<   2009年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 31日

レインボー祭り

昨日は、レインボー祭りでした。

僕は、実は最近、研究がらみでエイサーグループの練習風景を見学させてもらったりと、くっついてまわっているので、昨日も基本的にご一緒していました。

エイサーが始まる頃から雨が激しくなり、大変なことに。僕は、地謡さんの三線がぬれないように傘係を。僕もびっしょりでしたが、当然、踊り手は皆、「水もしたたるいい男」状態に。でも、本当にかっこよかったです。

さすがに打ち上げに参加するのは気が引けるので、打ち上げには行きませんでしたが、代表がくれた団のTシャツを着て、ちょっぴり仲間気分を味あわせていただきました。


で、最近の不調話・・・

夜中とか朝方とかには激痛で大変なことがしばしば。でも、落ち着いているときは全然平気、と言う不思議な状態です。今週中に、2年前に手術をしてもらったときの主治医の視察を受けに行こうと思っています。たぶん、手術前と同じように慢性化するんじゃないかなぁ…。ということでなんだか気分は超ブルー。更に、あるミスで、ど凹み。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-31 14:55 | LGBT/gender
2009年 08月 28日

しょんぼり

ここ数日、完全に、手術以前のような腸の状態に(涙)。出なかったり、下痢したり、熱が出たり…。

もともと弱い腸ながら、激しい腸炎をおこして大変な日々に突入したのは、ちょうど5年前の今頃。2004年8月の日記や、9月の日記を読み返すと、まぁ、今はそのときほど大変じゃないかとは思えるけど、でも、やっぱり調子が悪くなると、体力だけじゃなく気力も落ちてくる。

今日は、楽しみにしていたLGBT音楽祭が下北沢であったのだけれど、結局行けずじまい。明日のシューレの映画際は行けるといいなぁ。

いつもお腹の調子を気にしながら外出をしたり、すぐにお腹がいたくなって苦しんだりしていた頃を思い出す。何度も病院に通って、何度も痛い検査をして。診断が二転三転したのも、きつかった。

また、あんな日々に戻るのかもしれないと思うとしょんぼり。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-28 19:21 | Diary
2009年 08月 27日

久々の激腹痛

昨日は朝からお腹が痛く、夜には一層つらくなって、発熱まで…。二年前に腸の手術をして以来、こんなにひどい症状は初めて。

「腹膜炎おこしたかな…」と不安に思いつつも、手術前にはよくあった痛みと似ていたので、とりあえず朝まで様子をみることに。案の定、朝には熱も痛みも収まりました。ほっ。

心配症の僕は、「もしかしたら死ぬかも…」と思って、パートナーに遺書を書いたりしていたけど(笑)、とりあえず無事でした。でも、近いうちに内視鏡入れて検査してもらおうかなと考えています。

これをきっかけに、「手術をしてお腹の調子がよくなってから、あまり自分の体を大事にしてなかったなぁ」といたく反省。やっぱり、いたわらなくちゃ。

でもなぜか、夜中にふと、「もうこのまま逝ってもいいかな」と思ってしまったりもした。先月の日記に、「まだまだ長生きしたい」みたいなことを書いたばっかりなんだけど…。

そんなこと考えるなんてダメだねぇ。僕は、身近な人が何人も若くして亡くなる中、「その人たちの存在を自分の中に抱えて生きることで、その人たちも生きている。だから、その人たちのためにもできるだけ生きていく」と自分に言い聞かせてきたんだけど。

ここしばらく元気だったつもりだけど、どこかに疲れをためてたかな。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-27 21:21 | Diary
2009年 08月 26日

Tokyo Pride Festival インタビュー記事

レズビアンカルチャーサイト、Tokyo Wrestlingが、5月23日のTokyo Pride Festivalのインタビュー記事を掲載してくれました。すばらしい。本当は、主催者側でもこれくらいのレポートが必要なんだろうけど・・・

