One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 05日

Transgenderism in Japan

月曜日に行っている大学では
「ジェンダーの人類学」というものを教えています。
前回は、様々な地域でのジェンダーの「越境」の話をし、
今日は日本の話を。

「女装家」で、トランスジェンダーの研究でも有名な
三橋順子さんの『女装と日本人』をもとに、
歴史に残っている異性装の例などを紹介しました。

この本は、わかりやすく日本のトランスジェンダー
(<今で言うところの)についてまとめており、
自身の経験談もとても興味深い。
ジェンダーについて考え直す上で、ヒントを得た。

しかし、一応「文化人類学」を勉強して来た者からすると、
この中で前提となっている文化観が、
ちょっと素朴かなぁという気もした。
一般読者向けということもあるのだろうけど。

僕も自分の研究成果や思考をちゃんとまとめて
書き上げねば、と改めて思った。
博論、いつ本にできるかなぁ。

I'm teaching a class in a university
on cultural anthropology of gender/sexuality.
Today I told about transgenderism in Japan,
referring to a book written by Junko Mitsuhashi
who is famous as a cross-dresser and researcher.

The book, "Cross-dressing to Women and Japan",
covers historical cases of cross-dressing widely
and her own experience as a cross-dresser is
very interesting.

However I thought her perspective on cultures
and on changes of social norms is too simplistic.
She indicates that the Japan culture
which was tolerant of cross-dressing and homosexuality
till the Edo Era has been changed by western psychiatry
based on christianity.

I think that cultures always has conflicting norms
and values. The conflict is a base of social changes.
Edo era of Japan was not exception.
Before psychiatry came into Japan,
there had already been negative attitude to those,
even though it was not dominant.

I'd like to write more about my point of view on cultures
another time...
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-10-05 23:55 | Anthropology


<< Researches on h...      the full moon >>