One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 23日

24年ぶりに沖縄で迎えた慰霊の日

24年ぶりに沖縄で慰霊の日を迎えた。

高校時代には毎年参加していた「二中健児の塔」での追悼式に行こうかとも思ったが、よく考えたら、そういう式に参加するのにふさわしそうな服もない…。しかも今朝から痛風発作が起こり、足の痛みで移動がきつかったので、近くの街中で過ごすことにした。

また、僕にとって最も印象深い慰霊の日は、街中でサイレンが鳴り、そこで立ち止まり黙祷する、そんなあり方だったから、ということもある。その雰囲気をまた感じたいと思ったのだ。

「近くで何かやっていないかな?」という思いもあったので、小さな催し物がよく開催されている「パレットくもじ」前へ行ってみた。しかし、何もやっていない…。学生運動の活動家たちが菅首相の退任要求の演説をし、ビラを配っているだけだ。

心無しか、いつもの休日よりも人が少なく静かな印象だった。多くの人が家で過ごしたり、追悼式へ行ったりしているのだろうか。


正午が近づき、サイレンを待った。「海は少し遠いけど、汽笛も聞こえるかな?」と考えたりしながら…。しかし、何の音も聞こえてこない…。正午を少し過ぎたことに気づき、すこしあせって(別に正午にこだわることはないのだろうが)、僕は頭を垂れて黙祷した。

ショックだった。あのサイレンや汽笛やそんな音を象徴の一つとして、沖縄の人々は、戦争の記憶を共有して来たと僕は思っている。追悼式や慰霊の塔の前だけでなく、街中でも頭を垂れること、それこそ、この地のどこででも人々が亡くなって行ったことを想起させる行為だと僕は感じていた。

そして、遠く離れた過去のこととして、ではなく、今私たちの問題として呼び起こす行為でもある。

その後、Twitter上で、今もサイレンが鳴る地域があることを知った(鳴る地域の方が多いかもしれない)。もう、那覇のど真ん中では、それはいらないということなのだろうか。


今日、摩文仁が丘の平和祈念公園では、「沖縄全戦没者追悼式」がおこなわれた。各慰霊の塔の前でも慰霊祭/追悼式があったことだろう。しかし僕は、街中でも、慰霊の日を考える集いや催しを、もっとおこなうべきだと思う。あるいは、それぞれに小さな集まりを持つというのもいいだろう。友達で集まって語るという機会でもいい気がする。

今は、「来年の今日、まだ沖縄での生活を踏ん張れていたら、どういう風に過ごそうか」と考えている。どこかで小さな集まりでも持ちたい。


それにしても…パレット前で、菅首相を批判し、辺野古での基地建設を批判する演説をしていた人たちは、黙祷を呼び掛けるどころか、正午の前後も演説を止めることはなかった。なんだか、不思議な気がした(「今日は慰霊の日です」と言っていたので、この日を慰霊の日と定めることに批判的な立場でもないようだったのだが)。
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-06-23 20:07 | Okinawa
2011年 06月 20日

沖縄ネイティビズムへの違和感

「沖縄好き」とネイティビズム

21年東京で暮らしても、沖縄に帰って来ようと思うくらいなのだから、僕も「沖縄好き」であることは間違いないだろう(もちろん、いろんな面があり、さまざまな人が暮らす「沖縄」をひとくくりにしていいのか?という疑問を持ちつつも…)。

しかし、そんな「沖縄好き」な僕ながら、最近の沖縄の(および沖縄出身の)「知識人」の間で、「沖縄ネイティビズム」のような愛郷心と政治意識が強くなっていることに、少し違和感を感じている。「nativism」というのは、その地に新しく来るものへの反発心を中心としつつ、その地の「伝統」や「文化」を強化していこうとする、心性や思想と言えるだろう。

僕自身、「本土資本」が多く入り利益が吸い上げられる形になること、基地が押し付けられていること、力関係が生じる観光の中で<一部>傲慢に見える振る舞いをする観光客がいること、等には反発を感じるし、多くの「うちなーんちゅ」がそう感じていることだろう…。

また、「こんな、どこの地方都市にもある街づくりしちゃって」とか、「沖縄の郷土芸能や、昔からある遺跡、建物へもっと目を向けてもいいんじゃないか」とも思う。つまり、「うちなー文化」への関心も高い(詳しくはないが…)。


「うちなーんちゅ」?「うちなー文化」?

けれど…まさに、誰を「うちなーんちゅ」と呼び、何を「うちなー文化」と考えるかというところで、僕は「ネイティビズム」(と勝手に呼んですみません)に疑問を感じているのだ。

「うちなーんちゅ」を、沖縄に何代も(?)住んでいる者に限定する考え方はもちろん、生まれ育ったことを条件にする考え方にもなじめない。いや、「うちなーんちゅ」の定義はそれでもいいとしても、その「うちなーんちゅ」と、沖縄に居住する「沖縄以外の出身者」との間に、一義的に線引きする心性や思想に疑問を感じずにいられない。

その地に住み、根ざしている人を、「血筋」的なものや、生まれで分けることって何なのだろう?


