One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 09日

Diary in Okinawa7

English version is following...

a0137527_21502755.jpg
今回の沖縄滞在日記のラスト。

食べたものシリーズの最後は、僕の好きな沖縄のお菓子「天妃前(てんぴぬめー)まんじゅう」。

僕の通った小学校の名前が天妃小学校というので、名前にも愛着が。

はったい粉でつくられたまんじゅう(と言っても餡は入っていない)が、さんにん(月桃)の葉に包まれている。さんにんの香りがとてもいい。

最初はデパートの地下で売っているのを買って食べたのだが、なは女性センターのスタッフの方から「ダメよー。平和通りで売っているのじゃなきゃ」と言われ、それ以来、機会がある度に平和通りで売っているものを買うようになった。

平和通りと桜坂が交差するあたりに、店舗を構えず、ガラスケースに入れてお菓子を売っている。昔は何人かの年配の女性が並んで売っていたけど、今は一人だけ。こういうスタイルで売る人がずっといて欲しいなぁ。

a0137527_21512596.jpg
そして、帰京。僕の心境を代弁するかのような空模様。

この二つの場所を行き来するときのしんどさはどう考えたらいいのだろう…? 

もし沖縄に拠点を置いて、東京にたまに来るとしたら、やっぱり沖縄に戻るときは同じようにしんどくなるのかな?

羽田空港に着き、すぐに家に戻る気分ではなかったので、空港でグラスワインを傾けた。東京生活に戻るための気持ちの準備。
a0137527_21521245.jpg


I love this "Tenpi-nu-me manjuu"
which is one of traditional "manjuu" in Okinawa
(manjyuu is one type of Japanese confectionary).

It's made of barly and wrapped with "Sannin"
(leaves of a kind of gingers)
which have a scent all its own.

A woman sells the manjuu
in Heiwa street, not in store,
but on the street with these in a glass case.

When I was a high school student,
I used to passed through this street after school.
At that time, some elderly women
was selling traditional confectionary in that style.
However only one women does now.
I hope this style will remain.


It was rainy today like my state of mind.
When I go back to Tokyo, I always feel sad and confused.
I don't know what it will be
if I move to Okinawa and visit Tokyo from Okinawa.

Arriving at Haneda airport,
I drunk a glass of wine to calm myself and
get ready to come back my Tokyo life.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2010-03-09 23:59 | Okinawa
2010年 03月 08日

Diary in Okinawa6

English version is following...

a0137527_2222695.jpg最近は沖縄に来る度に食べる大東そば。

店名もそのまま「大東そば」。

国際通りから近いこともあって、観光客も結構来ているみたい。

酢と醤油に漬けられた刺身(つまり「漬け」)が乗っている大東寿司もおいしい(好き嫌い分かれそうだけど)。

この滞在中も、よく沖縄そばを食べたなぁ…。すっかり僕も「そばじょーぐー」?(「そばじょーぐー」とはそば好き人のことを言うらしい)。


a0137527_223118.jpg
昼食後は友人とおしゃべり。

彼女は3月23日から28日まで個展を開く予定。

実は、彼女の作品は、まだこの案内ハガキでしか見ていないけれど、曼荼羅と紅型を融合させたような模様と個性的な色使いが素敵だなぁ、と思う。

見に来れたら良かったんだけど。

今晩が、この沖縄滞在最後の夜。
しんみり。




I had Daito-soba and daito-zushi(sushi) for lunch.
Daito is one of islands of Okinawa Prefecture.
People in some islands name soba
which they make and eat locally
after the names of their islands
(ex. Miyako-soba, Yaeyama-soba).

They make daito-zushi with sashimi gotten
into vinegar and soy source for hours.
It's a little different from sushi in Tokyo.

After lunch, I talked with a fiend of mine.
She is now paintings pictures for
her first one person exhibition
which will be held from 23rd.
Her works give me a image of
a fusion of mandala and Bingata
(Okinawan dyed cloth).
I wish I could come to see her exhibition.


