One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:notice( 17 )


2010年 10月 16日

ミュージカル「RENT」

ミュージカル「RENT」を観た。

ブロードウェイ版をDVDで見慣れていたので、正直、日本語版を観るのは不安だった。ミュージカルは特にそれがつくられた言語との結びつきが強いから。

実際、元のメロディーやリズムに日本語を当てはめるのはやはり難しいと思った。でも、その難しさを十分に凌駕する迫力があった。プロの仕事をこのように褒めるのは、逆に失礼かと思ったりもするが、キャストが皆しっかりとそれぞれの役を体に染み込ませていると感じた。どの出演者もほんとにほんとにすばらしかった!

物語の舞台がニューヨークであることもあって、この作品は特に、「ブロードウェイ=本場、日本は後追い」というイメージが持たれがちだが、それが単なる偏見であることを思い知らさせてくれた。

この作品では、HIV/AIDSが重要なテーマとなっているが、この作品が書かれた時と今はHIV/AIDSをめぐる状況が全く違う。RENTの初演の年である1996年は、まさにHAARTという新しい治療方法が登場した年。それ以降、HIV感染は必ずしもAIDS発症や死とは結びつかなくなっている(治療にアクセスできる人は)。

この物語の内容は、その治療法がメジャーになる直前のものだ。多くのHIV陽性者が死の陰におびえていた時の話。そのため、このときの様子を再現することに、現在、HIVの問題に取り組んでいる人には違和感を感じる人もいるかもしれない。また、物語構造にも、疑問を感じる部分が全くないわけではない。

だけど、やはり僕はこの作品に心揺さぶられる(今回も観ながら何回涙を流しただろう)。それは、僕が知り合った人たちの姿が重なること、知り合うことはなかったけれど、その時代のニューヨークのHIV陽性者やゲイが生きた物語に触れることができるからに違いない。

しかし、とはいえ、これは私たちと関係のない過去の物語ではない。HIV/AIDSをめぐる状況が違っても、私たちの現代につながる物語だ。実は、縁あって、このRENTのパンフに文章を書かせてもらったのだけれど、そこでも、これは、今の私たちの物語でもあると書いた。

ぜひ、一人でも多くの人に観てもらいたい作品だ(そして、余裕があったらパンフを購入して僕の文章も読んでー<笑)。僕もまた観に行くつもり。東京を離れる前に、この作品を観ることができてよかった(でも、今後また再演されるなら沖縄から観に来るかも)。この作品をつくりあげた全ての人に心から感謝!

「RENT」公式サイトはここから
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2010-10-16 23:02 | notice
2010年 06月 30日

シンポジウムやります

Twitterをやりはじめたのと、パレードに向けての準備が忙しいのとで、すっかりブログを書かなくなってしまった…ああ…。でも、やっぱりまとめて書きたいこともあるし、復活させたい。

で、今回は、とりあえず宣伝です。すごい顔ぶれです(自分はさておき)。だけど無料です。直前の宣伝で申し訳ないのですが、ぜひぜひ、ご来場ください。まわりにも宣伝してねー。


==== 転送大歓迎 =====

東京プライド・シンポジウム ~「公共性」を再考する~

日時:2010年7月4日(日)午後1時半~4時半(開場:1時)
場所:東京大学駒場キャンパス18号館ホール
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html
(京王井の頭線・駒場東大前下車。18号館ホールは少し奥まった場所にありますので時間に余裕をもってご来場ください)

●講演者
講演1 『パレードと公共性』
砂川秀樹(文化人類学者/東京プライド代表)
著書:「カミングアウト・レターズ」(太郎次郎社エディタス)など

講演2 『規範的理由と感情について』(仮)
齋藤純一さん(早稲田大学政治経済学術院教授)
著書:「公共性」「自由」「政治と複数性」(いずれも岩波書店)など

講演3 『傷をさらす/さらさない場所』
宮地尚子さん(一橋大学大学院社会学研究科 地球社会研究専攻 教授)
HP:http://naokomiyaji.web.fc2.com/j/Welcome.html
著書:「環状島=トラウマの地政学」(みすず書房)、「傷を愛せるか」(大月書店)など