東京(など)で教育受けたものは?

でも、そう言いつつも、「そこに生まれずーっと生活し続けた人が、そのようなこだわりを見せるのは、まだわからなくもない」とも思う。僕が違和感を感じるのは、それこそ、東京などの沖縄の外で高等教育を受け、戻って来た人が、そのようなこだわりを見せ、線引きをしようとすることなのだ。

僕などは21年東京に住んでいたから、冗談まじりにしか「うちなーんちゅ、です」とは言えない(まぁ、滅多に「うちなーんちゅ」とも言わないのだけれど…言うならば「(宮古系の)なーふぁんちゅ」か…)。「うちなーんちゅ」と自称して、政治的なポジションを確保することは、とてもおこがましい気がしてできない。

東京のカルチャーの中で教育を受け、知識と経験を積み重ねた自分は、そうではない人と「同じ」とは思えない。僕ほど長く住んでいなくても、特に知識の吸収の多い学生時代に過ごした人は、そうだと思う。

それは、方言を使えるか否か、しゃべり方がどうかということではないと思う(自分が「ないちゃーむにー」する人間だからそう思うのかもしれない)。確かに言葉は非常に大きな要素だが、その言葉の土台にあるコミュニケーションの取り方の違い(議論への態度やその方法、異議の唱え方)が、もっと大きな違いを生むと僕は感じている。


構築/再構築されるものとしての「文化」

そして、「文化」自体が常に混淆し、人々の交流の中で構築/再構築され、意識され、変容して行くという視点なしに、「文化とは、その地の中だけで存在し受け継がれてきたものである」と見る見方も、自分が学び共感してきた文化観と大きく異なる。

常に、「外」からの来訪者との関係の中で、「文化」と意識されるものは形成されるし、変容もする。むしろ、「外」からの来訪者やその視線への意識の中で、「自らの文化」という意識は強化されていく。

そして、どの範囲でくくっても、その中には多様性があり多層性があることへも指摘しておく必要があるだろう。「うちなー文化」とくくっても、本島と宮古、石垣とではだいぶ違う(というか、宮古や石垣の人の中には、「みやこんちゅ」「いしがきんちゅ」という意識を持っている人も少なくない)。また、本島の中でも地域差は大きい。

ただ、ここで誤解のないように言っておきたいのは、「文化」という語りをマイノリティが大きな力への抵抗の術として使うことを否定しているのではない。その「文化」を構成する者を限定的に位置づけたり、他者がその「文化」を語るときに、そこにつねに一方的な力関係が発生していると固定的にとらえたり、そう言って相手を封じようとすることに疑問を感じるのだ。


同じ「当事者」か?

しかし実は、このことに関して、僕の中で整理つかない問題点が一つある。

それは、その土地にずっと住み続け、その土地を離れることが想像的にも実際的にも難しい人と、そこに新しく来ていつでも出て行けるような人、あるいは、その地の出身だけど他での生活の経験もあるがゆえに、比較的出ていくことが難しくない人、は、その土地において同じ「当事者」か? ということだ。

また、ある土地に新しく移り住んで来た人が、その土地のありようを急激に大きく変化させる力を持つことがある。そのことにもともと住んで来た人が反発を感じる…その気持ちはわかるのだ。

このことと、上で書いてきた違和感をどう合わせるのかが、今の僕の課題だ。でも、一つ言えることは、他の土地で長らく住み、そこで高い教育を受けた者は、単純には、その土地から出ることなく生活し続けて来たものと単純に同一視できないということだ。

いや、教育というのは、常により大きな集団における共通知識、共通言語、共通コミュニケーション作法を修得する仕組みになっている以上、高次教育であればあるほど、その場所に関係なく、それを受けた人とそうではない人の間に差異を作り出しているかもしれない(もちろん、それはどちらかが優越しているという話では決してない。)。

そのような差異を無視して、出身だけで<単純に>「同じです」というポジションをとるのは奇妙なことではないか。そう思うのだ。

特に他の地域に身を置き、その空気とともに教育を受けてきた者は、マージナル(境界的)な存在としてのポジションを引き受けて、その地で起こる、「文化」をめぐる問題に向き合って行くべきなのではないか…そんな気がしている。
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-06-20 11:20 | Okinawa
2011年 06月 08日

米国で起きた県人殺害事件について

☆この事件の被害者である比嘉忍さんのご遺族を支援するサイトがあることを知りました。米国で放送されたニュースの映像もあります。
「Remember Shinobu Higa〜比嘉忍さんを忘れない〜」http://higashinobu.blogspot.com/

