カテゴリ:notice( 17 )


2015年 08月 24日

イベント in 東京

9月に開催するイベントとセミナーのお知らせです。おそらく日本で初めてとなるLGBTスピーカー養成セミナーもあります(LGBTスピーカーというのはこのテーマで話をする人という意味で、LGBTでない人ももちろん参加できます)。

もちろん、「スピーカー」を目指さない人でも参加できます。ぜひまわりの皆様にもお知らせください。なお、申し込み、お問い合わせはそれぞれのメールアドレスへお願いします(*を@に変えてくださいね)。

*また、9/15(火)〜9/28(月)は、東京に滞在しています。講演等のご用命がございましたら、どうぞご連絡ください。

1. 『新宿二丁目の文化人類学』 出版関連イベント

(1)出版記念パーティー in 東京

<東京>

日時: 9月20日(日)14:00〜16:30(開場13:30)
場所: シューレ大学(新宿区若松町28-27)
http://bit.ly/1MFT0CF
参加費: 2,000円(軽食つき)
定員: 50名
申し込み:gradi*me.com <*をアットマークに変えてメールください。

パフォーマンス&トーク
   メロディアス=張由紀夫さん(アーティスト)


a0137527_19411584.jpg


アーティストであると同時に、HIV/AIDSアクティビストとして活動し、近年は、脱原発・反ヘイト活動にも積極的に参加している張由紀夫さん、彼の活動の経験とコミュニティ観について話をうかがい、またメロディアスとしてドラァグパフォーマンスを演じてもらいます。


(2)出版記念トーク

日時: 9月21日(月:祝日)17:30〜19:30(開場17:00)
場所: 九州男(新宿2丁目17−1−3F) https://goo.gl/maps/1GkWE
入場料: 1,500円(ワンドリンク付き)
問い合わせ:gradi*me.com(申し込み不要)

トークゲスト
   ・ 大塚隆史さん(造形作家/バー「タックスノット」店主)
a0137527_19424942.jpg


   ・ 杉山文野さん(株式会社ニューキャンバス代表/NPO法人東京レインボープライド共同代表)
     (聞き手:砂川秀樹)
a0137527_19432340.jpg


いち早くゲイ解放運動(ゲイリブ)に関心を持ち関わった大塚さんとは、大塚さんが見てきた二丁目、ゲイバー、そしてゲイリブについて、もともと新宿出身の杉山さんとは、都市における関係性やコミュニティ、そして、現在関わっている運動についておうかがいする予定です。


2. LGBTセミナー 〜スピーカー養成講座〜

講師: 砂川秀樹…文化人類学者・博士(学術)
日時: 9月22日(火:祝日)10:30〜17:30(開場10:00)
場所: ルノアール 新宿3丁目ビッグスビル店会議室7号室
(新宿2-19-1 ビッグスビル地下2階/03-5379-2766)
参加費: 1万5千円(コーヒー o r紅茶 2杯つき/冊子『LGBTとはなんですか』配布)
定員:14名
申し込み:gradi * me.com

a0137527_19491447.jpg


<セミナー趣旨>
LGBTイシューが日本でも注目を浴び、重要なテーマとなり、様々なところで、LGBT自身も以前よりもさらに顕在化してきました。そのため、教育現場でLGBTイシューをとりあげたり、LGBTなどの学生・生徒に対する対応を考えたりする必要性が高まっています。また、対人支援をおこなう場や企業でもこの問題への理解が求められています。

そのような中、多くのLGBT当事者もスピーカーとして活躍するようになっています。しかし、当事者の語りは理解を深める上でとても重要ものとはいえ、個人の経験の語りだけではLGBT全般に関する広範な知識を得ることは難しいことも多く、また時にセクシュアリティ研究にかかわってきた立場からは疑問に思う表現をされる方がいることも確かです。

この講座では、LGBT当事者か否かにかかわらずも一定の知識を提供できるようになること、セクシュアリティに関して、いくつかの見解がわかれることを踏まえた上でどういう立場をとるかを決め、その立場でLGBTに関わる問題に取り組んだり、まわりに伝えていけるようになることを目標にしています。ですから、「スピーカー」にならずとも、教育関係や対人支援に関係する仕事をされている方にはぜひご参加いただきたい内容です。

講師は、25年にわたりHIV/AIDSやLGBTに関する活動にかかわってきた活動家であると同時に、大学院でゲイ・コミュニティやセクシュアリティについて研究し、博士号を取得した研究者でもある砂川が務めます。大学での講義も含め、さまざまな人たちを対象に20年以上講演を続けてきた経験も持っています。また、16年続けてきた那覇市での講演が、今年、那覇市が出した「性の多様性を尊重する都市 なは宣言」の土台を形成したとも言われます。