講演4 『「死」の“公共圏”を越えて連帯へ』
稲場雅紀さん(動く→動かす GCAPJapan事務局長)
共著:「流儀」(生活書院)
GCAPJapanのHP: http://gcapj.blog56.fc2.com/

★登壇者4人によるクロストーク&質疑応答
コーディネーター:稲見隆洋(東京プライド・コアスタッフ)
入場無料・予約不要

主催:東京プライド
http://www.tokyo-pride.org/
特別協力:清水晶子氏(東京大学大学院准教授)
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2010-06-30 02:40 | notice
2010年 05月 19日

TBSラジオDigに出ます

急に来た話なのですが、明日(木曜日)、TBSラジオのニュース番組(?)Digに出演予定です。番組枠は22時〜24時50分まで。

石川大我さんが22時〜出演で。僕は、23時〜と24時〜に30分ずつくらい出る予定です。「セクシュアルマイノリティを正しく理解する週間」にちなんでの企画です。

ラジオ出演は初めてなので、どういう感じになるのかドキドキですが、昔から「ラジオ向きよね」と言われていたので、いいかも?(まぁ、声はいいけど、容姿がね…ということだけど)

最近は、radikoで、インターネット経由でラジオ番組を聞く人も多いみたいですね。どうぞ、お時間のある方は、何かをしながらでも聞いてみてくださいませ。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2010-05-19 22:59 | notice
2010年 04月 27日

NHK「ハートをつなごう」新シリーズ

twitterをやるようになって、一層ブログの更新が少なくなってしまった。
twitterにはそれなりの面白さや意味もあるけど、こっちもちゃんと続けていきたいなぁ。
さて、とりあえず、近々放送されるNHK「ハートをつなごう」の宣伝でも。
以下、いただいた案内です。

====
4月28日(水)/29日(木)20:00~20:29(教育テレビ)
ハートをつなごう「ダブルマイノリティー」が放送予定です。
(再放送は各日翌週の12:00~)

「ハートをつなごう」がスタートして5年目。
今回は、複数の生きづらさを抱える人たちの声を聞いていきます。
いわばマイノリティーの中のマイノリティー。

筋ジストロフィーの中でもお互いで会う機会が少ないという女性たち。
身体障害があり、LGBTでもある人…

スタジオには多彩なゲストが登場し、熱いトークを繰り広げます!!
LGBT関連では、29日(木)の放送で、脳性まひであり、MTFトランスジェンダーでもある当事者の方が登場します!!

去年の第一回東京プライドフェスティバルに参加され、番組にメールをくださったことから取材が始まりました。

また二日間通しのスタジオゲストとしてLGBTシリーズでおなじみの上川あやさん、尾辻かな子さんも出演しています。

とても熱く、濃密な内容の放送となっております。是非、皆様のサイトやメールを通じて広くご友人などにお知らせ頂き、ご覧頂ければ幸いです。

また、ウェブサイト「虹色」(http://www.nhk.or.jp/heart-net/lgbt/)より番組への 感想をお寄せ下さい。

また、その前日2日間、4月26日(月)、27日(火)には、「薬物依存」シリーズが放送されます。あわせてご覧ください。よろしくお願い致します。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2010-04-27 10:22 | notice
2010年 01月 16日

ハイチ地震、救援団体

大地震で壊滅状態に陥ってしまったハイチの支援のため、寄付を考えている人も多いはず。どこに寄付をするのがいいか悩んだりしますが、救援へ向けて動いている団体の一覧がありますので、参考にしてください。

Think Daily: 
http://www.thinktheearth.net/jp/thinkdaily/emergency/2010/01/201001-haiti.html

[PR]

by hideki_sunagawa | 2010-01-16 00:24 | notice
2009年 11月 12日

『死者たちの戦後誌』

以前から、紹介したいと思いつつ、その優れた厚みのある内容を、どう書いたらいいかと考えているうちに、読んでからずいぶんと経ってしまいました。

今年の9月に出版された、北村毅さんの『死者たちの戦後誌 沖縄戦跡をめぐる人びとの記憶』(御茶の水書房)。

1960年代まで、沖縄戦で亡くなった人たちの遺骨は、地域の人たちによって集落ごとに設置された納骨所へとおさめられていたという。戦後しばらく、農作業のたびに遺骨が出てくる、沖縄はそんな土地だったのだ。納骨所の多くは壕として使われていたガマ(洞窟)を利用したものだった。

