One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:LGBT/gender( 116 )


2015年 08月 11日

ピンクドットが変えた沖縄

7月19日に開催されたピンクドット沖縄2015で、那覇市が「性の多様性を尊重する都市 なは宣言」(通称:レインボーなは宣言)を宣言した。城間幹子市長自ら読み上げた。

翌日の琉球新報、沖縄タイムスともに、ピンクドット開催とレインボーなは宣言をとりあげた。琉球新報はトップ記事だ。

a0137527_18583015.jpg


この日、両紙とも一面以外にも記事を掲載していたが、後日掲載された沖縄タイムスの記事はすごかった。

a0137527_1943177.jpg


両紙ともピンクドットの初回から何度も大きくとりあげて来てくれた。若年層では、沖縄でも新聞を読まない人が多くなっているが、影響力はまだまだ大きい。この両紙が掲載し続けてくれたことは、沖縄のLGBTに関する関心を高めたことは間違いない。

また、今年は、テレビでも琉球放送、琉球朝日放送、テレビ沖縄がニュース内でこの宣言とピンクドットをとりあげ、沖縄県内にある放送局ではNHKおきなわ以外はとりあげたことになる。しかも前者2社は昨年に引き続き、小特集扱いだった。


今年のピンクドットは、企業からの支援も広がった(実行委員の営業のがんばりの成果でもある)。今回初めて特別協賛枠に「居酒屋 わらゆい」さんが名乗りを上げてくださった。

a0137527_19213714.jpg


ピンクドットの会場のてんぶす前広場に面するわらゆいさんの窓には、ピンクドットの前後に「ピンクドット沖縄を応援しています」という文字を掲げてくださり、その後もレインボーマークとLGBTフレンドリーの文字が目立つ位置に貼られている。

また、沖縄で初めてLGBTウェディングを打ち出した「カフーリゾートフチャク コンド・ホテル」さんも、今年初めてスポンサーとなってくださった。このような大きなホテルがLGBTをターゲットにした企画を大々的に宣伝することの影響は計り知れない。

a0137527_19241690.jpg


そして、沖縄のビジネス界で最大のアライ(支援者/連帯者)企業と言えるのが、初回からスポンサーとなってくださっている「ホテルパームロイヤルNAHA」さん。LGBTフレンドリーを明言していて、いつも、玄関脇のポールにレインボーフラッグが掲げられ、ロビーにも小さなレインボーフラッグが置かれている。

そのパームロイヤルさんが、ピンクドット開催の前日に掲げたフラッグがこれ。とても美しく、心揺さぶられた。

a0137527_19413099.jpg


このようなLGBTを意識したマーケティングを始めたのは、代表取締役総支配人の高倉直久さん。30代半ばの若き経営者であり、これから沖縄を代表する経済人の一人になるであろう、彼がLGBTアライであることは心強い。すでに彼のおかげで、沖縄の経営者の間でのLGBTへの関心が高まっている。

今年のピンクドットでJALグループの「JAL JTA セールス」さんが当日の抽選商品として旅行商品券を提供してくださったのも、高倉さんとが、同グループさんへLGBTとビジネスについて講演した結果だった。

そして、やはり高倉さんのつながりで、若い経営者の団体である那覇青年会議所でも、「LGBTとビジネス」をテーマにした講演会が開催され、高倉さんと僕とで話をする機会もいただいたりもした。

a0137527_19581119.jpg



行政では、今回のレインボー宣言を出した那覇市が一番進んでいる。このような宣言は、淀川区に次いで全国で二番目だが、長のリーダーシップに基づいてつくられた淀川区と異なる点は、行政の職員からの発案で進められた点だ。まだ具体的な施策はおこなわれていないが、関心を持つ行政職員が増えている証拠だろう。それを反映するかのように、今月出された、各戸に配布される那覇市の広報誌の一面全面にこの宣言とピンクドットについての記事が掲載された。

a0137527_2018445.jpg



今回の宣言に先立ち、那覇市議会では、所属の異なる三人の議員がピンクドット沖縄の名前を出して、LGBTに関する施策の必要性について質問を出してくれていた。様々なポジションの人がこの問題に関心を持ち動き始めていることを感じる。

実は、他の市の首長や、議員から「我が市でも、LGBTに関する施策をおこないたい」「パートナーシップ条例をつくりたい」という声が寄せられている。近々、その首長と懇談することになっており、また、那覇市のある議連の勉強会で話をする予定も。

これだけ各方面にLGBTに関する関心、知識、理解が広がっている地方は、沖縄以外にないのではないかと思う。このきっかけとなったのが、ピンクドット沖縄であることは間違いない。もちろん、そのピンクドット沖縄とは、それに関わり支えてくれている行政の人(特に、なは女性センターの人たち)や、スポンサーの皆さん、実行委員、ボランティア、参加者、様々な人々の集合体のことだ。もちろん、それを始めた僕自身への自負もある(笑)


けれど、最後に触れておきたいのは、共同代表の宮城さんの存在だ。彼女は、これまでフツーに目立つこともなく穏やかに暮らしてきたのに、僕が、共同代表になってくれるように頼んだがゆえに、沖縄で初めて実名を出してメディアに出たオープンリーレズビアンとなることになった。

僕のような、何かと特別に(学歴や東京在住歴の長さなどの点で)見られる人とは違うタイプの人が共同代表になることの必要性をわかって、彼女は、この重い任務を引き受けてくれた。代表としてこのような活動の団体の顔になるということの大変さは、なったものでないとわからないだろう。それこそ、これまでいろいろな団体の代表を務めたことある僕でさえ、その大変さが平気になることはない。

彼女が過去三回、共同代表を務める間、どんなに大きなプレッシャーを受けてきただろう。しかも大変な慢性病も抱えながら。しかし、そんな中、彼女は、僕の愚痴や不満、苛立ちを聞き、時に笑わせながら励ます役割を果たしてくれた。そのことだけが理由ではないが、彼女と彼女のパートナーのまゆみさんがいなければ、僕はとっくに沖縄を離れただろう。

