One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 31日

感謝

いろいろな困難と出会いながらも、無事に歳を重ね、年を越えられそう。ありがたい。沖縄に戻って来て二回目の年越し。相変わらずピンとこない部分があるけれど、どこに居ても、その時々を慈しむことが大事なのだろうと思っています。

時々、不安、不満、不信などの否定的な感情の渦から沸き起こる苛立ちや怒りの波にさらわれそうになるけれど、そういうときには、必ず誰かが応援してくれる気持ちを伝えてくれて、なんとかそんな波を乗り越えて来られた。

たくさんの問題を抱えたまま年越しをするけれど、今は、とにもかくにも感謝しつつ…。来年は、この一年数ヶ月沖縄でやってきたことを土台に、いくつか新しいチャレンジをする予定。息切れしないようにやっていきます。このブログも来年は、また少し多めに更新していくつもり。

ということで、来年もよろしくお願いします。良いお年を。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2012-12-31 14:24 | Diary
2012年 12月 29日

誕生日

昨日、12月28日は誕生日でした。46歳…。ふと、「23歳の倍か。23歳から23年経ったってことだよね、とすると、同じだけ経ったら次は、69歳じゃん!」と思い、驚愕。まぁ、それまで生きていたら感謝という感じだけれど…いずれにせよ、人生は短いってことだ。

なのに、いつまで経っても、不安定な生活で、明日の生活も知れないような日々。ま、自分で選択してきたことなのだけれど。そんな僕にとっての財産は、常に友人たちだった(もちろん、パートナーも!)。今もそう。いつも支えられている。

しかし、そんな一番の財産である友人たちが一番多くいる東京を離れてしまったのだよな、と最近思う。もちろん、沖縄にも、大切な、応援してくれる友人たちはいるし、少しずつそういう人も増えているけれど、21年の東京生活で築いたつながりから物理的に離れてしまったことって、どうだったんだろうって。

東京での生活に疲弊していたことも確かで、僕が沖縄に戻って来たのは、ある意味で「生き延びるため」だったので(ある人に言われた言葉で、そうだよなと自分でも納得)、後悔とかそういうものとは違う思いだけれど、友人たちやパートナーに失礼だったな、と申し訳ない思いが去来する。

東京で疲れた友人たちを沖縄で迎えられるように、ということが、沖縄に帰って来るときの目標の一つだったけれど、まだ十分に実現していない。来年(&46歳の歳)こそは。来年から、東京でとても親しかった友人も沖縄に越して来て、活動やら仕事を手伝ってくれることだし!

ということで、まだまだチャレンジは続く、のでした。この一年は、いい年(歳)になりそうな気がしています。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2012-12-29 01:35 | Diary
2012年 12月 09日

あれこれ

先月末の怒濤のイベントウィークで力つきておりました。講演会、残念ながら集客は多くはなかったけれど、朝倉景樹さんのお話も、辛淑玉さんのお話もすばらしかった。来られた方々も皆、口々に良かったと。

お二人をお招きするのが、沖縄に帰ってからの一つの目標だったので、それが実現できて感動でした。この内容は、一連の「『男女共同参画』を意識したコミュニティ活性化」事業のまとめに入れられるといいなぁ、と思っています。

これからも、多様性が大切にされる社会の領域を広げて行くために、いろいろな活動や講演をやっていきたいと思っています。賛同いただける方は、ぜひご支援、ご協力をお願いします。
http://gradi.jp


さて、衆議院選挙が近づいています。これまでも選挙に向けて暗い気持ちになることはよくあったけれど、これほど恐ろしい気持ちで選挙を迎えるのは初めてです。

全体主義(全体の統制のために個々人の権利を制限すること)を掲げ、社会保障を削減し軍国化を主張する政党が支持を集めているのです。なんて状態なのでしょうか。多くの人は、その主張自体は簡単に実現できないし、大丈夫と思っているようです。

たぶん、政権をとってがらりとは変わらないでしょう。でも、必ず少しずつ染み込むように社会に変化があらわれるはず。少しずつなので、その時々は気づかない形で。


仮に憲法が変わらなくても、そういう方向性を持っている政党が政権をとることで、あちこちで、社会統制を強めたいと思っている人たちは、その力を発揮し始めます。石原慎太郎が都知事だったとき、彼自身がわかりやすく命令しなくても、その意図をくみとってその意向にそった方向で動く人たちがいたわけです。中学高校での性教育ができなくなり、HIV/AIDSの啓発も縮小されました。

この先、どういう社会になるかと思うと暗澹たる思いになります…。


選挙に向けて政党に対しておこなった様々なアンケートの結果も報告されています。複数の調査が混同されて語られているようですが、ジェンダーやセクシュアリティ等に関して、わかりやすい調査結果が出ているのは、上野千鶴子さんらがおこなったもの。詳細はこちら。
http://p-wan.jp/site/

各党の回答の様子は、このpdfにあります。
http://gifu.kenmin.net/akenminh/kou-2/seitou/12fpa11.pdf
[PR]

by hideki_sunagawa | 2012-12-09 12:58 | Diary