「沖縄では古くから、自然洞窟は墓所としても利用され、風葬が行われる場所でもあったことから、そこは、死者を埋葬するにふさわしい場所であった」と著者は語る。

戦争の記憶が生々しい中、ガマに遺骨を集める作業は、どんなに辛い作業だっただろう。きっと、それらの遺骨は、明確に誰のものかわからないにしても、それぞれの人にとっての身内であり、ある意味では自分自身でもあったかもしれない。

しかし、そうして、ガマに集められ供養されている遺骨が、1952年に全国紙で「遺骨が野ざらしになっている」と問題化されることになった。そのきかけになったのは、大阪から沖縄を訪れた人が紙上で「各部落ごとに一つが二つの納骨堂はあるが、納骨堂といっても天然の防空穴に遺骨を詰めたものでゴミ捨て場と変わりない」という発言だったという。

そのような視点に対する反論も沖縄の中で起こったものの、その後、1956年に日本政府から琉球政府へ必要経費が交付され、大規模な遺骨収集事業の実施と「総合納骨堂」の建設への流れができていく。

それは沖縄県側からの希望であったのだが、もともと、それは、分骨という形での「総合慰霊碑」というものだった。しかし、それが「総合納骨堂」に「転骨」するという、整理統合案へとすり替わっていった(当時、納骨施設は188カ所)。

転骨作業には反対の声も多かったが、1960年代に急速に進められる。その結果、1952年には、99%の慰霊碑がなんらかの形で納骨をともなっていたが、中央集骨所への転骨が進むなか、1998年に納骨がともなうものは3%になったという。

当時、「無名戦死者」の遺骨は「戦死の現場かそれに近い地点」に収められることが「人情の自然」という主張もなされたが、時代の流れとして転骨に各集落は同意することになったようだ。このような流れを、北村さんは丁寧に資料を読み解きながら追っている(ここでは、とても簡単にまとめてしまいました、すみません)。

北村さんは、この変化を次のように語っている。

「霊域整備事業の展開の中で転骨された慰霊塔のほとんどは廃塔になったが、そうならなかった場合でも、集骨口やガマの開口部が封鎖されることによって納骨所としての役目を終えた。その措置によって、慰霊塔内部に若干の遺骨が残っていた場合でも、遺骨の存在は不可視化され、戦跡空間から隠蔽された。」

この本の中には、この遺骨をめぐる問題のほか、ひめゆりの塔のこと、遺児たちによる慰霊行進をめぐる話など、忘れられてきた沖縄の戦後史が記録されています。すばらしい研究です、ほんとうに。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-11-12 17:53 | notice
2009年 09月 29日

Do you know Popki's Peace Project?

English is below

『ポーポキのピース•ブック』の1と2を買いました。
以前から存在を知りつつ…ようやく。
想像していた通り、すばらしい絵本。
平和ってなんだろう、平和のために何ができるだろう、と
考えさせてくれます。
一見素朴な問いながら、答えるのが難しい問いが
かわいい絵とともに続きます。

作者は、神戸大教授のロニー•アレキサンダーさん。
何度か顔を合わせたことがあるのですが、とても素敵な方で
会うだけでエンパワーされます。

この本の理念を広げるために
「ポーポキ•ピース•プロジェクト」をされています。
詳しくは、
http://popoki.cruisejapan.com/

=====

I bought Popoki's Peace Book 1 and 2.
What wonderful books!
Book 1 is written about peace,
book 2 about friendship.
They help us to think what peace or friendship are ,
what we can do for peace.

Prof. Ronni Alexander, who wrote the text and drew the pictures,
began the Popoki Piece Project in 2006.
"It is a project to publish and develop Popokifs Peace Book,
and to use the book and DVD to promote work
and action for peace."

You can get more information in HP.
http://popoki.cruisejapan.com/
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-09-29 23:19 | notice