働していくその徹底ぶり。戦略自体は様々検討しても、ミッションは明確でぶれない。それこそ、先の杉本さんの話にあったような、他の問題(特に他のマイノリティ性とからむ問題)との交差する点からLGBTの問題を見ようとする人たちからは大きな批判があるだろう。しかし、おそらくHRCは、その批判は始めから折り込み済みで、割り切って、到達目標に向かっているのだ。


▼二つの講演の後で

杉本さんの講演の後の座談会の中でも、モールトンさんの講演の後の交流会の後でも(交流会はGRADiで関係者でおこないました)、ピンクドットに関わった者たちで共通して確認したことは(それぞれ、どこに向かいたい気持ちが大きいかはさておき)、次のようなことだったような気がする。

メインストリーム化しなければ社会的な課題は解決しないし、かといってメインストリーム/エスタブリッシュメント(確立された体制的なもの)のあり方にそのまま全て取り込んでは、あるいは取り込まれては意味の無い部分もある。そのさじ加減がとても難しい。入り込んでいくなら、その危うさを自覚しながら。

これは、もちろんLGBTの問題だけではない。あらゆる社会運動が経験してきたこと。いずれにせよ、僕は、社会自体が複雑な多様な力と形でマイノリティを抑圧するのだから、マイノリティ側にも多様な運動が生まれるのは当然だと思っている。


▼最後に手前味噌的な一言…

この二つの講演会はとても素晴らしいものだったし、それをめぐってのピンクドット沖縄メンバーとの会話はとても充実したものだった。そして、モールトンさんの講演会は、主催の在沖米国総領事館の方はもちろん、県庁の方や那覇観光協会の方も尽力してくださり、また、沖縄観光コンベンションビューローさんも会議室を貸してくださるなど、いろいろな立場の方々が関わって実現されたものだった。

今年開催したピンクドット沖縄も含め、沖縄という地域で、面白い素晴らしい仲間たちととてもレベルの高い充実した活動ができていると思う。地域を動かしながら、世界ともつながっていく、そういう活動を創り出していけたらいいなぁ、と振り返りつつ思う。


★杉本さんが紹介してくださった本




★社会運動論についての本


[PR]

by hideki_sunagawa | 2013-09-26 21:56 | LGBT/gender