いつも僕の陰に隠れる形になるけれど、彼女がいなければピンクドットは三回も開催できなかった。実は、沖縄を変えたピンクドットには、そんな彼女の存在もある。彼女は沖縄のLGBTの状況を変えた重要な一人であることはいうまでもない。

さてさて、この3年間、僕と宮城さんが顔となってきたが、若い人たちも随分と育ってきた。ピンンクドットも新しい段階に入る頃だろうか。どんな形になるとしても、沖縄はまだまだ変わり、さらにLGBTに関する先進県になることだろう。


ーーーーーーー

<砂川からの宣伝>

博論を書籍にした『新宿二丁目の文化人類学:ゲイ・コミュニティから都市をまなざす』(太郎次郎社エディタス)出版されました!
新宿二丁目に関する初めてのアカデミックな本です! ぜひぜひお買い求めくださいませー。

a0137527_2275381.jpg



ーーーーーーー
[PR]

by hideki_sunagawa | 2015-08-11 20:51 | LGBT/gender
2014年 12月 05日

LGBTと図書館

ひょんなことからLGBTの図書館へのアクセスのしやすさについて、ちらっと調べることになった。最初は、「そんなテーマで研究とかあるのー?」と思ったら、やはりちゃんとあった。

論文的にまとまっているのは英語でしか見つからなかったが、日本語でも、「セクシュアル・マイノリティの問題と図書館への期待 」(小澤かおる 2010 )とか、米国での論文を紹介している「同性愛関係コレクションは是か否か:公共図書館サービスと選書方針 」(岸美雪 1994)とかを、「図書館情報に関するポータル」というサイトで発見。

小澤さんの文章では、LGBT関係の本が図書館にあっても手にとらないという話だが、やはりいくらインターネットが発達しても図書館に置かれてるのは重要だよなー、と思う。特に学校図書館。僕が思春期の頃は、LGBTについて書かれた日本語の本などなく、性に関する本の中でも触れられていないか、ネガティブに書かれていたものだ。

そう考えるとなんだかんだ言いつつ(?)随分と変わったなぁ。

ふと図書館の話から、そういえば、以前、美しい図書館の写真を紹介したサイトをみたなぁ、と探してみたらいろいろあった。下の写真は、「最も美しいアメリカの大学図書館」の紹介から。うーん、ほれぼれする美しさ。

a0137527_23232368.png

BBC TRAVEL america's most beautiful college libraries
[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-12-05 23:25 | LGBT/gender
2014年 09月 23日

An article on Pink Dot Okinawa

greenz.jp, a web magazin, have an article on Pink Dot Okinawa.
(written by Miyuki Muryama)

ウェブマガジンのgreenz.jpにピンクドット沖縄についての記事が掲載されました(記事を書いてくださったのは、村山幸さん)。日本語は、greenz.jp上の記事を直接ご覧ください(良かったら、下のボタンからツイッター等でのシェアよろしくお願いします)。


English version (translated by Brent Lue)

Right Next To You:
An Event Report on Pink Dot Okinawa
and living together with LGBT minorities



a0137527_14483491.jpg


Just thinking of a world where you can't live true to yourself,
or you're forced to hide the real "you" is a pretty uncomfortable
thought. The idea of always feeling that discomfort for me, frankly,
takes my breath away. But the truth is that many LGBT people live
with this stress every day.

On July 21st, an event called Pink Dot Okinawa was held in Naha,
Okinawa. There, LGBT people and their supporters gathered in public
to create a warm, friendly, and inviting environment for people
to just be themselves.

Pink Dot was created in the spirit of creating an LGBT-friendly society.
To this end, supporters around the world dress themselves in pink,
gather in one spot, and make their appeal to society at large.
Just last year, Pink Dot Okinawa was the first of its kind in Japan,
and it drew a considerable amount of attention.

This year's Pink Dot Okinawa drew approximately 1,000 participants,
topping last year's record. It's our hope that by understanding
how things were on the ground, you'll get a good feel for the latest in
LGBT activism in Japan.


Pink Dot Okinawa Round 2:
A Diverse Set of Smiles


a0137527_1449935.jpg

(↑A very Okinawan bingata art workshop. There were also a variety of
food and drink stalls in addition to HIV information panels. )


When I first talked to Nijimai, an Okinawan LGBT youth group based
in Southern Okinawa, I learned that social groups like theirs were
a rarity, and that in fact Nijimai was only formed in May of 2013.
Last year’s Pink Dot Okinawa was a major reason why the group
decided to form, and as a result I got a sense of just how important
this event was.

As of now, it seems that LGBT youth groups like Nijimai are growing
in a variety of places, especially at college campuses.
As these sorts of social frameworks spread, many hope to prevent
LGBT people from feeling completely alone and disconnected.

a0137527_1451596.png

(↑Members from Nijimai. An LGBT group based in southern Okinawa,
they meet once a month and sold social events where they talk
about love, romance, a variety of issues. )

At a booth where “partnership certificates” were presented,
one same-sex couple stood out. Married ten years ago in Canada,
a lesbian couple of two ladies--one American, and one Japanese
—were raising their 2-year-old son in Okinawa.

However, it seems that they’ve been thinking of leaving Japan
in the future for the sake of their child. With that, I realized
the necessity of firm legal protections for same-sex couples
in Japan, too.


The Talk of the Town: A Homecoming Wedding

As the event came to a close, guests were treated to a full-blown
homecoming wedding ceremony between Kazuki Kinjo and
Harold Chaput, who were married officially in Canada 10 years ago.
However, they had never celebrated before in Kazuki’s native Okinawa,
nor in public.

Funds for this event were gathered via crowdfunding, and it was only
through the efforts of 117 donors that this dream was made possible.

a0137527_14523665.jpg
 
(↑Harold glances assuringly at Kazuki as he goes through a moment of
nerves. The two looked so happy that day.)

