One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Books( 3 )


2013年 09月 30日

『音楽をひらく』(中村美亜)

最近、本を読むことがめっきり減ってしまい、学術書はなかなか読み通しづらくなっている。しかし、中村美亜さんの『音楽をひらく』は、読み始めてからは一気に読み通せた(病院の待ち合い時間に読み始めたのだが、おかげで長い長い待ち時間が苦じゃなかった)。

いやぁ、ほんとすばらしい。中村美亜さんは、東京時代からの知り合いで、彼女が所属する研究会で発表するきっかけをいただいたりもした。この本の中で重要なケースとして登場して来るプレリュードは、2010年のもので、僕がまだその主催団体の東京プライドの代表を務めていたときのものだ。

実はそのときのプレリュードの司会を彼女にお願いしたのは、僕だったのだが、僕も主催者の一人として経験したこのときの内容がこうして本に記され、そしてアカデミックに分析されているのは、とてもうれしい。

僕は以前から、東京などで活発におこなわれているLGBT関係の活動はもっと記述され残されるべきだと思っていたのだけれど、この分析は、それを成し遂げているだけでなく、その事例を、音楽を読み替えていく大きな論理構成の中に位置づけているところが、研究として卓越したものだと思う。

(以下は、この本の内容紹介というより、僕になりに受け取ったを僕の言葉に直しつつ書いたものです。なので、彼女自身のニュアンスとだいぶ異なるところもあるかもしれません…)


▼ミュージッキング (musicing)

音楽を、それぞれの曲に内在する「正しい意味」や「本質的な美しさやすばらしさ」を伝達するモノとしてとらえるのではなく、その演奏を取り巻く環境、演奏が実現するプロセス、演奏される文脈等も含めてコトとして考える(クリストファー・スモールは musicing という概念でそれを提唱している)…この本の基幹を形成しているこの音楽観の転換は、数年前に初めて中村美亜さんから聞いた。そのとき、「なるほど!」と納得したことを覚えている。

というのも、僕は、20代の頃から、巷にあふれる「演奏会」についてずっと不思議に思ってことがあって、この話を聞いて、ようやくその疑問が解けたと感じたからだ。

その疑問とは、学校の部活や市民サークル等のアマチュアの演奏会を聴きに行く意味ってなんだろう?ということだった。僕も高校時代は、合唱部の定期演奏会に歌う側として参加していたし、友人が演者として舞台に上がるのを楽しみに観に(聴きに)行った。東京の生活の中で、ゲイの合唱団や吹奏楽団、LGBTの管弦楽団の演奏会などに足を運ぶのは本当に楽しみだった。

しかし、音楽そのものを楽しむとして考えるなら、結局はプロの演奏を聴きに行ったほうがいいわけだよね…、とふと思うことがあった。ゲイやLGBTの楽団は総じてレベルが高いが、巷の趣味グループの中には、そうでもないグループもある。それでも、人々は聴きに行く。もちろん「付き合い」上行かないと、とか、知り合いのがんばっている姿を見たい、とか様々な動機や気持ちがあるからだがもあるが、その聴衆の個別の感情に還元するだけでは、何かをとらえそこねている、と感じていたのだ。

それが、音楽を、musicingとして、演奏がおこなわれる(あるいは生起すると言ってもいいのかもしれない)場やプロセス、文脈そのものに広げて考えると、腑に落ちるものとなった。


▼語りなおし

そして、その演奏そのものが、正しい意味や美を伝えるものではなく、語りなおしとして共有されるその様子が、「プレリュード」やHIV/AIDSの啓発イベント「Living Togher ラウンジ」を例に示されている。

合唱団が演奏するものは、がっちりとした合唱曲が多いが、ポップスが演奏されるときには、アンジェラ・アキの「手紙」や、いきものがかりの「YELL」、和田アキ子の「あの鐘を鳴らすのはあなた」という曲が選ばれている。それらの曲がこのプレリュードという場で演奏されることの意味を(ほかの演奏も含めつつだが)、「青春のやり直し」「語りなおし」という言葉で中村さんは表現している。

その意味が、僕には心に沁みるようにわかる。個々人の経験にはもちろん違いはあるし、そしてそれぞれの経験をどう意識するかもバラバラではあるけれど、LGBTは、「青春時代」に疎外を経験しがちであることは確かだと思う。一見うまくやり過ごしたり、溶け込んでいるように見えても…。

そのことをそこにいる皆の意識にのぼらせずとも、語りなおしとして、それを通したケアとして、この場の音楽は生成しているのだろう。


▼学問分野の枠を超えて

この本では、音楽観をめぐる近年のアカデミックな分野での転換についての紹介と、それに対する彼女の取り込みと批判を踏まえて、 musicing の現場の記述を簒奪的にならない形で(と僕は感じた)記述し、さらに、音楽の持つフェティシズム的仕組みの分析等、さらなる理論的な展開をはかっている。

それは軽々と学問分野を超えたものであり、その筆致は、そうすることの楽しさを歌っているかのようである(もちろん、書いた本人は苦しんで書き記したものと思うが)。久しぶりに研究の楽しさを思い出させてくれるような本だった。こういう本に巡りあうと、また研究をしたい、自分の書いたものを世に出したい(出さねば)とふと思ったりする。





中村美亜さんのこちらの本も素晴らしいです。




[PR]

by hideki_sunagawa | 2013-09-30 16:33 | Books
2012年 10月 28日

『クリエイティブ都市論』

▼連続講座2修了

「『男女共同参画』を意識したコミュニティ活性化事業  連続講座2:ジェンダーとコミュニティの関係について考える」(主催:レインボーアライアンス沖縄 共催:なは女性センター)の三回目(最終回)が本日終了した。