少人数でじっくりと向き合いながら、基本的な事柄の説明の方法、なぜ性別や性的指向が大きなテーマとなるのかという根本的な問題、社会と性の関係への視点をお伝えしたいと思います。


ーーーーーーー


博論を書籍にした『新宿二丁目の文化人類学:ゲイ・コミュニティから都市をまなざす』(太郎次郎社エディタス)出版されました!
新宿二丁目に関する初めてのアカデミックな本です! ぜひぜひお買い求めくださいませー。

新宿二丁目のルミエールさん、上野のBIGGYMさんでも扱っていただいています。お寄りの際はぜひ、そちらもご利用ください。

a0137527_2275381.jpg


ーーーーーーー
[PR]

by hideki_sunagawa | 2015-08-24 20:27 | notice
2014年 01月 13日

講演/講座のお知らせ

今年もよろしくお願いします。今年は、一月からあれこれフル回転しています。以下、いくつかお知らせです。

1月15日(木)15時〜19時 早稲田大学で講演です。自分のことを振り返りつつ、LGBTのおかれがちな状況について話ができればと思っています。

平日の昼ということで、都合の合う方は少ないと思いますが、もしお時間の調整がつく方はぜひいらしてください。

a0137527_113197.jpg



1月24日(金)19時〜20時半 なは女性センターの講座で話をします。
こちらはピンクドットの報告と今年の予定について。

a0137527_116398.png



1月25日(土)・26日(日)・2月8日(土)・9日(日) 15時〜17時 
「LGBT基礎講座」(どの日も同じ内容です) 場所:GRADi  参加費:無料 


2月14日(金)19時〜20時半 ジュンク堂書店那覇店さんでバレンタインデーに合わせたトークをする予定です。こちらもお楽しみに。


3月16日(日)には、大阪の民族学博物館で開催される、みんぱくワールドシネマ「人生はビギナーズ」に解説役で参加します。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-01-13 01:26 | notice
2013年 03月 02日

FM「タイフーンFM」に出演しました

FM「タイフーンFM」の「ヒトワク」という番組に出演し、ピンクドット沖縄の告知をさせてもらいました。ここから聴くことができます。13分間ほどの長さです。

bg
20130301性的マイノリティが生きやすい社会を 願う「Pink Dot Okinawa」の取組み/代表 砂川秀樹
2013年3月1日 更新
ダウンロード
タイフーンfm

[PR]

by hideki_sunagawa | 2013-03-02 01:02 | notice
2013年 02月 28日

イベントのお知らせ>シューレ大学集会

ぜひご参加くださーい。

ーーー
シューレ大学集会「閉塞感のある社会で生きたいように生きる~当事者の若者に聞く」
(主催:シューレ大学 共催:GRADi)
スピーカー:朝倉景樹さん(スタッフ)&長井岳さん(学生)

3月2日(土)午後5時〜午後7時半 参加費: 1000 円(茶菓付き) シューレ大学紹介&交流会

3月3日(日)午後3時〜午後5時半 参加費: 500 円 トークセッション

シューレ大学…シューレ大学は、自分とは何者か、如何に生きるかを知る・表現することを通して模索する学びの場である。学生は不登校やひきこもりを経験していたり、就職後生きづらさを感じたりしてシューレ大学に来ていることが多い。直面する生き難さに向き合う研究や表現に取り組み、そこから自分の生き方を創り出している。学生の模索をサポートする様々な分野の専門家がおり、その一人にGRADi 代表の砂川秀樹さんもいる。シューレ大学について学生・スタッフが書いた本に『閉塞感のある社会で生きたいように生きる』がある。

GRADi…「GRADi(グラディ)」という名前は、「多様性のための草の根アクション(GrassRoots Action for Diversity)」の頭文字をとったものです。GRADiは、人々の多様性が積極的に肯定されること、それにより社会的マイノリティが生きやすい領域を広げていくこと、その実現のために必要な社会・人文学的な知と想像力を広げて行くこと、を「ミッション(mission)」としています。那覇市牧志 1-1-37 仲村ビル 2F http://gradi.jp
[PR]

by hideki_sunagawa | 2013-02-28 20:41 | notice
2013年 01月 19日

GRADiでの催し

直前のお知らせですみません。下記の通り予定しています。近くにお住まいの関心のある方は、ぜひいらしてくださいませ。

▼辛淑玉さん/朝倉景樹さんの講演記録を観る会

11月に開催した講演会「多様な生き方の実現とコミュニティ活性化へ向
けて〜」のビデオを観て、参加者と感想を共有します。
日時:1月20日(日)15時〜18時(開場:14時半)
参加費:1000円(11月の講演に参加された方は茶菓代300円のみ)