The two appeared on stage all decked in custom-made white dress
shirts and shorts. Hundreds of participants nestled up to the stage to
give the happy couple their blessings.
There was so much to be moved by: countless people were brought
to tears either by the signing of the marriage declaration, the trading
of the traditional Okinawan sugarcane-dyed scarves, the messages
delivered from Kazuki’s younger brother, or the tossing of the
bouquet (two same-sex couples caught them).

Looking at this happy scene, I have no doubt that a great number of
same-sex couples wished that they, too, could have had this same sort
of joyous celebration of their own partnerships. Events like these only
serve to embolden and encourage LGBT people to believe that they,
too, can be happy in the future.

Nothing was yelled out loud or screamed for the world to hear,
but just the sight of Harold and Kazuki’s happiness was
the strongest message out there.

Following the ceremony, Kazuki also commented in his own words:
“I was so happy to be able to come home to Okinawa and celebrate
my tenth year of marriage with a wedding ceremony in front of
so many members of Okinawa’s LGBT community. Marriage isn’t
the only way to happiness, nor is “happiness” marriage’s only,
ultimate goal. But I’d like for same-sex marriage to be an option
in the lives of LGBT people. Being unable to marry and choosing
not to marry (despite being able to) are completely different, you see."

With high spirits abound, the event concluded with Pink Dot’s
participants gathering in a final commemorative photo,
which you can see above.


Success! But much remains to be done…

As an event, Pink Dot Okinawa as a huge success, but to realize
the dream of making a truly LGBT-friendly society will take
a great deal of work. In that vein, I asked Pink Dot's co-representative
Ms. Miyagi what she felt was necessary, and what average people
could do to contribute.
 
a0137527_14532892.jpg

(↑Co-representative Yuka Miyagi, with the event's mascot, Pinkmaaru.)

It was only until last year that Ms. Miyagi was active in the LGBT-rights
scene in Japan. Though she had interest in participating, it was only
until she became Pink Dot’s co-representative that she became
fully aware of what was at stake.

MIYAGI: "This year, we've been doing a lot of in-person talks and
lectures. I've realized that we really have to start with the basics:
things that are really obvious to me and other LGBT people are not
quite so to others. The truth is that I often feel like a lot of straight-
people in Japan are completely oblivious to the existence of LGBT
people.”

But with Pink Dot, things are completely different because the people
who show up generally have a good understanding of the community
and what it faces. You almost jump back in shock. But it's precisely
because of this large berth that there's this great need to educate
the public.

It's not just simply a matter of bringing about awareness, either.
As Ms. Miyagi pointed out, her greatest fear involves the future.
As she gets older with her partner, the likelihood of medical trouble will
only get bigger.

MIYAGI: “When I made a public coming out as a lesbian through
a newspaper article last year, I was soon hospitalized and underwent
surgery. I had to present my partner and say, "Please entrust her with
full authority. If something happens, make sure to contact her."

Many same-sex couples face the same problem if one partner gets sick.
Typically, their partners are not able to hear what's wrong from doctors,
or are barred from making treatment decisions. In cases where
partners and family members don’t get along, loved ones can even be
denied visitation rights.

No matter how long a couple has lived together and shared a life,
the truth is that there are no protections at all in Japan.
As Ms. Miyagi explains, "hospitals and other healthcare provides
absolutely need to be aware of LGBT issues. Most places, I think,
have absolutely no coordinated way of handling LGBT partners. It's
definitely an issue that needs to be addressed.

As someone with chronic illness who spends considerable time in
hospitals, such an issue plays a huge role in Ms. Miyagi's life. I'm
sure, however, there are a great number of other LGBT people
who face the same set of circumstances.


How to Make an LGBT-Friendly Society

"When you start getting involved, you realize that there's so much
to be done"--speaking further with Ms. Miyagi, I asked what we could
do in order to help make the dream of an LGBT-friendly society a
reality.

MIYAGI: “I don't know if the word 'always' here is appropriate
or not, but I’d like more people to always be aware that LGBT
people are out there", she said, "But how to do this in a more practical
sense?", I asked.

MIYAGI: "There are a lot of negative words that are still used towards
or concerning LGBT people these days. I think it's incredibly important
to make sure to avoid offensive stereotypes and language.
But the problem here is that they often come out on television,
so people end up thinking it's totally okay to use them."

Indeed caution is necessary when using words that typically come out
on Japanese television (like onee, homo, or rezu), because they have
strongly offensive and discriminatory nuances. (In general, it's often
better to use the words that LGBT people actually use, like gay
instead of homo, or lesbian or bian instead of rezu).

a0137527_14551917.jpg

(↑The people here all have different sexualities. The same can be said
of people everyday!)

MIYAGI: "In a lot of our public talks and lectures, I also hear some
people who say, 'I'm normal, but I have LGBT friends.' And I have
to think, what the heck do you mean by 'normal'? The opposite
of 'normal' is 'abnormal'.

As a word that people tend to use every day without much of a thought,
"normal" has the potential to hurt not just LGBT people, but any
member of a minority.

That said, it’s not just a matter of being careful with our words.
As Ms. Miyagi continues, it’s also important to realize that an LGBT
person may be right next to you.

If we just imagine an LGBT person is within our social networks,
she suggests, we might all be a little bit more inclined to be careful
of what we say.

Though she feels some unease at the reality of LGBT life today in Japan,
Ms. Miyagi is extremely happy with the success of Pink Dot Okinawa's
2nd Year. 

a0137527_14561110.jpg

(↑Ms. Miyagi announcing the start of festivities. The "Dot" that was born
last year became a circle, she said.)

MIYAGI: Pink Dot’s success is apparent in the wide variety of people
who attend: this time, we didn’t just have LGBT people themselves,
but last year’s participants, and people who came all the way
from the mainland and overseas just for Pink Dot. Ideally, I'd love for
this circle of activity to spread far beyond just Okinawa.

