<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 23日

原発に思う2

原発の問題がなかったら、社会全体の意識や資源をもっと被災者のサポートに集中できたのに…と思う。

どれくらいの時間をかけるか、どのようなプロセスを経るかは考えるところがたくさんあるとはいえ、もはや、脱原発は必然のように思える。

だが……なんと、東京新聞の意識調査では、「国内にある原発は今後、どうすべきだと思うか」という問いに対して、「運転しながら安全対策を強化していく」が56・2%と半数を超えたという。「いったん止め、対応を検討する」は25・2%、「やめて、別の発電方法をとる」は14・1%だった、とか。

まぁ、選択肢自体がかなりトリッキーな感じもするが、それでも、この期に及んでこういう結果なのだから、今のこの原発の問題も、多数の人の選択によってつくりあげられてきた社会の結果と言わざるを得ないだろう。


首都圏の人たちが主に使う電力のために地方に押し付けられた原子力発電所、という構図は、沖縄の基地問題に通じるものである。それゆえに、特に沖縄に住んでいる友人たちからは、その原発ゆえにあたふたする東京の人たちを冷ややかに見る声もちらほら聞こえてくる。

僕も、自分たちが押し付けてきたものについて考えるいい機会だと思っているし、慌てふためく人たちの姿に、正直「なんだかなぁ…」と思う。


しかし、それは、果たして首都圏や大都市の人たちだけの問題だろうか? 原子力発電所を過疎地域に押し付けることで、利益を得てきたのは大都市だけなのだろうか? 

もちろん、直接的にわかりやすい形ではそうかもしれない。だが、大都市は日本の地方の生産物の大消費地である。大都市でつくられる娯楽が、地方でも享受されている。都市から地方へ観光に行く人も多く、また、地方から都市へ遊びに来て都市性を楽しむ人もたくさんいる。

モノやサービスがどんどん拡大していくことや、夜から闇が消えて行くことを望む欲望が集積された結果としてあるのが、都市の過剰な消費なのであり、その欲望は都市に住む人たちだけが持っているわけではない。

いやもちろん、だから地方も「同罪」と言うわけではない。そう言うことによって、すべてを相対化するつもりもない。ただ、大量生産、大量消費、大量廃棄の社会の中にいる私たちを、住んでいる地域で単純に加害者/被害者のように分けることはできないということなのだ。

さらに、グローバルの視点から、日本そのものが自らの経済発展のために途上国に様々な犠牲を強いてきたことも指摘できるだろう。自分がそのような構造に反対していようといまいと、組み込まれているという事実は消せない。その中で、自分はどのような形でどれだけそのような構図に抵抗できるかということが重要だ。

それは、原発の問題や、途上国で日本がおこしている公害の問題、フェアトレードへの取り組みという形だけでなく、貧困の問題への関わりという形でもありえるだろう。もちろん、基地の問題も。あるいは、一見それらとは関係ない問題でも、根がつながっている問題は山ほどある。

僕は、どこにいても、自分の社会問題意識に基づいてできることをやっていく。やはり、どんなに揺らいでも、その立場に戻るしかないのだと実感している。
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-03-23 23:10 | Diary
2011年 03月 17日

原発に思う

原発を推進する政策を擁護する立場の言葉として繰り返し言われて来たこと、「大地震が来ても大丈夫です」。そして、大地震と津波が来て、「格納庫が壊れていないから大丈夫です」。格納庫が破損したら、「この放射線量なら大丈夫です」…。こうしてどんどん後退していく安全基準。

僕は、東京で受ける放射線を心配しているわけではない。主に東京で使う電力をつくるためにつくられた原発であり、その押しつけを見過ごしながら20年以上も暮らして来たのだから、離れた東京で受ける放射線量であたふたするなんて、と思う。

そこで作られる電力を使っていた人たちが平等に放射線を浴びるなら、「もういいよ…」とやけな言葉も口にするだろう。しかし、最も危険にさらされている人たちは、作業者であり、そしてまわりの住民なのだ。