一回目、二回目は定員(15名)を上回る参加があった。今日はワークショップにはちょうどいい10名の参加。ジェンダーやセクシュアリティについて、日々の生活の中で嫌だなと思うことを上げ、それを解決するために自分たちができることについて考えてみた。

このようなワークショップをやる度に、なかなか改めて話し合ったり、共有したりする機会のない問題を共有することって大事だなぁ、と思う。今回も参加者それぞれにエンパワーされたように見えた。

▼「ボヘミアン=ゲイ指数」

ワークショップの後に、リチャード・フロリダの『クリエイティブ都市論』について紹介。フロリダ氏は、統計分析を元に、都市と経済の関係についてとても興味深い結論を出したことで有名だ。誤解を恐れずにあえて単純化して言うと、「ボヘミアン=ゲイ指数」の高い都市(圏)はクリエイティブな人が集まり経済的に活性化するというもの。

「ボヘミアン=ゲイ指数」とは、芸術関連の人たちやゲイ/レズビアンの人たちの比率を言う。しかし、これはそういう人たちが集まっていることが直接的に経済的活性化に結びつくというより、その指数の高い都市は、新しい経験へ柔軟であり、そのような人たちへの寛容度の高く、それにより多様な人材をひきつけることでクリエイティブな産業が発達する、ということを意味している。

▼住む地域の重要性

実は、この本で強調されているのは、よく「グローバリゼーションにより世界がフラット化している」と言われるが、実際にはそうではない(一定の都市圏に人々やクリエイティブさなどが集積する傾向がある)ということ。そして、どこに住むかが人生に大きな影響を(特に経済的な面において)もたらすということだ。

ちなみに東京圏は、そのような最も集積度の高い地域の一つとして挙げられている。もちろん、幸福感は必ずしも経済的な面だけに左右されるものではないことは指摘されているが(そして、多くの人が、ある年齢になると故郷に戻ることを考えるとも)、自分を振り返りつつ、沖縄に戻ったことについて考えさせられたりもした。

▼GRADiの意味

しかし、これを読みながら、自分がGRADiという場所をつくって、やろうとしていることへの意味付けを改めて確認することもできた。今、僕は沖縄を舞台に、多様さがコミュニティに活力を与えて行くということを示すための実験的な実践をしてるんだなぁ、と。多様な人たちが交差し集まることをやってみて、そこから何が生まれるのか、どう地域に波及していくのか。

どの程度のことができるかわからないけど、いろいろ楽しみながらやっていこう。



[PR]

by hideki_sunagawa | 2012-10-28 23:49 | Books
2012年 09月 16日

『自分をえらんで生まれてきたよ』(いんやくりお)

理生(りお)さんは、現在11歳の男の子。「ちょっぴり個性的な心臓と肺」(<お母さんの表現)により、これまで入院は30回以上になるという。彼が3歳頃から語り始めた言葉を、お母さんが書き留め、それをまとめたものがこの本だ。

「神さま」が頻繁に登場し、自分がどうやって生まれたきたかということについても語る彼の話を、「スピリチュアル」なものや「宗教的」なものとしてとらえる人もいるだろう。終わりには、医師による「胎内記憶」についての解説が掲載されている。このような話は、人によって考え方が大きく分かれるので、ここでどうやって紹介しようかと、少し迷った。

というのも、特に僕のまわりには研究者が多いこともあり、「近代的・科学的知」からは異質なものと見られがちなものを好まない人も少なくないからだ(「胎内記憶」に関してはたぶん、それらの立場からも理解できそうな気がするけれど…)。

しかし、ここで語られている言葉は、それぞれの立場で色々な読み方、受け取り方ができると僕は感じた。「スピリチュアル」なものや「胎内記憶」、その両方として、あるいは詩や物語として。あるいはまた、お母さんとの無意識的な相互作用の中で生まれつむがれた言葉として。

いずれにせよ、僕がこの本に収められた言葉の示唆するものに慰撫され、力をもらい、刺激を受けたことは確かだ。また、表現方法は違っていても、もともと自分が抱いてきた人間観と似ている部分も大いにあって、驚いたりもした。


「病気で生まれてきたから、ぼくはいろいろな体験ができる。ママもいろいろな体験ができる。だから、ママは喜んでいいよ」

「心は、小さな心が集まってできている。小さな心が集まって、中くらいの心になる。ひとりひとりには、その中くらいの心が入っている。でも、その中くらいの心の大きさは、人によって違う。中くらいの心と中くらいの心は、ぜんぶつながっている」

「人間は、約束があるから、生きられる。次の約束があるから、生きられる。」

「(略)いろいろな色があるのがいい。姿かたちとか、性格とか、みんな違うのが、いい。違うから、『あ、だれだれくん』って、わかる。みんな同じだったら、意味がない。」


僕はここで触れた言葉をヒントとして、自分の人生観、いのち観、死生観を少し整理することができた。なので、理生さんの言葉に出会えたことに喜びを感じ、心から感謝している。

彼は、去年の3月からお母さんと一緒に沖縄に住んでいるとか。「沖縄は神さまの島で大好き。ぼく、島んちゅになります!」と言ってるという彼に、いつか会える日があるといいなと思っている。



[PR]

by hideki_sunagawa | 2012-09-16 18:36 | Books