▼連続講座:コミュニティリーダーに話を聞く

第2回「ジェンダーについて私が考えてきたこと」
講師:糸数貴子(おきなわCAPセンター事務局長)
日時:1月27日(日)15時〜17時(開場:14時半)
参加費:無料

いずれも場所はGRADiで、参加申込みは、gradi★me.comへ(★をアットマークに変えてください)。(定員に余裕があれば飛び込み参加可能です)

http://gradi.jp
[PR]

by hideki_sunagawa | 2013-01-19 00:10 | notice
2012年 11月 18日

いよいよ一週間後!

いよいよ、1週間後、11月25日(日)に朝倉景樹さん、辛淑玉さんの講演会です。国際通りにあるてんぶす館の中にあるてんぶすホールで、19時〜です(18時半開場)。入場料1000円です。ぜひお越しください。

また前日、24日(土)には、GRADiで朝倉さんのお話を聞く会が15時〜17時あります。こちらもぜひ。

a0137527_20464145.jpg

[PR]

by hideki_sunagawa | 2012-11-18 20:50 | notice
2012年 11月 03日

講演会 「多様な生き方の実現とコミュニティ活性化へ向けて」

〜イベント案内〜

沖縄ではなかなかお話をうかがえる機会のない、第一線でご活躍のお二人の講演会とクロストークです。お見逃しなく!

講演会&クロストーク
「多様な生き方の実現とコミュニティ活性化へ向けて」


講師:辛淑玉(株式会社香科舎 代表)/朝倉景樹(シューレ大学 スタッフ)

進行:砂川秀樹(レインボーアライアンス沖縄 代表)
主催:レインボーアライアンス沖縄  共催:なは女性センター
日時:2012年11月25日(日)午後7時〜午後9時15分(午後6時30分開場)
会場:てんぶすホール 入場料:1000円(小中高校生500円)


講師プロフィール

辛淑玉(しんすご):1985年人材育成会社(株)香科舎設立。ビジネスショー、モーターショー、オーディオフェア、地方博、万博などのパビリオンの運営・人材育成・研修を手がける。

1996年「人材育成技術研究所」を開設。約100名のインストラクターを養成し各界に送り出す。人事院や大手電器会社、保険会社、化粧品会社などの企業、テレビ局、新聞社などで研修を行い、大学、専門学校、ビジネススクールなどで講義、公開講座を受け持つ。

その他、自治体、教育機関、各種団体からの依頼による、改正均等法をベースにした人材育成、人権に関わる研修・講演を行う。著書に『放射能時代を生きる3つのアクション』、『女に選ばれる男たち―男社会を変える』、『怒りの作法』等多数。






朝倉景樹(あさくらかげき):フリースクール東京シューレのスタッフを経験した後、1999年のシューレ大学の設立からスタッフとして関わる。

シューレ大学は、自分とは何者か、如何に生きるかを知る・表現することを通して模索する学びの場である。そこで、主として不登校・ひきこもりを経験した若者の学びに寄り添い、自分から始まる研究、表現活動をサポートしている。

また、社会学者としての研究活動もしており、著書は『登校拒否のエスノグラフィー』の他、共著に『教育のエスノグラフィー』『こころの仕事』『閉塞感のある社会で生きたいように生きる』など多数ある。海外のオルタナティブ教育の研究や交流にも力を入れており、ロシア、アメリカ、韓国、などに招聘され講演などもしている。






*この講演会は、那覇市協働のまちづくり事業補助金受託事業である、「『男女共同参画』を意識したコミュニティ活性化事業」の一環としておこなうものです。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2012-11-03 19:43 | notice
2012年 08月 16日