As I write, the environment that LGBT people face is rapidly changing
the world over. While problems remain, the reality is that there are
significantly more places in the media where LGBT issues get coverage.

Aside from Pink Dot itself, Tokyo’s Rainbow Pride Parade 2014 was held
this year during Golden Week. Prime Minister Abe's wife even
participated, rawing the attention of both the Japanese media and myriad
foreign observers.

However, with regards to the daily lives of LGBT people—at school,
at work, or at home—the reality is that many people lack a basic
understanding that an LGBT person may be right in front of them
or right next door. As a result, working towards making LGBT
awareness a part of daily life still seems to be the greatest
challenge ahead in Japan.

Thinking back at all the people at Pink Dot Okinawa smiling,
having fun, and being at ease, I hope from the bottom of
my heart that this sort of joy can spread the world over.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-09-23 15:03 | LGBT/gender
2014年 06月 26日

すごいんです!ピンクドット沖縄!

誰も言ってくれないので代表自ら言いますw ピンクドット沖縄、プレイベントから本番の集会、アフターの充実ぶりは、すごいのです!


▼ジョージ・タケイさん講演会!

なんと、6月2日には、ハリウッドで最も成功した日系人俳優と言われる、ジョージ・タケイさんの講演会がおこなわれました! 彼は、最近はオープンリーゲイの活動家としても非常に有名で、ここ数年、ますます活躍の幅を広げています。この講演会は主催は、在沖米国総領事館で、ピンクドット沖縄は後援をし、当日の会場スタッフもつとめました。

タケイさんからピンクドット沖縄に動画のメッセージもいただきました!→YouTube上の動画

そして、ピンクドット沖縄のメンバーとの会食も実現。とっても素敵な会となりました。

a0137527_12174565.jpg



▼上川あやさん講演会!

上川あやさん(世田谷区議会議員)の講演会が6/20、交流会が6/21にありました(講演会は、琉球大学法務研究科主催、ピンクドット沖縄共催)。彼女が話してくれた、具体的に行政や司法に働きかけていく方法はこれから役に立つものだと思ったし、また、自分が動くということをめぐる心理的な葛藤とそれを乗り越えて行く過程の話には、心動かされて何度も涙が…。

a0137527_12292440.jpg


上川あやさんの交流会では、東京から来てくれた「料理教室めざめ」の坂本ゆいさんが料理を担当。また、翌日にはdEfさんのDJつきで、坂本さんの料理教室&パーティー。こんな贅沢な会はなかなかないなぁ、と幸福感でいっぱいでした。


▼メイン集会「ピンクドット沖縄ギャザリング」

ピンクドット沖縄のメインは、7月21日(月:海の日)のテンブス館前広場での集まり。舞台上では、那覇太鼓さん(エイサー)、ロビンソワさん(ドラァグクィーン)、Dugong Dugonさん(アカペラグループ)、響子-hibikiko-さん(歌手:ギター弾き語り)、比屋定篤子さん(歌手)の演奏がありますが、今年の新しい試みは、なんといっても、ゲイカップルの「里帰り挙式」です。

a0137527_23501385.png


クラウドファンディングで可能になったこの企画、協力くださった皆様の応援コメントを読むだけでも、力づけられます。本当に、みなさまご協力ありがとうございました。必ずや、すばらしい式にいたします。

そして、なんと、この挙式に関心を持ってくださった、Marriage Equality USA という米国でも最も古くから結婚の平等化(同性間の結婚の承認)を求めて活動してきたグループのリーダーである、ゲイカップル John Lewis さん& Stuart Gaffney さん が、ピンクドット沖縄を訪れ、挨拶をしてくれます。彼らは、カルフォルニア州で同性間の結婚をめぐって裁判を起こした原告でもあります。会えるのが楽しみです。

a0137527_23475786.jpg


広場では参加型のワークショップも用意しています。同性カップル証明書も昨年に引き続き、発行する予定です。ぜひ記念に!


▼桜坂劇場レインボー・シネマ・ウィーク

協力イベントもすばらしく充実しています。既に、5月に桜坂劇場&ピンクドット沖縄コラボとして、映画「チョコレートドーナツ」をめぐるトークがありました。歌手のEPOさんと私がトークさせていただきました。

a0137527_1243495.jpg


そして、さらに、7/19(土)-8/1(金)にレインボー・シネマ・ウィークと題して、5つの作品を上映してくれます。これは、もうちょっとした映画祭ですよね。7/20には、僕が「人生はビギナーズ」の後にトークをさせていただきます。

a0137527_1325779.png



▼ピンクドット沖縄セミナー

今年は、セミナーと称している講演会も豪華です。「変える、ひらく」シリーズと位置づけて、それぞれに「変える、ひらく」と題しています。

a0137527_1328545.jpg


7/6(日)は、山城紀子さん(ジャーナリスト)&琉球新報/沖縄タイムス現役記者[ジュンク堂書店那覇店にて]、7/18(金)は 田中かず子さん(元国際基督教大教授)なは女性センターにて]、7/19 (土)は星野智幸さん(作家)GRADiにて]、7/20(日)は楠原彰さん(國學院大名誉教授)[GRADiにて]。

大好きで尊敬している皆さんに参加いただけることになって、とてもうれしいです。特に、以前から沖縄での講演会を実現したいと思っていて、まだ実現していなかった星野さんや楠原さんの講演会(と言ってもGRADiという小さいスペースでのものなので、申し訳ないのですが)ができることになって感無量です。

セミナーは、無料のものと有料のものがありますので、詳細はサイトでご確認ください。


▼ナイトイベント

もちろん、ナイトイベントも充実! 前夜祭として、ゲイ向けには昨年に引き続き「ガチムチディスコ」さんが来てくださいます。今年は、あえて狭いスペースで開催。ギューギューを楽しみましょう。

a0137527_1391713.png


Women's onlyのイベント「80s Music Party "Hot Dog de DISCO"」も、協力いただいているミックスのイベント「LEGEND loves PARTY」もあります!