Well, tonight will be the last night of
this staying...
[PR]

by hideki_sunagawa | 2010-03-08 23:59 | Okinawa
2010年 03月 07日

Diary in Okinawa5

English version is following...

a0137527_1233998.jpg沖縄県立博物館に寄ったら、本音楽著作権協会主催の「日本の音フェスティバル2010in沖縄」というのをやっていた。

ちょうど、奄美の島唄の若き担い手である、前山真吾さんが唄っていて、その澄んだ、美しい繊細な歌声に心奪われた。沖縄の島唄とはまた違う魅力。

彼は、唄い終わった後もずっと会場にいたので、いくらでも話すチャンスはあったのだけれど、シャイな僕は結局声をかけられず。

a0137527_1253898.jpg「日本の音」というタイトルだが、朝鮮の民族芸能パンソリなどもやっていた。迫力のある語りに圧倒された。


ランチは、またまた「いしぐふー」で。今日は、卵焼きがのっている「いしぐふーそば」を食べた。

同店のサイトによると、昔は、沖縄そばには卵焼きがのっていたとか。ついでに(?)餃子も頼んでしまいました。
a0137527_1284835.jpg















Entering into the Okinawa Prefectural Museum,
I noticed that many people were gathering and
listening a young handsome man singing.

It was one of a music play in "Japan Sound Festival 2010
in Okinawa" that JASRAC(*1) promoted.

The man was Shingo Mayama,
a famous singer of Shimauta
(traditional songs in southern islands of Japan)
in Amami-oshima

Shimauta in Amami is a little different from
that in Okinawa (Amami belongs to Kagoshima
Prefecture though the culture is much closer to Okinawa).

I was fascinated with his beautiful feathery(?) voices.
As he was staying there after his play,
I had chance to say "I was moved !",
but I was too shy to do so...

Outside the building, Korean traditional folk song,
Pan Sori, was being played
(though it's not "Japanese Sound").
It was lyrical, powerful and heart grabbing.
The singer said "I play a digest version because
the complete version of this song takes 6 hours" !

For Lunch, I had Okinawa-soba again in "Ishigufu".
I wish I could have this soba whenever I want to!


*1 Japanese Society for Rights of Authors,
Composers and Publishers
[PR]

by hideki_sunagawa | 2010-03-07 23:59 | Okinawa
2010年 03月 06日

Diary in Okinawa4

English version is following...

a0137527_184547.jpg沖縄に新しくできたゲイ/バイセクシュアル男性向けのコミュニティセンターのオープニングに行ってきた。

男性同性間でのHIV感染拡大が深刻なことから、啓発の拠点として開設されたもの。

現在、全国にこのようなセンターが6施設あるが(近々7つになる予定)、たぶん、ここが一番広いんじゃないかな。ゆっくりできるカフェスペースと、会議スペースとがある。

このようなセンターができることで、啓発活動をしやすくなるし、「コミュニティ」の発達につながり、HIV/AIDSの問題に取り組んで行く土台ができていく。しかし、センターのオープンは始まり。これからが大変なんだろうなと思う。

僕もできる限り応援していくつもり。

I attended at the opening party for "mabui",
a Community Center for Gay/Bisexual men,
which is opened to inform them with HIV/AIDS.

It's bigger than any other community centers
in other prefectures
(there are 6 centers like this in Japan now)
and sophisticated furnitures are impressive.
I felt very comfortable there.

Opening of such centers are not a goal,
but a start.
Effective programs to prevent HIV infections
are needed.
I'd like to support them as much as I can.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2010-03-06 23:59 | Okinawa
2010年 03月 05日

Diary in Okinawa3

English version is following...

a0137527_15224897.jpg「そばcafe いしぐふー」という沖縄そば屋の新都心公園内店で昼食。

「手打ちそば定食」を食べる。おいしかった。

ソーキは、そばに乗っている形ではなく、別でからしやわさびをつけて食べる。そういう食べ方をするのは初めてだったが、とてもおいしかった。

入院している母親の見舞いのため病院へ。近くの駅から見える風景をぼんやりと見つめていると、なんだかリラックスしているような、空っぽになってしまうような、不思議な感覚を覚える。
a0137527_15245711.jpg


I had a Okinawa Soba (Okinawan noodle) in "Ishi-GuFuu"
for lunch. Very delicious.
Usually, in Okinawa Sobas with Spareribs,
cooked Spareribs are on Soba.
But here, Spareribs are served on another dish
and we are suggested to eat them separately
with wasabi or japanese mustard.

