2009年 09月 04日

ちょっと辛抱のとき

なんだか低空飛行な日々…この感じは、ちょっと久しぶり。やっぱり発端は体調不良かな。こういうときって、やけを起してさらに悪い状況を招きがち。調子の悪いときに、いかに捨鉢にならないか、踏ん張るかが、その後を大きく左右する(と言いつつ、結構やけになるタイプ)。

実は、お腹の方は、まだ病院に行けていない。お腹の手術をした主治医に診てもらうべく、自分の予定と医師の診察日を調整中(その医師は週に1回しか診察日がなくて…)。「とりあえず、早くどこかの病院行けばいいのに!」と言われそうだけど、何度も体調を大きく崩してきた僕は、いきなりその辺の病院に飛び込んでもしょうがないことを良く知っている。

たぶん、僕を初めて診る医師に今すぐかかるより、1週間くらい遅れても、僕を手術した医師(良い医師でもあったので)に診てもらった方が、話が早いだろう。幸い、不調ながらも少し症状は落ち着いているし。でも、やっぱり手術前に少し戻った感じがして、「なんだかなぁ…」という気分。

もちろん、冷静に考えれば、これぐらいの体調不良なんて大したことじゃないし、自分は、仕事もあり、パートナーやたくさんの友人もいて恵まれているのはわかるのだけれどねぇ。

ま、調子がいいときがあれば、悪いときがあるのは当たり前。精神的筋トレの時期と思って乗り切りますです。今までも何度もこういう状況を(それ以上に悪い状況も)乗り切ってきたのだから、大丈夫。長い目でこういう時期を冷静に見ることができるというところが、年を重ねた成果だな。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2009-09-04 02:53 | Diary


<< 遺骨収集      黒部ダム >>