<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 17日

力づけられた再会

アクティビストの大先輩

南定四郎(みなみ・ていしろう)さん。日本で初めての性的マイノリティのパレード「東京レズビアン・ゲイ・パレード」を1994年に実現した人だ。彼が編集長を務めていたゲイ雑誌『ADON』は、1980年代の後半からゲイリブに関する情報を積極的に掲載するようになり、現在の40代以上のゲイで影響を受けた人はとても多い。

実は、現在の「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」ももとはと言えば、彼が始めたもの。ILGA日本というリベレーションの団体をつくり、「AIDS ACTION」という団体も率いていた。日本のゲイリブの歴史で忘れてはならない一人であることは間違いない。

その彼が昨年から沖縄に住んでいるということは聞いていたので、自分が引っ越す前から連絡をとっていた。そして、今日お茶をすることに。


共有する歴史

南さんとお会いしたのは1990年のこと。ILGA日本の中で、「虹工房」という勉強会があり、それに参加したときだった。そこで読んだ文章について書いた感想文が、ILGA日本の機関誌「Wing」に掲載されたりもした。

その後、僕はHIVと人権・情報センターに(そして1994年からぷれいす東京に)関わるようになったので、彼と同じ組織で活動することはなかったが、当然ながら色々な場面で顔を合わせたりすることは多く、年齢はかなり離れているにも関わらず、1990年代の活動の歴史を共有しているという感覚が強い。


パレード

彼は、1994年に日本で初めての性的マイノリティのパレードを実現し、1996年まで大規模な形で開催。しかし三回目に、運営側とそのやり方に反発するグループとの間で、当日もめ事が起き、その後、事実上消失したような形になる(「ような」というのは、実際にはその後も、周知される形ではなかったが、数十人規模で毎年おこなっていたからだ)。

そして、僕が2000年に東京レズビアン&ゲイパレード(現在の東京プライドパレード)を始めるのだが、僕は彼のパレードには全く関わっていなかったし、パレードの開催方法について教えてもらったことがあるわけでもないので(「パレードをやります」という挨拶の電話はしたが…)、直接何かを引き継いでだわけではない。

しかしもちろん、彼があのパレードを開催していたからこそ、パレードのイメージが抱け、そして「東京でまたパレードを!」という声が聞こえてきたわけで、やはり彼のパレードと僕が始めたパレードはつながっているのだ。


Empowered

南さんとお会いするのは何年ぶりだったろう?もしかしたら十数年ぶりだったかもしれない。しかし、不思議とその空白をあまり感じなかった。80歳手前の年齢ながら(という言い方は失礼かもしれないが)、変わらずお元気で、エネルギッシュで、そのお姿を拝見しているだけで力づけられた。

そして、いろいろ話す中で、彼が『ADON』の編集長を始めたのが43歳のときだったと知り、驚くとともに更に勇気が湧いてきた。それは、ちょうど今の僕と同じくらいの年齢だからだ(そして、彼がゲイリブを始めたのは、なんと50歳の半ばに差しかかる頃)。

そんな経歴を持つ彼だからこそ、僕に「まだまだ若いから大丈夫」と言ってくれた。なんて力強いお言葉。僕も数十年後に若い人に同じことが言えるようにがんばろう。
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-05-17 22:19 | LGBT/gender
2011年 05月 16日

引っ越して一ヶ月

ピンと来ないながらも…

沖縄に引っ越してちょうど一ヶ月。

ピンと来ないのは相変わらずだが、ゴールデンウィークにまるまる1週間滞在した相方が帰るときに(前夜や見送ったあと帰宅してから)号泣してしまったりして、東京との距離を実感することもちらほら。

そして今日、引っ越し後初めての仕事(とは言っても、四回の講義のうちの一回だけど…)。学生の雰囲気は、東京で教えていたときと特に変わるものではなかったので、こちらはこれまで自分がやってきたことが引き続いているという感覚。それでも、沖縄での生活が本格的に始動してきたなぁと感じている。


「なんぎだったはずねー」

先週、地元のレズビアンの友人と話していて、結局自分(僕)は東京にいても沖縄にいても完全には「ここが自分の居場所」と実感できることはないのかもしれない…という話になった(ちょっと表現は違うけど)。

でも、彼女と、本土に移る前の自分の話をする中で、「砂川さん、とっても『なんぎ(難儀)』したでしょ?」と言われたときに、その言葉が自分にすっと染み込み、とても理解されたと感じて、やっぱり二十歳までほとんど沖縄にいて馴染んだものが、自分の土台を形成しているんだなと実感した。

