One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 24日

Memorial museum for Tsushima-maru

English is following.

沖縄滞在中に対馬丸記念館に行きました。

対馬丸は、太平洋戦争中に沖縄から疎開する人々を載せていた船で、1788名の人々が乗っていたという。その半分以上は、小学生の子どもたちだった。

その船は、米軍の潜水艦に攻撃され、1418名もの人が亡くなった(しかし、この数字は名前がわかった人たちで、実際にはもっといたと言われている)。その多くは子どもたちだった。

この話は、小学生のときから知っていたが、今回、この記念館を訪れて初めて、生存者に「箝口令(かんこうれい)」がしかれていたことを知った。遺族も、生存者も長らく苦しんで来たのだ。

子どもらの写真には、胸が押しつぶされそうになった。

同様に攻撃され、沈んだ疎開者の船は他にもあると聞いている。「対馬丸だけじゃない」という話を耳にした。埋もれて忘れられつつあることがたくさんある。

僕がいる間、この記念館を訪れる人は他にいなかった。

http://www.tsushimamaru.or.jp/index.html

I've been to a memorial museum
for remembering the tragedy of Tsushima-maru.
Tsushima-maru was a ship for refugees
escaping from the battle of Okinawa in World War II.
1788 people were recorded in the boarding list.
More than the half were elementary school children.
Tsushima-maru was attacked by a U.S. submarine,
and 1418 people died
(It is said that there were many people who were not
recorded).
I heard that some other refugees' ships were also attacked
and sunk.

I knew about the Tsushima-maru
when I was in an elementary school student.
However I've known first time that
the survivors were ordered not to tell about the tragedy
at that time.
I was about to cry when I saw pictures of children who died.

This museum near Naminoue beach is very small
and few people visit.

a0137527_11395274.jpg

[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-10-24 11:50 | Okinawa


<< ホームシック?      Impressive scen... >>