a0137527_13271878.jpg



▼若者のミーティング、LGBTの家族のためのミーティング

そして、「Over the Rainbow」が企画運営してくれている、ピンクドット沖縄が共催の「LGBTユースミーティング」が7月19日(土)13:30-16:30「なは女性センター」であります(無料、予約不要)。

さらに、沖縄で初となる、「LGBTの家族ミーティング」(LGBTの親やきょうだいのミーティング)が7月20日(日)10:00-12:00、ピンクドット沖縄ギャザリング会場近くで開催します(詳細はお問い合わせください)。参加費は無料です。

gradi★me.com(★を@に)/098-866-1370


▼アフターもふたつあるよw

7月21日、アフターパーティ(1) は、食事したい人向けで、17:30-19:30「沖縄料理居酒屋 わらゆい」(テンブス館向かい)/参加費:2,500円。

アフターパーティー(2) ドリンクのみでいいという人向け。18:00-21:00「REHAB」でおこないます。ワンドリンク以上オーダーしてください!DJつきです(DJ:dEf)

★★★そして!★★★
6月28日(土)13:30〜16:00(なは女性センター)ボランティアミーティングがあります!当日の開催をボランティアとして手伝ってくださる方、大大大募集! 関心ありつつ迷っている方もどうぞ!


もろもろ、詳細は、http://pinkdotok.jp/ を確認してねー。

寄付もよろしくお願いします!http://pinkdotok.jp の右側にpaypal経由でカードで寄付ができるカートがあります。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-06-26 13:23 | LGBT/gender
2014年 05月 25日

「人生は旅行」

今日、5月25日は、新宿二丁目振興会・初代会長だった川口昭美さん(享年50歳)の命日だ。2002年に亡くなったので、丸12年、13回忌となる。

川口さんは、僕が2000年に東京レズビアン&ゲイパレード(後の東京プライドパレード)を始めたときに、それを機に二丁目でも何か…という僕の提案を大きく展開してくださって、東京レインボー祭りを始めた方だ。また、二丁目を早い時間から楽しめる街にしたいと始めたのがカフェレストラン「CoCoLo cafe」を開店されたりした。

当時、僕は、レインボー祭りの実行委員会にも参加させていただき、一緒に警察への交渉にも赴いた。そのような付き合いの中で様々な話をし、いつも励まされていた。

それ以前の東京のパレードは二丁目との関係が薄かった。僕はそれを近づけたいと思って昭美さんや、ゲイビジネスを展開されていた方々に相談し、昭美さんがそのお一人として大きな力を発揮してくださった(ほかにも、バディさんやGメンさんといったゲイ雑誌の大きな後押しもあり、またお店として協力してくださった方々などたくさんの方がご協力くださったおかげで、パレード&レインボー祭りは大成功となった)。

そのときに、そのような結びつきが生まれなかったら、パレードはかなり違ったものになっただろうし、レインボー祭りのようなものが生まれるのもだいぶ後になったことだろう。今でこそあって当たり前のような祭りも、それを始めるのにはどんな苦労があったろうか。

明るく豪快に笑い、感情を率直に表現する昭美さんに魅了された人は多い。昭美さんが、所轄の警察で言われたひどい言葉に対して「そんな言い方ないんじゃないですか!」と怒っていたのを思い出す。ミーティングでも率直に自分の意見を言い、他のメンバーと激しく議論をすることもあった。でも、やはり、最終的にはその豪胆さで、人々を引っ張った。


…あ、今年の僕は、昭美さんがレインボー祭りをおこなった歳と同じ歳だ。でも、いつまでも昭美さんは、僕にとっての大先輩。とても親しく付き合わせていだだけるようになってから別れまで数年しかなかったけれど、出会えたことは本当に幸せなことだったと思う。

彼は、『パレード 〜東京レズビアン&ゲイパレード2000の記録〜』の座談会の中で、伏見憲明さんの語った「レインボー祭りもそうだと思うけれど、パレードもどう楽しむのかっていうのがベース」という言葉を受けて、このように語っている。「やっぱり思い出づくりよ。人生は旅行だと思うの、本当に。旅よ、ウン。」

昭美さん、僕は旅の途中にあなたと出会え、一緒に思い出をつくることができたことに感謝しています。そして、今もその思い出の中のあなたの笑顔と言葉に励まされています。ありがとうございます。

a0137527_1139798.jpg

(『パレード 〜東京レズビアン&ゲイパレード2000の記録〜』ポット出版、より)

ーーーーーーーーーーーー
→ ブログトップへ
[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-05-25 11:05 | LGBT/gender
2014年 04月 23日

祝福を

調査と実感の間にあるギャップ

最近、LGBTに関する講演で話をするとき、LGBTに関する社会調査の結果と、当事者の実感のギャップについて話すことが多い。

そのギャップとは、LGBTが自殺傾向が高かったり、メンタル的な問題を抱えがちという研究や臨床の現場の実感がある一方で、多くの当事者は「日本では差別はない。自分は悩んでないし、このままでいい」と口にするというものだ。その実感は「ウソ」ではないと思う。

では、そのギャップの間に何があるのだろうか。僕は、大き分けて、次の三つをあげる。

まず最初に、より恵まれている条件(心身のタフさや、経済状況、人間関係の良好さ等)を持っている人は、社会的な抑圧があっても大きな問題が起きにくく、それを感じにくいこと。二つめは、抑圧状況に慣れていて、それが当たり前だと思っているということ。そして、三つめに、心理的否認が働いていること、だ。

だが、感じていないからといって、社会的な抑圧による問題が生じないということではないのだと思う。継続して負荷がかかり続けたり、小さな傷(小さ過ぎて気づかない程度のものでも)が日々つき続けると、何かの問題(失業や、大きな失恋や、大事な人の死、仕事上の大きな問題、病気など)が起きたときに、金属疲労のようにポキッと折れてしまうのだと思う。