それは単に、その単語やアクセント、イントネーションに慣れ親しんでいるからというだけではなく、その背後に、当時の沖縄にありがちだった「労働者階級」の家庭の雰囲気やジェンダー観を共有しているという実感があることが重要だ(なので、同じ沖縄でも、「上流階級」に育った人とは共有はできないだろう)。

彼女の「なんぎしたでしょ?」「なんぎだったはずよー」という言葉は、そんないろんなものを共有しているだということを感じさせるものだった。しかし、共有しているということは、同じであるということではない。そこを誤解しないことが、人とつながっていくときに重要なことなのだろうと思っている。


「どっちつかずな感じ」

彼女とそんな話をした翌々日だったか、今度はゲイの友人と、また似たような話をする機会があった。そのときは、小学生のときに「本土」から引っ越して来た彼が、「ウチナーンチュでもない、ヤマトンチュでもない、どっちつかずな感じ」という感覚を持っているということを語ってくれた。詳しくは語らなかったが、沖縄に越して来て長い間つらい思いをしたようだ。

米国留学の中で解決された部分もだいぶありつつも、今もどこか他者感は拭えないようなところがあるらしい。

僕自身は、やはり二十歳まで過ごしたこともあり、沖縄に(正確に言うと那覇に、なんだろうけど)深い愛着もあり、馴染んでいる感もある(だから帰ってきたのだが)。先ほど書いたように、土台はここで形づけられたんだな、と実感する。けれど、やはり本土生活24年(うち東京生活21年)はやはり大きい。そういう意味で、彼の「どっちつかずな感じ」もわかる気がする。


狭間にいるということ

正直、自分はどこで何をやっていくべきなのか(それ以前に、どうすれば生活が成り立つのかという大問題もあり)、迷い悩んでいる面があるせいで、その狭間にいるということが苦しくなることもある。しかし、人文・社会系の学問に関わる身であり、またいろんなアクティビズムにかかわる僕にとって、そのような経験や感覚は大事なんだろうな、とも思う。

でも、やっぱり、まずは生活か…
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-05-16 16:21 | Okinawa
2011年 05月 12日

ウガンダの反同性愛法の現状と世界の状況

<ウガンダ反同性愛法の現状>

国際社会の反発を受けて、起草者が「死刑は削除する」ことを示唆していたことから、死刑の条項はなくなるのではないかと推測されていたが、修正案は提出されておらず、そのまま残る可能性が高いと指摘されている。

また、審議も中止されたのではないかという報道もあったが、結局は、引き続き予定されており、総じて、当初の予定通り進んでいる模様(法律の翻訳を、11日付でアップしてあります<冒頭に書いた、この法律の背景についての説明も重要です!)。

☆追記☆ 
5月13日(金)、時間切れで今国会では審議されなかったというニュースが流れた→記事。ひとまずは、ほっ。


しかし、起草者はまた出すつもりと言っており、さらにいうならば、下に書いているように、ウガンダも含め違法となっている国はたくさんあるのだ。


<違法とする国や地域の数>

実は、同性間での性行為が違法となっている国や地域は81あり、5カ国は死刑にできる法律を持っている。今回のウガンダが大きな問題になっているのは、今新たに死刑にできる法律をつくろうとしていること(もともと違法ということになってはいます)、包括的であること(間接的に関与したと目された人、「未遂」の人も罰せられる)ということによる。


<権利を認める国や地域の数>

逆に、同性間のパートナーシップを認める国や地域は62あり、差別を禁止する国や地域は118。先の違法か、権利を認めているかの二分という気がします。ただ、アジアではどちらもないという国や地域がたくさんある(イスラム教の影響の強い地域では違法となっているところも)。


<これからも関心を持ち続けるということ>

アフリカで活動している知人は、「ウガンダでは、この法律が通らなくても、厳しい状況は変わらない。これから息の長い支援が必要」と言う。まさに。こんなに苛酷な状況下においても、活動している当事者がいることに胸を打たれる。今回のことをきっけに、日本でも、海外の状況に関心を持つ人が増えたようだ。これからも、関心を持ち続ける人がたくさんいるといいなと思う。

世界の状況について関心のある方は、ILGA(International Lesbian and Gay Association)のサイトをチェックしてみてください。http://ilga.org/

a0137527_9204379.jpg

[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-05-12 09:17 | LGBT/gender
2011年 05月 11日