===

沖縄に引っ越してしばらくして、友人から耳にしていた米国で起きたDV殺人(と思われる)事件の話…。その友人が、亡くなった方のお母さんと顔見知りだったということで、一層身近な問題として感じます。(*DV=ドメスティックバイオレンス…配偶者や恋人などからの暴力)

事件自体が震災直後に起きたため、小さな記事にとどまり、あまり世の中にも知られていなかったようですが、先日、詳細とその後の動きが二日にわたって記事になっていました。多くの人に知ってもらいたいと思い、打ち込みました。

彼女は結婚を機に渡米したとのこと。夢を持って米国に渡ったのだろうに…と思うと胸が裂かれそうです。被害者に「自分が変わらなきゃいけない」と思わせるというのは、まさにDVの典型。

DVは自分が我慢したり、何かを変えようとしても解決されない。その関係から逃れるのが一番(と言っても、それも簡単にできるものではないので、専門家の手助けが必要なことが多い)ということをもっと伝えていかなくちゃと思う。

===

<沖縄タイムス2011年6月4日>

暴力支配 娘に何が
米県人殺害1ヶ月

 米国オハイオ州で殺害された名護市出身の比嘉忍さん=享年(36)=の遺骨が家族の元に戻り、一ヶ月が過ぎた。夫のピーター・プリモー被告(27)が殺人罪で起訴されているが、無罪を主張。結婚から一年もたたぬうちに帰らぬ人となり、遺族は「なぜ死に至ったのか、真実が知りたい」と苦悩する。一方で「死を無駄にしたくない」と前を向く。「多くの人に忍のことを知ってもらい、被害者を一人でも減らしたい」。沖縄タイムスの取材にこう語った。(嘉数よしの)

けんか絶えぬ様子 母心配
「自分が変わらなきゃ」口に

 比嘉さんは3月11日(日本時間)、地元の病院に担ぎ込まれた。内蔵が破裂し、重体だったという。医師は、体中にあざがあるのを確認。日常的に暴力を受けている可能性があると、警察に通報した。

 妹の新垣優子さん(33)といとこの山城智史さん(33)が19日、オハイオ州へ向かった。同被告が遺体の引き渡しを拒否したため、民事訴訟を起こし、4月25日にようやく引き取りがかなった。二人は「ただ顔を見て沖縄に連れて帰りたかっただけなのに、なかなかそれがかなわず、がくぜんとした」。だが、同州の県人会が支え続け、勇気づけられたという。「家族のように一緒に考え、動いてくれた。本当に感謝している」

 母親の初子さん(61)は、月に2、3回電話で比嘉さんとやりとりしていた。けんかが絶えなかった様子が心配していたが、電話口ではいつも「大丈夫、心配要らない」と答えていた。明るい性格で友人も多かったが、夫に気を遣い、周囲との関係も断つようにもなり、「自分が変わらなきゃいけない」と自身や家族に言い聞かせていた。

 「何があったのか、どんな暮らしをしていたのかが知りたい」。初子さんは、法廷で真相を明らかにしてほしいと切望している。
 刑事裁判の日程は未定だが、遺族は渡米し、比嘉さんの無念を晴らしたい、と考えている。


<沖縄タイムス2011年6月5日>

裁判へ支援呼び掛け
米県人妻殺害 遺族、経過報告

 米国オハイオ州で名護市出身の比嘉忍さん=享年(36)=が殺害され、殺人罪などで夫のピーター=プリモー被告(27)が起訴された事件で、遺族らが4日、名護市宇茂佐公民館で、事件の経過や今後の取り組みについて報告し、支援を呼び掛けた。妹の新垣優子さん(33)は集まった区民ら約30人に「家族の願いは公正な裁判が行われ、二度と悲しむ家族を出さないこと」と説明。真相を知るため渡米し、刑事裁判を傍聴する。

 比嘉さんは3月17日(日本時間)、暴力が原因で死去した。搬送先の病院は、日常的に暴力を受けている可能性があるとしているが、同被告は無罪を主張しているという。

 出身地の名護市宇茂佐では支援する会が発足し、募金活動を展開。3日までに渡米や民事訴訟などに必要な最低限の費用約290万円が集まった。新垣さんは「沖縄やアメリカで支援してくださった方々に心から感謝する。判決が出るまで見守って」と礼を述べた。

 裁判の進捗によっては、米国滞在期間が延びたり、遺品を引き取るための訴訟を起こしたりする可能性もあることから、支援する会は今後も活動を続ける方針。引き続き、協力を呼び掛けている。
 問い合わせは事務局(宇茂佐公民館)、電話0988(52)0422
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-06-08 08:19 | LGBT/gender