2016年 12月 28日

2016年振り返り

今年は、全然このブログを書かなかったー。来年は、新しく本格的なブログを立ち上げたいなぁ、と思っていますが、どうなることやら。

一年間何も書けなかったこともあり、一層、今年の振り返りを記しておきたいと思い立ちざっと書いてみることに。別に10大ニュースとか、順位付けとか関係なく。


▼2回の引越し

2011年4月に、故郷の那覇に越して以来、約5年住んでいましたが、今年の3月に川崎市へ引越ししました。もう25年くらい付き合いのある高田良実さんのお宅で間借り生活がスタート。彼女の多大なるサポートで、この引越しは実現しました。心より感謝しています。

そして、8月末にまた新宿へ引越し。こちらも知人宅での間借り生活です。住環境は厳しいけれど、でも、新宿に住みたいという思いも強くなっていたこともあり(新宿2丁目の研究者だったこともあり、新宿には思い入れと関心がある)、良い引越しでした。新宿は面白い街です。


▼ピンクドット2016の開催

2013年に始めたピンクドット沖縄も今年で4回目。沖縄を離れたものの、今年も僕と宮城由香が共同代表に。さすがに東京からあれこれ動くのは大変でした。でも、今年は、JAL JTAがスポンサーについてくださるなど、一層大きくなり、またこれまでで一番大きく賑やかなピンクドットとなりました。

米国、カナダ、オーストラリアなどからも友人、知人が来てくれて嬉しかった! クラウドファンディングをおこない、その資金で、那覇市の同性パートナーシップ登録第1号のゲイカップルの結婚式も挙げることができました。ピンクドット沖縄をご支援くださったスポンサーの皆さま、クラウドファンディングにご協力くださった皆さま、ボランティアの皆さんへ、この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。


▼新しい大学での非常勤講師

今年度、前期は、多摩大学グローバルスタディーズ学部で「身体論」、後期は岡山大学で「ジェンダーとセクシュアリティの人類学」(集中講義)、年間を通しては、東京未来大学(通信)で「ジェンダー論」を非常勤講師として教えました。

多摩大学は、3時間/回の講義で、岡山大学は1時間×30コマを五日間でやるという集中講義。多くの授業は、1時間半/回/週を15回というつくりなので、これらの形に正直「どうなるかな?」と思いましたが、なんとかやり遂げました(そりゃあ、やり遂げなくてはいけないのだけど)。


▼初めて英語で講演

上記の「どうなるかな?」以上に「どうなるかな」と思いつつ(正直、「できるかな?」と思いつつ)臨んだのが、早稲田大学での英語の講演でした。生まれて初めて英語で講演。ほとんど事前に書いた原稿を読む感じでしたが、こちらもなんとか。

海外で一度も教育を受けたことがない身の私が、英語で講演なんて無謀すぎる機会だったのですが、がんばりました(自分的花マル)。


▼ブリタニカに執筆

ブリタニカが出版している年鑑に同性パートナーシップをめぐって文章を書く機会をいただきました。ブリタニカ、といえば、私たちの年代にとっては、権威ある百科事典。小中高の頃、図書室で目立つところにあり、よく広げて見ていたものでした。その憧れのブリタニカに執筆できる機会をいただけてとてもうれしかった!


▼様々なインタビュー

東京第2期(と、3月からの新生活を呼んでいるわたし<本当は最初は川崎市居住だったけどw)の最初の仕事は、太田出版が出している『at』のインタビューでした。自分の活動や研究について丁寧に聞きだしてくださいました。

また、ライフネット生命のLifenet Journal onlineLGBTER にも登場させていただきました。

ーーー
ほかにもいろいろ報告すべきことはある気もするのだけれど、とりあえずこの辺で。

こうやってやってきたことを書くと、順調にも見えますが、もちろん、たくさんの大変なことやつらいこともありましたし、大変なことはなかなか解決せずに引きずっています。レトリックではなく、正直生き続けることを迷うことも時々あります。でも、今年も多くの人に支えられて生き延びられました。僕が今こうして生きていられるのは、周りの人の支えがあってものことです。そのことに深く深く感謝。

みなさん、どうぞ良いお年を。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2016-12-28 12:45 | Diary


     「あの時、手をつなげたら」 >>