One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 15日

Misunderstanding about sexuality

English version is following below...

昨日は、セクシュアリティとHIV/AIDSに関する講演があった。こういう講演をするときには、常にセクシュアリティに関する「基礎知識」的なことを伝えなくてはいけない。性同一性障害と同性愛が、<基本的には>セクシュアリティの違う側面のことであること、同性愛は「選んで」いるわけではないこと、ゲイ/レズビアン・カップルの多くは「男役」+「女役」というつながりなわけではないこと…。

当事者にとってはあまりにも基本的な話なので、どこへ行ってもそのような誤解が多いことには消耗感を感じてしまうのだけれど、よく考えてみたら、カミングアウトしている人が少ない中では、ある意味しょうがない部分もあるかもしれない。

もちろん、マジョリティがマジョリティであることにあぐらをかいて座っていていいのかという問題はあるけれど、残念ながら学校でも、マイノリティへ想像力をはたらかせるような教育はおこなわれていないし。

ゲイに対する世間の誤解への不満の声はバーでもよく耳にするのだが、もしそのような社会環境が不快ならば、変えるために何かをするしかないだろう。カミングアウトは、誰にでもできる可能性のあるアクションの一つだ(「カミングアウト=オープンになる」ということではないということは強調しておきたい、自分の信頼できる人/伝えたい人にだけすればいいことだ)。やはりカミングアウトする人が増えない限り、ゲイ/レズビアンへの理解は広がらない。


Yesterday, I gave a lecture on "sexuality and HIV/AIDS"
to those who will go to developing countries for aid.
In this kind of lectures, I have to explain how
GID (gender Identity Disorder) and same-sex sexuality
are different aspects of sexuality.

Many people confuse gender identities and sexual orientations.
They tend to imagine a gay couple as a feminine role person and
a masculine role person.
Some think that feminine role persons in gay men couples are
MtF (male to Female) Transgender.
What's more, most of them regard same-sex sexuality as choices.

These misunderstanding seem very wide-spread and deep-rooted
in our society.
However, considering the situation that only small number of people
come out, I have to say it's natural consequence.
If we feel uncomfortable about such misconceptions
and want to correct, we should come out.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-11-15 06:02 | LGBT/gender


<< ものまね      「ブス」という言葉 >>