そして、それらの直接的原因は、LGBTとしての問題ではないことが多いがゆえに、その問題とは関係ないかのように見えることだろう。しかし、その土台には、属性と関連した負荷がかかり続けたこと、傷を負い続けたことがあるがゆえに、調査すると属性と関連した形で、先のような調査結果がでるのではないだろうか。


思い出す仲間たち…

僕は、悲しいことに、これまで多くのゲイの友人たちが様々な問題に苦しんでいるのを目の当たりにしてきた(もちろん、自分も色んな問題に煩悶することも多い)。彼らは、基本的に、それぞれの時点ではゲイであることを「悩んで」いたわけではない。

しかし、何かの話の中で時折出て来るのは、幼少期に女っぽくて揶揄されたこと、いじめられたこと、家族の中で疎外感を感じて来たことといったことだったりする。あるいは、本人は、自分がゲイであることと結びつけて考えていないが、外から見ると、どうしてもゲイであることと、その人が抱えてる問題がリンクしていると思わざるを得ないこともたくさんあった。

「LGBTがより生きやすい社会だったら、あの人は、あんな亡くなり方をしなかったのではなかっただろうか…」と思う人は一人や二人ではない。また、後に残されたパートナーが、社会的に正式に認知されていないがゆえに、辛い経験をしているのも何度も見てきた。


希望を

「このままでいい」と自分のことに関して思う人でも、「愛する人や大切な人にはできるだけつらい思いをさせたくない」とか、「これからの若い人たちにはできるだけ夢や希望を持って生きていって欲しい」と思う人も少なくないはず、と僕は信じている。

僕が、クラウドファンディング「READYFOR?」で、「沖縄で同性カップルの里帰り結婚式をあげ、日本でもっとLGBTや同性カップルが認められるようにしたい!」というプロジェクトを出したことも、そのような思いとつながっている。

[クラウドファンディングとは、ネット上で寄付を募るもの。「READYFOR?」は、設定金額に達するとその寄付金が受け取れ、到達しないと受け取れないという仕組み(支援者はクレジットカードで支払い手続きをし、設定金額に達した場合には課金され、達しない場合には、課金されない)]

もちろん、一樹さんとハロルドさんという素敵なカップルを祝いたい!というシンプルな願いも強い。

けれど、土台には、「彼らの結婚式を皆の前で挙げられたら、どんなに多くの人に希望を与えるだろう?」という思いがある。

もちろん、幸せの形は、パートナーがいることだけではない。しかし、同性カップルを応援するために全国の(そして海外からも)多くの人が資金を出し合い、皆の前で祝福されることは、とても大きな象徴的な意味があると思う。

ある意味、そのときに祝福されるのは、彼らだけではないと思う。そこで祝福されるのは、同性に恋をした経験がある者であり、同性に性的な思いを抱く者であり、同性の恋人/パートナーを持つ者であり、同性のパートナー/相方と共に生きている人、生きた人、そして、そういうことがこれからあるかもしれない人なのだ(つまり、私自身も含まれる)。そして、性的指向や性自認をめぐりマイノリティである者たち皆、さらには、そのような人たちのそばにいる仲間たちも。

この挙式が実現するときに、私は、先に書いた、苦しんだゲイの友人たちのことも思い出し、彼らが生まれ生きたこと/生きていることへ、感謝の思いを込めた祝福の言葉をかけるだろう。ありがとう、一緒に生きてくれて、と。


ーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーー
→ ブログトップへ
[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-04-23 21:45 | LGBT/gender
2014年 03月 11日

あの時、手をつなげたら / Holding Hands

あの時、手をつなげたら
(『誰もが誰かと一緒に歩けるように』所収)

Holding Hands
(English translation follows)

a0137527_11243612.jpg


 最近、講演で同性愛について話をするときに、必ず見せる絵がある。熊の姿に描かれた二人の男性が手をつないでいるもの。それには、こう書き添えられている。「あの日、一緒に歩いて帰りながら、不安なのに互いに遠慮して手をつないで歩けなかった僕らのために。誰もが誰かと一緒に歩くことがこれからもできるように、祈りを込めて。」

 実はそれは、僕のパートナーが描いたもので、そこに登場しているのは、2011年3月11日の僕と彼だ。

 言うまでもなく、それは東日本大震災が襲った日。僕らは、一緒の仕事で都心にいた。震源地付近や、津波の被害を受けたところに比べれば大したことはなかったとはいえ、震度5強を記録した東京も激しく揺れ、大混乱だった。僕らは、夜九時頃になりようやく家に向かって歩き始めた。

 たくさんの人がぞろぞろと歩いている不思議な光景。静かな緊張感と大きな不安、非日常的な状況へのハイテンションが交じった奇妙な雰囲気の中、僕らは3時間以上歩いた。その夜は、かなり寒かった。そのとき、異性カップルなら、普段手をつながない人でも、きっと手をつないだだろう。寒さと不安を和らげるために。でも、僕らはそうしなかった。そうしようか?と口にもしなかった。

 僕は、手をつなぐことのリスクをと考えていた。普段は笑われるくらいのことでも、社会的な緊張感が高まっているときには、何が起こるかわからない、と。

 後になり、二人とも同じように手をつなぎたいと思っていたと知ったとき、お互いをいたわり合えなかったことに僕らは胸を痛めた。そして彼は、そのときの僕らのためにその絵を描いてくれた。

 僕らは願っている。同性カップルが、手をつなぎたいと思ったとき、恐れや不安や気負いなく手をつなげる社会を。だから、僕らは、声をあげ、行動し続けていく。

(イラスト:加藤悠二)



Holding Hands

Whenever I give talks about gay/lesbian people these days,
there's a picture that I always show to my audience.
It’s a picture of two male teddy bears holding hands.

