One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 31日

エンパワメントされる場

シューレ大学の10周年記念イベントへ行ってきた。シューレ大学は、不登校の問題にいち早く取り組み始めた東京シューレ(なんと今年で25周年!)を母体とする、学生が自主運営している「大学」。

一昨年、公開講座の講師に呼んでいただいて以来のおつきあい。そこの学生やスタッフの、講座に取り組む真摯で真剣な、しかし暖かいあり方に魅了されて、すっかりファンになってしまったのでした。今年の東京プライドフェスティバルにもブース出展してもらいました。

今回の記念イベントは、辛淑玉さんの講演の後、学生の研究発表、10年を振り返る映像、シンポジウムと密な内容でした(前もって、ここで宣伝しておけばよかった)。

辛さんの講演は、さすがにうまかったなぁ…内容ももちろんすごく良かったけど、その講演スタイルを見つつ、勉強させてもらったという感じでした。学生の研究発表は、自分の不安や、否定感をとことん追求して、その成り立ちを分析するもの。とても「うちあたい」する内容で(「うちあたい」は沖縄でよく使う表現で、自分の中に呼応するものを感じるときに使う)、聞きながら僕も自分を振り返っていました。

10年を振り返る映像では、学生がこれまで取り組んできた、その「学び」の軌跡が紹介されたのだけれど、その充実ぶりに圧倒されました。ロシアの映像スクールとの恊働や、韓国などのオルタナティブスクールとのつながりなど、国を超えて絆を広げて行く姿に、希望を感じました。a0137527_1340770.jpg

終了後の交流会では、学生の一人がつくった、マクロビオティック的な料理を堪能。シューレ大学にぴったりな優しい味で、「シューレ大学って、ほんとにエンパワメント(力づけられること)の場だなぁ…」と思いをめぐらしつつ、パクパク。

そして、早めに会場を後にして見上げた夜空にはきれいな満月が…。その輝きに、シューレ大学が発する優しい光を見たような気がした夜でした。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2010-01-31 13:40 | Diary


<< おしらせ二つ      サポート >>