ウガンダの反同性愛法に関して

ウガンダ共和国で現在通りそうになっている、反同性愛法へ反対する署名の呼びかけが活発になっていることから、同法律の本文部分をざっと日本語に訳してみました(一部略しています)。誤字脱字、誤訳の部分もあるかと思います。

また、原文はこのページにあったものを使いましたが、その後変更になる可能性も高いです(国際社会の反発から、「死刑」はなくなりそうとのこと→英語記事)。

なお、ウガンダでこのような激しい反同性愛の法律が出てくる土台として、イギリスが支配している時代に同性愛を違法とする法律がつくられたこと(なので、この法律が通らなくても同性愛は違法となっています)、しかし(もともとイギリス由来にもかかわらず)、近年では、反同性愛が「アフリカの伝統」と意味付けられ、西洋的価値観の押しつけへのアンチの象徴として使われること、(さらに、ある意味それとも矛盾しつつ)、米国のキリスト教右派が反同性愛を焚き付けていること、が指摘されています。

そして、政府が、国民の政治不信/不満をそらすために、そのような背景で根付いているホモフォビア(同性愛嫌悪)を利用しようとしているということも、アフリカの事情に詳しいNGOの方から聞きました。

この法律案は2009年に最初に提出されましたが、ヨーロッパや米国の政府が圧力をかけたことにより止まっていました。しかし、ここに来て、改めて別の理由により国民の不満が高まっていることから、この法律を利用しようとしていると言われています。

なお、homosexualityを「同性<愛>」と訳すのが本当に適切なのか、という議論もありますが、ここでは定着している訳をつかったほうがいいだろうと考え、「同性愛」としました。


☆☆☆アフリカを中心としたNGO活動に従事している知人は、「この法律が通らなかったとしても、とても厳しい状況にあることは変わらない。息の長い支援が必要」と語っています。


======
反同性愛法(THE ANTI HOMOSEXULITY ACT, 2009)

日本語訳:砂川秀樹

同性の人物間のあらゆる形の性的関係を禁止する法律:また、そのような関係を推進したり、認めたり、関連あることを提供することを禁止する。

1.説明
(翻訳者により略…語句の説明)


2.同性愛罪(the offence of homosexuality)

(1)以下の行為をおこなった場合、その人物は、同性愛罪を犯したことになる

(a) 彼が、同性の他者の肛門か口に、自身のペニスや他の性的器具を挿入する
(b) 彼あるいは彼女が、同性の性器に物や性的器具を挿入したり、それで性的刺激を与えたりする
(c) 彼あるいは彼女が、同性愛行為(the act of homosexuality)を行うことを意図して、他の人に触れる

(2) これらの違法行為を犯したものは、終身刑の判決の対象となる


3.加重同性愛罪(aggravated homosexuality)

(1) 以下の状況においては、その人物は、加重同性愛罪を犯したことになる

(a) その違法行為がおこなわれた相手が18歳未満
(b) 違法行為者が、HIV陽性者(a person living with HIV)
(c) 違法行為者が、その違法行為がおこなわれた相手の親や保護者
(d) 違法行為者が、その行為がおこなわれた相手に対して権威者
(e) 違法行為の被害者が障がいを持っている者
(f) 違法行為者がそれを繰り返しおこなっているもの:あるいは
(g) 男性や女性が、同性と違法な肉体的関係を持つことを可能にするために、その相手を支配する意図を持って、なんらかの薬物や材料、ものを使い、判断力を失わせた場合、それを提供した違法行為者

(2) この加重同性愛罪をおかした者は、死刑の判決の対象となる

(3) この罪に問われたものは、HIVの感染の有無を確認するために医療の検査を受けさせられる


4.同性愛未遂

(1) 同性愛罪の未遂者は重罪として、7年の禁固刑の対象となる
(2) 加重同性愛罪の未遂者は、終身刑の対象となる


5. 同性愛の被害者の保護、支援、補償

(1) 同性愛の被害者は、同性愛に巻き込まれたからといって、罰せられるべきではない

(2) 同性愛の被害者は、その犯罪の進行の段階に応じて、自身の見解や懸念が表明され、考慮されるよう支援を受けられる

(3) この法律の2、3にある同性愛罪、加重同性愛罪によって有罪が決定した場合、裁判所は、違法行為者に対して、量刑に加えて、その違法行為によって被害者にもたらされたどのような身体的、性的、心理的害に対しても補償することを命じることができる