On it, there’s a message written:
"This is for the both of us.
For the day that we were walking home together,
full of unease but unable to let ourselves go and hold hands.
I made this in the hope that from now on,
anyone will be able to walk together like this
with another person, no matter who they are”.

To tell the truth, the artist behind the picture is
actually my partner. The two bears in the picture are
me and him, walking home on March 11th, 2011.

As we all know, March 11th, 2011 was
when the Great Tohoku Earthquake hit Japan.
That day, he and I were together at work
in the middle of downtown.

Though what we experienced was nothing in comparison to
what happened near the epicenter of the earthquake
or the places affected by tsunamis, Tokyo, too was shaken
by the biggest quake since the Great Kanto Earthquake of 1923.
Everything was in chaos. At around 9 pm or so,
we finally decided to walk back home.

What we encountered was really a mysterious sight to behold.
Countless people were walking outside,
looking for emergency shelters or listlessly heading home,
full of unspoken nervousness and great unease.

My partner and I walked for about three hours in this strange,
unusually tense atmosphere. That night was also quite frigid—so much
that I think that most straight couples would have held hands,
even if they didn't do that sort of thing normally,
just to try to melt away the worry and the cold.
But we didn’t do that. We didn’t even suggest it to each other.

Back then, I could only think about the risks of holding hands.
Normally, the worst we might have encountered was being laughed at.
But with anxiety at an all-time high throughout all levels of society,
I imagined that far worse was possible.

Sometime later, I found out that my partner had wanted to hold hands, too.
My heart became instantly full of pain and regret at the fact that
we weren't able to comfort each other in even the direst of situations.
And so, my partner drew that picture for us.
For the day that we weren't able to hold hands.

A society where same-sex couples can hold hands
whenever and wherever they want to without
fear, worry, embarrassment, or hesitation
—this is our wish.

And so, we continue to raise our voices
and engage in activism all to help one day make this dream a reality.

(Translation: Brent Lester Lue / Illustration: Yuji Kato)
[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-03-11 11:30 | LGBT/gender
2014年 03月 08日

とあるゲイの方の話/A story about a gay man

An essay by Hideki Sunagawa,
co-representative director of PInk Dot OK.
(English translation follows)

a0137527_20493940.jpg


昨年、ピンクドットが終わってしばらくして、とあるゲイの方からメールをいただきました。そこにはこう書かれていました。

-----
「ピンクドット! 70歳になる私たち世代には隔世の感です。ピンクを身につけるにはやや恥ずかしく、なにげなくテントの近くで皆さんの奮闘ぶりやライブのステージを見ておりました。しっかりと手をつなぎあった若いカップルがなんとも愛らしく、いじらしく、そしてうらやましくーー。

那覇市が協賛するという新聞記事に感動をいたしました。多くの地元の企業の参加も。那覇から息苦しく閉塞してしまった日本に風穴が開く!そんな予感がいたしました。大したことはできませんが、なんとかご支援をさせていただきたいと思います。」
-----

日本では、これくらいの年齢の方だと、ゲイ自身でもこういう活動を嫌う方が多いのに、うれしいなと思いとても励まされた気がしました。しばらくして、寄付をいただき、何度かメールを交換しました。

近いうちにお会いしましょう、というやりとりもして。しかし、いろいろあって、なかなかお会いできず。

そして先月頃から、サポーター向けに送っているメルマガが届かなくなったので、彼が経営しているとメールで聞いていたショップを探し、確認のメールを送りました。そのメールに対して、彼と長く一緒に人生を歩んで来られたパートナーが丁寧な返事をくださいました。

そしてそこには、昨年11月に末期がんであることがわかり一月に亡くなられたと書かれてありました。

なんで早く会わなかったのだろう、とひどく後悔しました。面と向かって「本当にありがとうございます」と言えないままになってしまいました。

彼の最初のメールの「追伸」にはこうありました。

「まだ幸いに体力はほどほどあるようです。カジマヤーまでがんばれるかと。ボランティアでお手伝いできることがございましたらなんなりと。」

私たち、ピンクドット沖縄の実行委員は、彼の言葉を胸に今年のピンクドット沖縄も成功させようと誓っています。

ありがとうございました、Tさん。どうぞ安らかに…でも、ピンクドット沖縄2014で私たちともにいてくださるだろうと信じています。

(この話を書くこと、Tさんのメールからの引用については、パートナーの方から許可をいただきました。)

砂川秀樹
(写真:加藤悠二)


A few days after Pink Dot Okinawa opened last year,
a gay man sent me an e-mail. I had no idea who he was.

It said, "Pink Dot Okinawa! Wow.
For someone like me in their 70s,
it's like we've entered a totally new age!
It was actually a little embarrassing for me
to wear pink, so I mostly spent my time
watching the staff members working
or performers on the stage from afar.

I even saw a young gay couple
with their hands held tight.
It was very adorable, quite touching,
and a little enviable. I
t was really encouraging to know that
the event was sponsored not only
by the city of Naha, but by many companies, too.

I feel as if the winds of change seem to be blowing
into Japan—which is fast becoming more closed
and oppressive—starting here from Naha!
I really felt that wind at Pink Dot Okinawa.
Though I can’t do much,
I’d love to be able to support you”.

I was very delighted to read this, as in Japan most elderly people
tend to dislike and avoid such pride events.
After a while we received a donation from him
and exchanged some letters, eventually making a promise to meet.
However, for one reason or another,
we weren’t able to see each other last year.

It was in February that the mail-magazine we sent out
to our supporters was returned to us from his address.
And another in March was returned, too.

I supposed that he might have been hospitalized
because he told me he was suffering from backache.
Out of worry, I searched for another way to contact him
and wrote to the e-mail address of the mom and pop shop he ran,
sending off a line or two inquiring about how he was doing.

His long-time partner kindly replied and told me that
he died of cancer in January.

He was diagnosed with terminal cancer in November.
It was only a few weeks after I exchanged the last mail with him.
I regretted very badly that I hadn't met sooner.
I wasn't able to say "thank you for your support" to his face.
I should have.

