2009年 11月 30日

大阪から帰京

名古屋で開催されたエイズ学会のシンポジウムに出た後、大阪へ。自分が今やっている調査のインタビューのための滞在。3泊4日は、大阪滞在最長記録。とはいえ、遊びに行くこともなく、ほとんどの時間はホテルで過ごしていました(インタビューもホテルでやっていたので)。

今回の滞在で思ったのは、大阪の人の接客態度って、東京に比べると全体的にレベルが高いかも…ということ。もちろんいろんな人がいることは大前提だけど。言葉が大きくてはっきりしているとか(東京だと、若い人とかだとモゴモゴ話す人が少なくないような)、気の効きようとか。やはり商人の土地ということなのかなぁ…。文化人類学者にしてはあまりにも素朴すぎる感想だけど。

ちなみに、調査の方は、多くの人が協力してくれて、だいぶはかどりました。ありがたやありがたや。このブログでも調査を通して感じたことを紹介したいところだけど、まだ進行中の調査なので、区切りがついてからご報告を。

エイズ学会のシンポジウムの方は、思ったよりシンポジストの間に対立点がなく、なんだか淡々とした感じでした。控え室での打ち合わせの方が盛り上がっていたような…(だいたい打ち合わせが盛り上がるとダメなのよねん)。

と、帰ってきて一休みしたいところなのだけれど、やっぱり仕事がたまりまくりなのでした。とほほ。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-11-30 22:50 | Diary


<< iPhone User      →名古屋→大阪 >>