放射線量がレントゲンよりレベルとか、温泉レベルとか、そんな論理がおかしいことは、ちょっと考えればわかること。なぜならば、レントゲンなんて一瞬だし、温泉だって一時的なものなのだから。でも、そうやって不安がるのは「素人」と言う人もいるだろう。

ならば、テレビで安全を訴え続ける人たちに、屋内退避エリアに行ってもらって、そこに滞在し、そこから解説をして欲しい。そうすれば、その発言に説得力が増すだろう。

僕自身は、原発に対して反対の立場に立ち、反対の立場をとっている政党にしか投票して来なかったが、積極的に反対運動に関わることがなかったことを考えると、同罪のような気もする。いや、素朴に「大丈夫だよー」と信じて容認してきた人より、「どう考えても無理があるんじゃ?危険では?」と思ってきたぶんだけ、行動してこなかったことへの責任は重いのかもしれない。
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-03-17 00:48 | Diary
2011年 03月 14日

腹をくくり淡々と

被災地の状況を知ると、そのつらさ、苦しさを思い胸が苦しくなる。そして、当然ながら、どんなに想像しても現実にはるか及ぶことないという事実に、押し潰されそうになる。寄付をするなど、ごく限られたことしかできないやるせなさ…。

しかし、ここで被害の少なかった地の者がうちひしがれていてはいけないことも確か。多くの人がツイッターでつぶやいているように、自分の気持ちをケアしつつも、やるべきことをやることが大事だ。

けれどまた、その一方で、電力不足などの問題を抱える今、可能な範囲で、働くことを含め、過剰に動いていた東京をペースダウンさせる時期でもある。

今は、ともかく、腹をくくり淡々と生活していく。

そう自分にいい聞かせると同時に、今、僕はある些細な心がけを実行しようと心に決めている。

誰かへ感謝の思いを伝えるときに、その方法を一段階(?)あげよう、と。すれ違う自転車や人に道をゆずってもらったなら、これまではお辞儀だけだったが、「ありがとう」と言おう。つぶやくように、「ありがとうございます」と言っていたものは、もっと大きな声ではっきり言おう…等。

また、親切な行為へも積極的になろう、とも思っている。道に迷っているらしき人をみたら声をかけるとか、そんな基本的なところから。実はシャイな僕は、なかなかそういう行為ができなかったりするんだけど…。

これから大変な生活が続いていくと、ギスギスしたり暗い気持ちになる人が増えるかもしれない。そんな雰囲気をちょっとでも変えたいという、小さな心がけ。まぁ、自己満足と言えば自己満足だが、自分がそれで少しでも明るい気持ちになるなら悪くないだろう。


そんなこんなことを言いつつ、僕は予定通り沖縄に引っ越しをするつもりで(当初の予定より遅くはなりそうだけど)準備を進めています。なんだか大変な状況にある仲間たちを見捨てるみたいな気分で心苦しいけど、今は、エネルギーを使う人が東京から少し減ったほうがいいかもしれない、と自分を納得させて。

でも、こんな状況で本当に引っ越しできるのだろうか、ちょっと心配。
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-03-14 23:48 | Diary
2011年 03月 05日

ゲイ雑誌

引っ越しを前に、ゲイ雑誌の整理をしている。以前に一度、大整理をした時にとってあったページを再度見返して、不必要な部分を捨てたり、まだまるまる雑誌として残っているものから切り取ったり…。1994-5年頃のものから結構な数ある。

もう捨てちゃえばいいじゃない?と思う人も多いだろうが、「ゲイコミュニティ」の研究をしてきたものにとって、ゲイ雑誌は、貴重な資料なのだ。状況が許せば、本当はまるまる保管しておきたいくらいだ。