催しのお知らせ

GRADiで開催する催しのお知らせです。(1)、(2)どちらとも、どなたでもご参加頂けます(要事前申し込み)。

(1)「自分をケアするワークショップ~コラージュ体験~」

 コラージュとは、画用紙に切り取った写真や絵をのりではりつけて作品づくりをするものです。静かな自分のための時間のなかで、工作気分で作品づくりを楽しんでみませんか。
 講師は病院臨床、教育関係で経験を積んだ臨床心理士の島袋裕子(GRADiアドバイザー)がつとめます。島袋自身、病院臨床でコラージュグループをおこない、一緒に作成してきたことで、その楽しさ/奥ゆきに魅了された一人です。当日は、各大きさの画用紙を用意しておきますので、それぞれの気分で選んで制作していただき、持ち帰っていただく予定です。
 なお、このワークショップは、特に心理状況を診断するものではなく、コラージュを楽しむことで気分転換をはかるものです。講師はコラージュづくりを楽しむ立場にいるのでお気軽にご参加ください。

日 時:8月29日(水)午後6時半〜8時半
参加費:1,000円(茶菓付き)
定 員:8名(申し込み順)
申込み・問い合わせ:gradi☆me.com (☆を@に変えてください)
持参いただくもの:はさみ
(+できれば、写真の多いいらない雑誌や広告などを持参ください)



(2)「男女共同参画」を意識したコミュニティ活性化連続講座
   ~「コミュニティ心理学」から学ぶ~(全3回)


「那覇市協働のまちづくり事業補助金」を受けて、「レインボーアライアンス沖縄」が開催する連続講座(4つのテーマ、各テーマ3回の構成)です。
 最初のテーマは、私たちの生活で起きる問題をコミュニティや社会という視点からとらえていく「コミュニティ心理学」です。「コミュニティ心理学」とは、社会的な文脈に人間の存在を置き、環境との適合、誰もがもともと持っている強さやコンピテンス(能力)を重視します。そして、問題の予防、人々を力づけていくという視点から、問題解決への選択肢を拡げます。
 3回とも出席できる方を優先いたします。講師は、琉球大学などで非常勤講師として心理学を教えている大嶺和歌子さん(臨床心理士)です。

第1回「コミュニティ心理学とは。その成り立ちと考え方。」
日 時:9月9日(日)午後3時~5時

第2回「ストレス。メンタルヘルスとコミュニティによる支援。」
日 時:9月16日(日)午後3時~5時

第3回「エンパワメント。弱者救済から市民参加という考え方へ。」
日 時:9月23日(日)午後3時~5時

主 催:レインボーアライアンス沖縄
参加費:無料
定 員:15人(全3回出席できる方優先)
申込み・問い合わせ:gradi☆me.com (☆を@に変えてください)



GRADiの場所は、サイトでご確認ください。→ http://gradi.jp/

ーーー

講師を務めてくださる大嶺和歌子さんにうかがったところ、コミュニティ心理学に関して、以下のような入門書ことを教えてくれました。僕も今、勉強しているところです。




[PR]

by hideki_sunagawa | 2012-08-16 15:07 | notice
2012年 07月 03日

GRADiのミッション

5月から始めたGRADi(グラディ)。ミッションとサポートのお願いについての文章を加えました。
http://gradi.jp/

これまで、どういう形態でやっていくか迷いがあったのですが、やはり「ソーシャルビジネス」という位置づけがしっくりくるかな、と思っています。

以下、サイトに掲載した文章を再掲します。


ーーー GRADiとは ーーー

(1)ミッションについて
(2)ソーシャルビジネスとして
(3)サポートのお願い


(1)ミッションについて

「GRADi(グラディ)」という名前は、「多様性のための草の根アクション(GrassRoots Action for Diversity)」の頭文字をとったものです。

GRADiは、人々の多様性が積極的に肯定されること、それにより社会的マイノリティが生きやすい領域を広げていくこと、その実現のために必要な社会・人文学的な知と想像力を広げて行くこと、を「ミッション(mission)」としています。

「ミッション」という言葉は、そのニュアンスが日本語にしづらい語の一つですが、この場合、「志(こころざし)」という表現が近いかもしれません。

GRADiは、そのミッション(≒志)に共感する人びとが、集ったり、出会ったりできる場をつくりだすこと、また、そのミッションと共振するような、様々な時代や地域で生まれた言葉、その土台にある思考に触れられる機会を提供していきたいと思っています。そして、その中から社会に働きかけていくような思考や活動の源が生まれ、広がって行くことを願っています。

それは、人と知と活動をつなげていくことなのだと考えています。そして、それを「つながり、学び、変えていく」という言葉で表現しました。


(2)ソーシャルビジネスとして

GRADiは、営利を優先し追求するものではありません。しかし、日本では今も、非営利団体(NPO)に対して、無償で働いたり、無料サービスを提供したりすることというイメージが強いこともあり、GRADiはそのあり方をソーシャルビジネスと表現しています。