来場してくださった福島みずほさん、「ハートをつなごう」に出演の上川あやさん、杉山文野さん、前田健さん、ソニンさん、石田衣良さんのインタビュー映像があります。豪華!

http://www.tokyowrestling.com/articles/2009/07/tokyo_gaypride09.html
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-26 10:27 | LGBT/gender
2009年 08月 24日

Gay Men being killed in Iraq

イラクで、ゲイが次々と拷問され、殺害されているという。既に90人以上が殺害され、それ以上に多くのゲイが行方不明になっていると言われている。国際人権団体「Human Rights Watch」が、危機感を持って、イラク政府と国際社会に介入を訴えている。

生き残った人の証言から、武装集団がゲイと思われる人物を誘拐し、他のゲイの名前を言わせた上で殺害していることが明らかになっている。殺害された人の遺体は、体にひどい言葉が書かれてゴミ箱に捨てられいるという痛ましい状況だ。

サダム・フセイン政権下では、比較的黙認されていたものが、近年、宗教指導者がゲイを非難していることから、このような事件が多発していると言われている。同性間の性行為は同国では違法ではないが、警察も加担していると見られている。


----Anti-gay attacks on rise in Iraq---

Story from BBC NEWS: 17 Aug 2009
http://news.bbc.co.uk/go/pr/fr/-/1/hi/world/middle_east/8204853.stm

----------------------------------
(summary)

Gay Iraqi men are being murdered in what appears
to be a brutal coordinated campaign involving militia forces,
the group Human Rights Watch says.

It says hundreds of gay men have been targeted
and killed in Iraq since 2004.
So-called honour killings also account for deaths
where families punish their own kin in order to avoid public shame.

The report says members of the Mehdi Army militia group is
spearheading the campaign, but police are also accused
even though homosexuality is legal.

Witnesses say vigilante groups break into homes and
pick people up in the street, interrogating them
to extract the names of other potential victims,
before murdering them.

HRW says it was told Iraqi security forces had sometimes
"colluded and joined in the killing".

Nearly 90 gay men have been killed in Iraq
since the beginning of January,
many more are missing, Human Rights Watch says.

The report, called They want us exterminated:
Murder, Torture, Sexual Orientation and Gender in Iraq,
says horrifically mutilated bodies of gay men have been left
on rubbish tips.

Sometimes their bodies are daubed with offensive terms
such as "pervert", or "puppy" which is a hate word for gay men in Iraq.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-24 10:45 | LGBT/gender
2009年 08月 21日

無題

なんとなく、大地震の発生が心配になる今日この頃。非常用保存食を準備したほうがいいのかな、と思ったりするのだけれど、いつもそのことを考えるときに頭をよぎるのは、「もし、自分が保存食を持ち出せたとして、それを避難所でどうやって食べるのかなぁ・・・」ということ。

どれだけの人が保存食を準備していて、どれだけの人がそれを持ち出せるのかわからないけど、想像するに大部分の人は食べ物を持たずに避難所に来るのではないかと。そんな中、そばにいる人がお腹空かせているときに、自分だけ保存食を取り出して食べられるのだろうか…。

なんてことは、以前から気になっていたのだけれど、昨日、ときどき行く新宿西口にあるスタバに入って、気づいてしまった。今の自分って、まさにお腹をすかせている人を横目にしながら、飲み食いしてるんじゃん。

そこのスタバは広場に面している。そして、その広場には、はっきりそうだとは分からないけど、「野宿生活している人かな?」と思う人を時々みかける。昨日は、スタバの前になんとなく気になる人がいて、自分が、お腹すかせているかもしれない人を横目にしながら、飲み食いしてるんだなということを実感させられた。

仮に目の前にいなくても、自分たちが生活しているそばにお腹をすかせている人がいることを忘れてはいけない。自分にできることは少ないけど、せめて野宿者のサポート団体を支援するぐらいのことはしなくちゃ。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-21 15:17 | Diary
2009年 08月 20日