Afternoon, I went to see my mother in a hospital.
After that, being on the platform of a station near hospital,
I stared the views.
I felt relaxed, but at the same time,
something like vacant feelings in myself.
It was strange feelings.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2010-03-05 23:59 | Okinawa
2010年 03月 04日

Diary in Okinawa2

English version is following...

a0137527_1585161.jpgなは女性センターでの講座の日。

講座の前にモスバーガーに入って、フライドポテトを頼んだら、店員さんがケチャップを模様にして出してくれました。

なは女性センターの講座では、沖縄でも、保守派のキリスト教のグループが、同性愛や性同一性障害を否定的に語る教育を展開している、ということを教えてくれる人がいた。学校で、そのような人を呼んで話をしてもらうところもあるらしい。

なは女性センターの講座が終わり、栄町の居酒屋へ。「んっ」という居酒屋で美味しいものを食べた後、なは女性センターのムードメーカーM子さんが、お知り合いがやっているという「バンピーラベル工房」というところへ連れて行ってくださった。
a0137527_1592336.jpg
ここは、泡盛のオリジナルラベルをつくっている店なのですが、夜は、ちょっとした居酒屋になっているようです。かまぼこと餃子をいただきましたが、むちゃくちゃおいしかった。

店主と店員は、ゲイ向けしそうないい男でした。

栄町ではオリジナルCDをつくったりしているそう。面白い町です。


Today I gave a lecture at Naha Women's Center.
I talked about how MtF-transgender people and gay men are confused
in TV.

Before the lecture, I had a fried-potato in a hamburger shop.
A clerk draw something (bear?) with ketchup .

In my lecture, a priest informed me of that
a very conservative christian group is giving lectures
in which they say "gay/lesbian people or GID people
should be cured".

I heard that a women of the group was invited
in a public school and gave a lecture.

After the lecture,
M-san, a cheerful staff of Naha women's Center
brought me and other staff to a "Banpi-Label Koubou"
in Sakae-machi,
where we had very delicious Kamaboko and Gyoza.
And all the more (for gay men)
the storekeeper and clerks are very attractive guys : )

Sakae-machi is a small old area in which tiny shops gathers.
There shop keepers are making original CDs.
It's a very interesting and attractive area for me.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2010-03-04 23:59 | Okinawa
2010年 03月 03日

Diary in Okinawa1

a0137527_14365370.jpg沖縄到着の日の夜、友人宅でのひなまつりにお呼ばれしました。

ちらし寿司やからあげなど手作りで準備いただきました。
とってーもおいしかった! 
そして、集った友人たちとの会話は、やっぱりとても楽しかった。

I arrived at Okinawa.
Tonight, I was invited to Hinamaturi (the festival for girls on March 3rd)
party in a friend couple home.
Some friends gathered.

I enjoyed eating Chirashi-sushi, Karaage and so on...
And chat with friends amused me very much.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2010-03-03 18:00 | Okinawa
2010年 03月 01日

講演します

毎年、なは女性センターで講演させていただいているのですが、今年もあります。

===
▼セクシュアリティ講座
「セクシュアルマイノリティへの『理解』と『誤解』と」


3月4日(木)午後7時~8時半
なは女性センター(県の女性センター「てぃるる」とお間違えなく!)

「おねぇキャラ」や「おねぇ系」という言葉はすっかりおなじみのものとなり、そう呼ばれる人の存在はマスメディアに定着したようだ。
 そんな状況から、ゲイなど性的マイノリティへの「理解」や「受容」が広がったと言う人もいる。しかし、果たして本当にそうだろうか?

 そのような言葉でくくられることに違和感を感じたり、そのようなタレントのあり方を嫌ったりする当事者も少なくない。なぜなら、その表現の中では、セクシュアルマイノリティにとって重要な差異として意識されている多様性が無視されているからだ。 

 このギャップには、単純に「無知」や「誤解」という言葉では片づけられない、異性愛社会の「ジェンダー」観が関係している。よって、性的マイノリティへの思いこみを振り返ることは、異性愛社会のジェンダー観を照らし出すことになる。
 今回の講座では、性的マイノリティについての基本的な話から、異性愛社会のジェンダー問題を問います。

===

3月は、ほかにもいろいろと、すばらしい講師を迎えた講演が予定されているようです。

堤さんは、昨年ベストセラーになった『ルポ貧困大国』(岩波新書)の著者。北村さんは、僕の尊敬する友人で、『「ホームレス」襲撃事件と子どもたち』(太郎次郎社エディタス)などの著書があります。

▼「性差を超えて未来をつくる ~今こそ女性の出番~」(講師:堤未果さん)
3月11日(木)午後2時~午後4時 @パレット市民劇場

▼「いじめの連鎖を断つために〜思春期の心の揺れに寄り添う〜」(講師:北村年子さん)
3月15日(月)午後7時~午後9時@なは女性センター


[PR]

by hideki_sunagawa | 2010-03-01 22:46 | LGBT/gender