As "p.s" in his first letter he said,
"Thankfully, I'm still energetic.
I may end up living as old as Kajimayaa (97 years old).
Please let me know if there is something I can do as a volunteer."

We, staff members of the organizing committee,
will keep his words in our minds and try to make Pink Dot OK
as successful as it can be. Thank you very much, T-san.
May you rest in peace. But your spirit is with us in Pink Dot OK 2014.

(We've received permission from his partner
to write about T-san and to quote sentences from his e-mails.)

Hideki Sunagawa
(photo: Yuji Kato)
[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-03-08 20:49 | LGBT/gender
2014年 02月 19日

ピンクドット沖縄2014へ向けて

a0137527_12295359.jpg


ついにピンクドット沖縄2014に向けてスタートした。今年、開催するか迷いに迷っての決断。

昨年、イベントとしてはとても盛り上がったし、その影響が広く及んだことは今も実感できるので、目的の達成という意味では大成功だった。それにも関わらず、開催を迷ったのは、経済的には非常に厳しかったし、何より僕が無給専従状態で働く形になるので生活へのダメージが大きかったからだ。今年は、昨年の実績からスポンサーも集めやすいかもしれないが、後者の問題は基本的には変わらないだろう。

それでもやろうと決めた。それは、先に書いたように、ピンクドット沖縄の開催によって、LGBTという言葉も、それに関係する問題も広く周知されるようになったと感じているからだ。那覇市地域福祉補助金の審査のときもそうだったし、それの補助金でおこなっている出前講座でもそうだ。これほどの手応えは、大都会の東京では感じたことはなかった。

そして、もう一つ。昨年関わってくれた実行委員が、ほとんど皆、また関わりたいと思ってくれていることもある。誰一人バーンアウトすることなく、関係性に疲弊することもなく、昨年やった人がまたやりたいと思える状態は、それだけで意味があると感じている。

実際に関わった人たちがお互いに影響を与えつつ、またこの活動を通して、学んでいる様子も目の当たりにしている(自分の学びも含めて)。私が沖縄に帰るときに思っていたことに、自分が東京で得た経験が活かせるかも、伝えられることがあるかも、ということがあったが、それができているような気がする。

とても大変なイベントなので、常に、その次があるかどうかはわからない。けれど、この一回一回が確実に残すものがある。それだけで、私がまた宮城と共同代表として、その任を負う意味があると思っている。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-02-19 00:03 | LGBT/gender
2014年 02月 15日

誰もが誰かと一緒に歩けるように…

2月14日(金)、ジュンク堂書店那覇店さんで、「誰もが誰かと一緒にあるけるように」というトークイベントを開催させていただいた。「誰もが誰かと一緒にあるけるように」というのは、昨年末に出版した書籍(冊子という感じの厚さだけれど)のタイトル。

a0137527_2191122.png


その書籍の出版記念と、ピンクドット沖縄主催としておこなったレインボーバレンタイン・キャンペーンを合わせたイベントで、このキャンペーンのために製作したオリジナルパッケージのチロルチョコも配布。

正直、トークをおこなった会場で聞いていた人はかなり少なかった。けれど、いい雰囲気で開催できたし、チョコを配ったスタッフによると、何度も前を行き来する人や、さりがなく遠くで聞いてる様子の人たちがけっこういたという。その様子を見ていたスタッフは、トークイベント終了後、「だから…ピンクドット、やりましょう!!!」と力づよく言った。

「いや、もうやることになってるから!」と冗談めかして返答しつつも、そのスタッフが言いたいことは良くわかっていた。

僕も、2000年に東京レズビアン&ゲイパレードを発案者&実行委員長として開催したときに、沿道でパレードに背を向けて、たまたまいたかのようなふりをしながら座っている人が、涙をぬぐっている姿や、昨年、やはりジュンク堂書店那覇店さんでトークをやったときに、遠くの書棚の陰に立ち続けて、じっと観続けていた人の表情を忘れることができない。

こういう時に、少しずつでも色んな人に僕たちの声や思いが届いていけばいいな、と改めて思う。そして、沖縄に来て活動を始めて、それができていると感じてもいる。


トークは、パートナーとの初共演トーク(?)があったり、あまりそういう場で話し慣れていない共同代表にも出てもらったりで、どうなるかなぁ…と心配していたけれど、どちらもバレンタインデーらしく和やかで温かいものとなった(と思う)。

打ち合わせもなかったけれど、スムーズに僕の質問に答えてくださったお二人に感謝。去年は、拡大ミーティングでの挨拶もままならなかった共同代表の宮城がしっかりと話せるようになっている姿に感動もした。

そして、今日のトーク、ジュンク堂書店那覇店さんは、熱意をもって関わってくださった。プリントアウトしたポスターで会場を飾ってくれたり、プロジェクターが見えやすいようにと天井の蛍光灯も一部外してくれたり、ととても丁寧な準備。

先方は当たり前と思ってやっていることかもしれないけれど、それは僕たちをとても力づけてくれた。mた、きっと大書店がこのように同性カップルに関するイベントを一緒につくりあげてくれる姿勢は、社会を変えて行く力の一つとなるだろう。

また、昨年の5月と6月、ピンクドット前のトークをおこなったときと同じ店員さんが担当者として司会をしてくださったのだが、その頃は少し頼りなげな印象だったが、とてもしっかりとした雰囲気になっていて、その時よりも、話もよりスムーズに上手になっていて、なんだかこちらまでうれしくなった。

というわけで、そんな、感謝の思いや感動やうれしい思いが満ちたバレンタインデーとなった。ありがたい。


あ、16日(日)は午後5時〜9時までGRADiでピンクドット沖縄のキックオフイベントがあります。参加費2000円ですが、もし関心のある方は、gradi★me.comまでご連絡ください(★を@に変えて)。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-02-15 02:19 | LGBT/gender