各党のジェンダー/セクシュアリティ意識

WAN(ウィメンズ・アクション・ネットワーク)が実施した政党アンケートへの各党の回答が興味深い。

自民党は、ジェンダーに関して、

「ジェンダー」という用語の使用禁止、「ジェンダー」に関する書籍の公立図書館からの排除といった動き自民党からの回答が届き(ジェンダー排除は正しいので支持する」

という回答に○がついている。相変わらず、すごすぎ・・・

「性的少数派」についての質問に関しては(「派」という言葉遣いはどうかと思うけど…)、

自民党と国民新党は、記述なし。公明党は、性的マイノリティ全般の人権や暮らしやすさに言及。民主党は、性同一障害の戸籍の性別変更の条件の緩和(いわゆる子なし用件)についてのみ詳しく言及。

社民党と共産党は、しっかり、性同一性障害だけでなく同性カップルの権利についても触れています。

詳細は、以下を参照ください。性的マイノリティについては、「女性の人権その他」のページに入っています。
http://wan.or.jp/modules/articles0/index.php?page=article&storyid=100
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-20 11:48 | LGBT/gender
2009年 08月 17日

LGBT Events

今月の後半はLGBTの関係のあるイベントが目白押しです。

~第2回シューレ大学国際映画祭~

LGBTイベントではないけれど、今回は、ゲイの青年の内面の葛藤を
テーマにした「Death of A Gay Teenager」(韓国)や、
トランスジェンダーのショートセルフドキュメンタリー「わけられて」(日本)
という、性的マイノリティをテーマにした作品も上映されます。

  開催日:8月28日(金)~30日(日)
  場所:シューレ大学特設シアター
    (大江戸線若松河田駅徒歩5分 東西線早稲田駅徒歩10分)
  参加費:1回 当日1200円/早割1000円

  *場所、開催時間と作品の詳細は、サイトで確認を
    http://shureuniv.org/filmfes/


~LGBT音楽祭と交流会~

<LGBT音楽祭>
  日時;8月28日(金) 18:00開場 19:00開演
  会場:北沢タウンホール
  主催:LGBT音楽祭実行委員会

<NPO/NGO交流会inLGBT音楽祭>
  日時:8月29日(土曜日)11:30開場 12:00開始
  会場:スカイサロン(北沢タウンホール12F)
  参加費:1500円(軽食・飲み物付)
  お申込み: webmaster@taigaweb.jp

  詳細は、http://www.lgbt.jp/index.html


~ドキュメンタリー「ハーヴェイ・ミルク」上映会~

その後、トーク「ミルクの時代から今へ~性的マイノリティへのまなざし」も
予定されている(麻鳥澄江さん:ジョジョ企画)。

  日時:8月29日(土)14:00~上映会(87分)/15:35~16:15トーク
  会場:世田谷区立男女共同参画センターらぷらす 研修室3・4
  参加費:無料 (要申込み)
  申し込み方法:電話・ファクシミリで
      FAXの場合氏名・住所・電話・ファクシミリ番号を明記
      保育希望の場合は「保育希望」「子どもの年齢」を明記
  申し込み・お問い合わせ先:
      世田谷区立男女共同参画センターらぷらす
      電話:03-5478-8021  FAX:03-5478

http://www.npo-showa.net/laplace/lecture.php#anc1791


~東京レインボー祭~
  日時:8月30日(日)16時~19時
  場所:新宿二丁目仲通り


Many LGBT-related-events will be taken place
around the end of this month.

''Shure University", an alternative school, will hold
the 2nd International Film Festival,
in which two LGBT-theme-films will be shown.
Open from 28 to 30 Augsut.
http://shureuniv.org/filmfes/

LGBT Music Festival will be on 28th.
In Shimokitazawa town hall.
Open at 18:00, Start at 19:00
http://www.lgbt.jp/index.html

On 29th an documentary film,
"The Times of Harvey Milk" to be played.
The film starts at 14:00
From 15:35 to 16:15 they will have a talk session.
http://www.npo-showa.net/laplace/lecture.php#anc1791

And one of the biggest gay event ''TOKYO Rainbow Festival''
will be on 30th in Shinjyuku-nichome.
From 16:00 to 19:00.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-17 18:13 | LGBT/gender
2009年 08月 15日

ホームシック?

