2009年 11月 24日

セミナー無事終了

以前、このブログでも紹介したセミナー、「学校で教えたい授業シリーズ」。定員を超える参加者があり、大盛況のうちに終了することができました。参加くださった皆様、ありがとうございました。

今回のセミナーでは、野宿・貧困、不登校・ひきこもり、精神障害、セクシュアルマイノリティの四つのテーマを取り上げました。僕はセクシュアルマイノリティのところを担当しましたが、基本的に中学や高校などで教えることを想定しつつ模擬授業的に実施するという課題があったので、とても難しくて、正直上手にできたという感じではありませんでした。

しかし、こちらの下手なリードにも関わらず、参加者のみなさん、積極的にワークに参加してくださり、いい雰囲気でできました。感謝感謝。

午前午後の「授業」のあと、最後は、それぞれのテーマの講師がそろってのシンポジウム…。進行の北村さんが、全体を貫くテーマを心に響く言葉で語ってくださり、心動かされました。

終了後のスタッフの打ち上げ&振り返り会では、セミナーの成功を背景に、ハイテンション(笑)。しかし、それぞれ抱えている難しさや今後の課題についても熱い意見交換がおこなわれ、この時の会話が一番充実していたのではないか、というほど密度の濃い会話が展開されました。

そのやりとりを聞きながら、僕は何度も涙ぐみました。真剣に向かい合うやりとりながら、アグレッシブではなく自分の経験や思いを伝えようとする言葉。その中で語られる子どもたちへの思い、誰もが自分自身を大切な存在として認められるような社会にしていきたいという願い…それが交錯する場に、僕は感動していました。

あれもこれもやらなくちゃいけない状況で、「あー、もういやー、忙しいのに、なんでまた、全然お金も入らないことにエネルギー注いでいるの!?」と思うことも、正直、何度かあったけど、こうして、すばらしい仲間と出会えたり、関係を深めあえたりすることは、何ものにも代え難い宝と痛感しました。

僕は経済的には厳しい生活を送っているけれど、幸い、人間関係には恵まれているなぁと思います。ほんと、ありがたいです。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-11-24 00:19 | Diary


<< →名古屋→大阪      「夢をたべる獏が夢みる夢」 >>