ソーシャルサービス/社会的企業(起業)というのは、社会問題の解決に向けて活動したり、様々な人がより生きやすい社会を実現するために働きかけをおこないながらも、企業やそれに近い形の形態をとる組織のことを言います。日本でも最近増えており、注目を浴びています。

ソーシャルビジネスは、寄付などの「善意」だけに依存するのではなく、事業によって組織の経済的基盤をつくることを目標とするものです。GRADiもそれを目指し、ミッションに合致するものであることを軸にした事業を展開していきます。


(3)サポートのお願い

先述の通り、GRADiは事業を展開していきます。しかし残念ながら、場所を維持していくための資金を十分に得られていないのが現状です。

GRADiは、現在のスペースを持たなくなったとしても続ける予定ですが、LGBTをはじめ様々な人々がふらりと寄れる、また学習会などの集まりを開くことができるこのスペースが維持されることは、大きな意義があると思っています。GRADiのミッション(≒志)を支援したいという方がいらっしゃいましたら、無理のない範囲でのサポートをお願いします。

<サポートの方法>

▼講座/講演への参加 … 関心を持っていただけましたら、gradi☆me.com(☆を@に変えてください)へメールをください。随時、案内をお送りしますので、都合のつくときにご参加ください。

▼英語塾への申込み … 体験受講もできます。上記メールアドレスへご連絡くださるか、お電話ください(098-866-1370)。留守の場合には留守番電話にお名前と連絡先をお残しください。現在、学生向けですが、成人向けの講座も考えています。ご相談ください。

▼寄付 … お振り込みいただいた後、上記メールアドレスへお名前とご住所(郵便をお送りしても差し支えなければ)をお送りください。よろしくお願いします。

<振込先(主宰者の個人名義口座になっています)>

ゆうちょ銀行
同行から:[記号]17080 [番号]16259141 スナガワ ヒデキ
他金融機関から:[店名]七〇八(ナナゼロハチ) 普 1625914 スナガワ ヒデキ

みずほ銀行
北沢(キタザワ)支店 普 2101828 スナガワ ヒデキ

沖縄海邦銀行 
泊(トマリ)支店 普 0536731 スナガワ ヒデキ
[PR]

by hideki_sunagawa | 2012-07-03 00:23 | notice
2011年 11月 17日

イベントのお知らせ

いよいよ今度の日曜日から、「うないフェスティバル」が始まり、来週の金曜日には上映会&トークセッションの開催となる。

改めて宣伝を。今年のフェスティバル、展示とワークショップがあるのだが、レインボーアライアンス沖縄と、僕の相方の悠は、展示の参加。どちらも、牧志駅近くのほしぞら公民館でやってます。展示の案内は以下の通り。

ーーー
うないミュージアム@牧志ほしぞら公民館会場
期間:11月20日(日)14:00開始~11月26日(土)15時まで、(期間中は、9:30~20:00まで(但し、最終日は15:00終了)

展示団体;NPO法人エイブルサポートつばさ(事務局)・住基ネットに反対する市民ネットワーク沖縄(反住基ネット沖縄)・オキナワ・ドリーム・ヘルス・くま絵師 悠・レインボーアライアンス沖縄・オキナワ原爆展を成功させる会
那覇市母子保健推進員協議会・基地・軍隊を許さない行動する女たちの会・The Hemp Island麻妃・医療法人天仁会天久ヒルトップ


うないミュージアム@なは女性センター会場
期間:11月21日(月)9:30開始~11月26日(土)17:00まで(期間中は、9時半~18:00まで観覧可能、但し最終日は17時終了)

展示団体:オキスタ107(事務局)・比嘉座(パフォーマンスのみ)・金城芳子基金貝碧月夜(シェルリアン・ムーン・ナイト)・グループ・リソース・表現フォーラム・ふるさとプロジェクト・星槎国際高校沖縄学習センター・21世紀同人会・ワッタールーチュー(Wattaa Loochoo)・カマドゥー小たちの集い・知念ウシカフーワークス(ワークショップのみ)・沖縄県骨髄バンクを支援する会、
ーーー

ワークショップも含め、詳細は、こちらに掲示されているチラシをご覧ください。


そして、レインボーアライアンス沖縄のオリジナル企画、「ハーヴェイミルク」上映会&トークセッション「社会を変えるために」(高里鈴代さん&砂川秀樹)の内容は、こちらのチラシをご覧ください。皆様のご来場をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします!

a0137527_135818.jpg

[PR]

by hideki_sunagawa | 2011-11-17 06:04 | notice