One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 23日

祝福を

調査と実感の間にあるギャップ

最近、LGBTに関する講演で話をするとき、LGBTに関する社会調査の結果と、当事者の実感のギャップについて話すことが多い。

そのギャップとは、LGBTが自殺傾向が高かったり、メンタル的な問題を抱えがちという研究や臨床の現場の実感がある一方で、多くの当事者は「日本では差別はない。自分は悩んでないし、このままでいい」と口にするというものだ。その実感は「ウソ」ではないと思う。

では、そのギャップの間に何があるのだろうか。僕は、大き分けて、次の三つをあげる。

まず最初に、より恵まれている条件(心身のタフさや、経済状況、人間関係の良好さ等)を持っている人は、社会的な抑圧があっても大きな問題が起きにくく、それを感じにくいこと。二つめは、抑圧状況に慣れていて、それが当たり前だと思っているということ。そして、三つめに、心理的否認が働いていること、だ。

だが、感じていないからといって、社会的な抑圧による問題が生じないということではないのだと思う。継続して負荷がかかり続けたり、小さな傷(小さ過ぎて気づかない程度のものでも)が日々つき続けると、何かの問題(失業や、大きな失恋や、大事な人の死、仕事上の大きな問題、病気など)が起きたときに、金属疲労のようにポキッと折れてしまうのだと思う。

そして、それらの直接的原因は、LGBTとしての問題ではないことが多いがゆえに、その問題とは関係ないかのように見えることだろう。しかし、その土台には、属性と関連した負荷がかかり続けたこと、傷を負い続けたことがあるがゆえに、調査すると属性と関連した形で、先のような調査結果がでるのではないだろうか。


思い出す仲間たち…

僕は、悲しいことに、これまで多くのゲイの友人たちが様々な問題に苦しんでいるのを目の当たりにしてきた(もちろん、自分も色んな問題に煩悶することも多い)。彼らは、基本的に、それぞれの時点ではゲイであることを「悩んで」いたわけではない。

しかし、何かの話の中で時折出て来るのは、幼少期に女っぽくて揶揄されたこと、いじめられたこと、家族の中で疎外感を感じて来たことといったことだったりする。あるいは、本人は、自分がゲイであることと結びつけて考えていないが、外から見ると、どうしてもゲイであることと、その人が抱えてる問題がリンクしていると思わざるを得ないこともたくさんあった。

「LGBTがより生きやすい社会だったら、あの人は、あんな亡くなり方をしなかったのではなかっただろうか…」と思う人は一人や二人ではない。また、後に残されたパートナーが、社会的に正式に認知されていないがゆえに、辛い経験をしているのも何度も見てきた。


希望を

「このままでいい」と自分のことに関して思う人でも、「愛する人や大切な人にはできるだけつらい思いをさせたくない」とか、「これからの若い人たちにはできるだけ夢や希望を持って生きていって欲しい」と思う人も少なくないはず、と僕は信じている。

僕が、クラウドファンディング「READYFOR?」で、「沖縄で同性カップルの里帰り結婚式をあげ、日本でもっとLGBTや同性カップルが認められるようにしたい!」というプロジェクトを出したことも、そのような思いとつながっている。

[クラウドファンディングとは、ネット上で寄付を募るもの。「READYFOR?」は、設定金額に達するとその寄付金が受け取れ、到達しないと受け取れないという仕組み(支援者はクレジットカードで支払い手続きをし、設定金額に達した場合には課金され、達しない場合には、課金されない)]

もちろん、一樹さんとハロルドさんという素敵なカップルを祝いたい!というシンプルな願いも強い。

けれど、土台には、「彼らの結婚式を皆の前で挙げられたら、どんなに多くの人に希望を与えるだろう?」という思いがある。

もちろん、幸せの形は、パートナーがいることだけではない。しかし、同性カップルを応援するために全国の(そして海外からも)多くの人が資金を出し合い、皆の前で祝福されることは、とても大きな象徴的な意味があると思う。

ある意味、そのときに祝福されるのは、彼らだけではないと思う。そこで祝福されるのは、同性に恋をした経験がある者であり、同性に性的な思いを抱く者であり、同性の恋人/パートナーを持つ者であり、同性のパートナー/相方と共に生きている人、生きた人、そして、そういうことがこれからあるかもしれない人なのだ(つまり、私自身も含まれる)。そして、性的指向や性自認をめぐりマイノリティである者たち皆、さらには、そのような人たちのそばにいる仲間たちも。

この挙式が実現するときに、私は、先に書いた、苦しんだゲイの友人たちのことも思い出し、彼らが生まれ生きたこと/生きていることへ、感謝の思いを込めた祝福の言葉をかけるだろう。ありがとう、一緒に生きてくれて、と。


ーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーー
→ ブログトップへ
[PR]

by hideki_sunagawa | 2014-04-23 21:45 | LGBT/gender


<< 母親の言葉      お守りを届けたい >>