(4) 補償額は裁判所によって決定される。裁判所はその違法行為の被害者が受けた被害に程度や、違法行為者の使用した強制力の度合い、被害者に生じた医療費等の支出などを考慮する。


6.プライバシーの保護(confidentiality)

(翻訳者により略…被害者のプライバシー保護が守られなければならないという条項)


7.同性愛の幇助

他のものが同性愛行為をおこなうさいに、手助けしたもの、教唆したもの、相談に応じたもの、斡旋したものは、7年の禁固刑の対象となる


8.同性愛の共謀

他の者と共謀し、虚偽の提示によって、あるいは他の騙しの手段で違法な肉欲的な知識を持たせるなどして、同性の者を誘導する共謀をしたものは、7年の禁固刑の対象となる。


9.脅迫などによる同性愛の斡旋

(略)

12.同性婚

同性と結婚しようとする者は、同性愛罪を犯すことになり、終身刑の対象となる。


13. 同性愛の促進

(1) 以下の者

(a) 同性愛を促進する目的のボルノグラフィー的なものを制作、斡旋、販売、放送、宣伝、印刷することに参加する
(b) 同性愛や他の関連した活動に資金提供したり、支援する
(c) 同性愛を目的として、あるいは促進のための家屋を提供したり、他の関連する不動産などを提供する
(d) インターネットや動画、携帯電話を同性愛や同性愛の推進の目的のために使用する
(e) 共犯者として、同性愛やそれと関連する活動を、教唆(きょうさ)する、促進しようとする

これらは違法行為となり、5000通貨の罰金または、5年から7年の禁固刑、あるいは、罰金と禁固刑の対象となる。

(2) これらの違法行為者が、会社組織や協会、NGOなどであった場合、認可は取り消され、責任者は7年の禁固刑の対象となる


14. 違法行為の通報の不履行

当局者で、この法律に違反していることに気づきながらも、最初に知ってから24時間以内に関連の当局に通報しなかった者は、違法となり、250通貨以下の罰金か3年以下の禁固刑の対象となる。


15. 裁判

加重同性愛罪は高等裁判所で審議され、この法律に反するその他の違法行為は、下位裁判所で審議される。


16. 領域外の裁判

以下の場合において、この法律はウガンダ国外にも適用される

(a) ウガンダ国民あるいは永住者が、その期間中に、ウガンダ国外でこの法律に反する行為をした場合、ウガンダ内でおこなわれた行為が、違法行為の一部となっている場合
(b) 違法行為の一部が国外において、一部がウガンダ内でおこなわれた場合


17. 引き渡し

この法律に違反した者は、既存の犯罪人引き渡し法に基づき、引き渡される


18. 整合しない国際的条約、議定書、宣言、因習の無効

(1) この法律に記されている精神や規定に反する規定を持つ国際的法は、無効であり、その非整合性の範囲は及ばない。

(2) 同性愛や性同一性障害やその他関連する事柄を合法化しようとするために使われる、「性的指向」「性的権利」「性的少数者」「性自認」の定義は、ウガンダでは使用されない。

19. 法規
この法律の規定の的確な運用のため、大臣は、制定法上の手段に乗っ取り、法規を定めることができる。
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-05-11 02:10 | LGBT/gender
2011年 05月 06日

がじゅまる

小さい頃からよく知りつつも、あまり気に留めていなかった崇元寺石門。昔は、門はずっと閉まっていたと思うのだが、約10年前、帰省した際にその辺を歩いていると開いているのに気づいた。ふらっと入って驚愕。こんな立派ながじゅまるの樹があったなんて…。a0137527_15392294.jpg

夕暮れ時だったせいもあるだろうが、近寄りがたい神々しい雰囲気に圧倒された記憶がある。その後も、帰省して時間のあるときは寄ったりしていた。

実は、新居はここから歩いて10分足らずのところ。引っ越してから、毎日のように寄っている。時々、観光客らしき人が一人二人、写真を撮っているが、あまり知られた場所ではないので、いつも静かだ。
a0137527_15403428.jpg
石門も独特の雰囲気がある。崇元寺は、1527年に創建されたと言われている。尚氏系統を祀る寺だったが、沖縄戦で消失してしまった。このがじゅまるは戦後のものかと思うが、まるでここを守っているかのよう。写真を撮るときは、「撮らせてください」と手を合わせてから撮る。そんな気持ちにさせるがじゅまるだ。

(上の写真は引っ越し後間もなく自分で撮ったもの。下の写真は、相方が撮ったもの。)
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-05-06 15:42 | Okinawa