ああ、終戦記念日か…と思って、先日沖縄の友人からもらったメールに返事をしていないことを思い出した。

彼女は、米軍のヘリがすごい低空飛行で旋回していて、落ち込んだと書いていた。返事を書いた後で、もらったメールを読み直して、「沖国大の墜落事故は過去じゃないなぁ」と書いていた彼女の言葉を、僕はなぜか、「戦争は過去じゃない」と読み違えていたことに気づいた。a0137527_016107.jpg

その誤読は、沖縄戦~米国支配~復帰~基地存続、という流れの中で、「戦争と現在は切断されているのではない」という思いが僕の中にあることと関係があるだろう。おそらく、戦争を経験していない世代でも、その感覚を共有できる人が沖縄には少なからずいると僕は感じている。

なぜか、そんなことをつらつらと考えるとき、自分の魂が沖縄に飛んで行くかのような感覚を覚えて、自分の魂と体が裂かれるかのようなせつなさを感じる。そして、むしょうに帰りたくなって、泣きたくなる。これはやはりホームシックなのかな?もはや、沖縄を離れてからの日々の方が長くなったのに。

東京も、僕にとってはとても大事で、好きな場所なんだけどな。

写真は、沖縄で海の見える喫茶店から携帯で写したもの。解像度の低さゆえに絵みたいで気に入ってます。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-15 23:53 | Okinawa
2009年 08月 13日

GID Symposium 2

3日に報告した「GID(性同一性障害)シンポジウム2009」の第二回目に行ってきました。今回は、メディアとのかかわりがテーマで、GID関係の専門家のほか、マスメディアで働いていらっしゃる方々がパネリストとして参加していました。

さすが、広告代理店の人がやっているだけあって、流れがスムーズでした。印象に残ったのは、実はメディアの側の人の発言ではなく、専門家の発言。まず、弁護士でGID学会理事長を務めていらっしゃる大島俊之さんが、「戸籍性別変更の法律の成立に取り組んでいるときに、他の社会問題についてコメントをしないようにしていた。人権という言葉も使わなかった。『左翼学者』と思われないように」とおっしゃっていたこと。

それは、もちろん、法律を成立させるためには、自民党の支持が必要だから。こういう立場を保持しなければ、社会制度を変えるのは難しいんだなぁ、と改めて思った。正直、僕には難しいとも。

あと、埼玉医科大学学長の山内俊雄さんが、「社会的な理解を広げるためには、(GIDに限らず)当事者のカミングアウトが必要」とおっしゃっていたことも心に残った。まぁ、よく言われることだし、当たり前と言えば当たり前なんだけど…。たぶん、自分が最近、「やっぱりゲイ/レズビアンが生きやすい社会にするためには、一人でも多くの人がカミングアウトしていくしかないよな」という思を強くしているので、その言葉が響いたんだろうな。

やっぱり、「できる人ができる範囲で(時にちょっとがんばって)カミングアウトを」、だなぁ。


I went to a GID Symposium,
which is the sequel to the one on 3rd August.
As the main theme was ''mass-media and GID" this time ,
four men working for TV or newspaper attended at
as symposists.

But I rather impressed by talks of experts.
Prof. Oshima told that he had tried not to be thought
as one of "the left wing" in order to get supports
from the government party.
So he'd never used the term ''human rights''
in negotiations with them.
It was his stragety to pass the GID law for changing
GID people's registered sex.
That stragety must be very important to change
established systems in Japan.

Another expert, Dr. Yamaguchi who is the president
of Saitama Medical Univ. mentioned coming-out.
He said ''Coming-out is needed to have people
understand sexual minorities''.
I agree with that.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-08-13 13:40 | LGBT/gender