One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 28日

a letter from my mother

English version is below...

母親からの手紙の最後に、「秀樹の相手は名前も忘れていますが、よろしくお伝えください」と書いてあった。パートナーを紹介したのは、沖縄での博論完成パーティーで、バタバタしていて、その後二人が話すこともなかったので、「つきあっている相手を紹介したってわかったかな?」と思っていたけど、ちゃんとわかってくれていたらしい。

この言葉にいろんな思いがわき起こった。「理解」されたというより、「受け入れられた」という感覚。素直にうれしかった。心の底からありがたいと思った。

母親にカミングアウトしたのは比較的最近のこと(『カミングアウトレターズ』を出してから、それを送りつつカミングアウトの手紙を書いた)。老齢の、あまり情報もない母親に伝えることはすごく迷ったけど、今あらためて、話してよかったと思っている。

-----------

I received a letter from my mother.
In the closing of it,
she said ''Though I don't remember your partner's name,
give my regards to him."
I feel that she accepts our relationship.

It was in a party for celebrating for my doctoral dissertation
that I introduced my partner to her.
I'd come out to her half a year before.

I'd been wavering in coming out,
because she was very old and didn't much information about gay.
But I can say confidently that it was right decision.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-09-28 00:42 | Diary


<< drunken mails ?      Just Do it? >>