1990年代の後半から2000年代にかけては、自分もいわゆるゲイシーンの中で色んな活動をやってきたので、雑誌に知っている顔を見つけることも多く、「この頃こういう感じだったんだ!?」と思ったりして、とても面白い(もちろん、今よりだいぶ若い頃の自分も)。また、自分がかかわったイベントや、参加したイベントの写真を見ると、当時を懐かしく思い出す。

特にパレードは、『バディ』さんや『G-men』さんに多大な支援をいただき、イベント前後に様々な形で紙面で取り上げてくれた。いくら感謝してもしきれない(もちろん、他のスポンサーの方や協力者の方々にも)。

1990年代後半から2000年代の前半にかけての「ゲイコミュニティ」の盛り上がりは、この両誌の影響が大きかったと思う。そして、ゲイ雑誌が、こうして結果として記録として残す役割を果たして来たことは、とても重要な気がする。今度は、これらの記録をどう歴史化していくかということが課題だ。

日本では、「ゲイコミュニティ」を歴史化する作業は十分におこなわれてこなかった。これから取り組まんでいかなくちゃなぁ……とゲイ雑誌の山を見ながら改めて思っている。
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-03-05 03:39 | LGBT/gender
2011年 03月 01日

引っ越しへ向けて

住む部屋を決めるため、数日那覇に滞在していました。部屋探しが難しいのは、東京でも経験しているけど、やはり、なかなか決められず、結局決断したのは出発日。まぁ、これから審査があり、正式契約なので、どうなるかまだわからないけど…。

最近、沖縄で賃貸物件を借りるときには、連帯保証人の他、家賃保証会社への加入も必要とされているらしい。後者は、もともとは連帯保証人の代わりのはずだが、沖縄では両方必要だとか(他の地域でもそうなりつつあるのかもしれないけど)。

で、後者が連帯保証人の審査をすることになっていて、「この保証人ではダメです」と言って来る。当然、後者にも契約時にお金を払う(家賃の8割)。何か変だ。どうも腑に落ちない。


色んな人が指摘していることではあるが、単身者や高齢者、貧困層が(それらは往々にして重複しているわけだが)増えている状態で、日本の住宅問題はますます大きな問題となっていくだろう。ちなみに、住宅問題に関してよく指摘されることだが、ヨーロッパでは、住宅は社会保障の基本と考えられるようになり、賃貸における公営住宅の占める割合が高いという(半数以上という国も少なくないようだ)。

生活保護も含めた社会保障費が増大する中、さらに社会保障を拡充するのは財政的に無理という考え方もあるだろうが、公営住宅を拡大したほうが長期的な視点では財政上もよさそうなのだが…。


そんなこんなことを考えた部屋探しだったが、個人的な話としては、不動産屋さんの印象がとても良く、それだけで、これまでの東京での部屋探しよりだいぶ気分は楽だった。

しかし、「本当に引っ越すんだなぁ」と思ったら、色んな思いが去来。特に、物件まわりで、かつてずっと住んでた近くを歩いたとき、懐かしさとともに、暗い感情も沸き起こってきた。その付近は、沖縄を離れた後も何度も訪れている場所だけど、沖縄に戻るという前提で身をおくと、複雑な心境になっていた。

故郷は、もちろんたくさんの楽しい思い出を重ねた地でもあるが、自分がゲイであることをめぐる葛藤や、DV家庭としての問題、家の経済的な困難さがあったことで、その地で、暗い思いをつねにくすぶらせていたのも事実。それも、沖縄を離れた一つの理由だろう。

そして、それらの問題もだいぶ解決したので(とはいえ、他の新しい問題も含め色々あるけれど…)、戻る気持ちになったのだが、場所というのは、そのときの気持ちを呼び覚ますんだなぁ、と思った。そう、記憶や感情というのは、自分の中で籠っているものではなくて、人や場所やいろんなものとの間の中で生起するものだ。

僕はこれから、東京で培った力と、両方の土地でできた新しい人間関係をもって、過去のネガティブな思い出を塗り替えて行くのだろう。本当に、新しいステージが始まるんだなぁ。
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-03-01 10:52 | Okinawa