One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 20日

社会の変化を感じた日…

前回書いた、ゲイネタへの反応もLGBTあるいは同性愛に関連して「社会の変化を感じた」ことの一つだが、その出来事と同じ週にあった別のやりとりにも、同じような変化を感じることができた。

それは、レインボーアライアンス沖縄で申請した、那覇市の福祉系の助成金申請に伴うプレゼンテーションでの雰囲気だ。以前、沖縄県のNPO関連の事業委託のプレゼンテーションで、驚くほどひっどい対応を受けたことがあったので、「どうせ、またヤな感じなんでしょ…」と思いつつ向かった(「ヤな感じ」の対応を受ける、というのは、LGBT関係のものでは、ごくごくありふれたことなのだ)。

しかし、審査員の人たちの話を聞く態度、質問内容ともに真摯なもので、こちらの内容をちゃんと受けとめてくれているという印象を受けた。本来なら、関心の無い問題でもプレゼンテーションは真摯な態度を示すべきものなのだろうが、LGBT関連はそういう態度を示さなくてもいいかのような対応をこれまでさんざん受けきたものとしては、驚きだった。

そして、その後の発表でプレゼンテーションが通り、大きな額ではないが助成金をいただけることになった。これからおこなうLGBT講座のためのテキストづくりや、基本的な知識が得られるサイトづくり等のためのもの。

沖縄で福祉系の助成金でLGBT関係に下りたのは初めてだと思う。那覇市は、ピンクドットの共催ともなってくれたし(なは女性センター等の後押しのおかげなのだが)、本当に、素晴らしい。

もちろん、これは、社会全体が大きく変わったということではない。福祉系のものだったから、ということもあるかもしれない。今も、先に挙げたところの審査員はひどいままかもしれない。しかし、確実にそうではない人たちが増えているということだ。マイノリティ活動は社会をひっくり返すもの、というより、共感する人、協力する人を少しずつ増やしていくもの。その先に大きな制度的変化がある。

沖縄に帰って来るときの動機の一つに、沖縄なら(というくくりは大きいかもしれない、「那覇なら…」だろうか)、東京のような大規模な都市とは違い、変化が見えやすいはず、というものがあった。その予想はあたっていたと思う。しかし、まだまだやるべきことがあるような気がする。がんばらねば。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2013-10-20 21:25 | LGBT/gender


<< 親友の命日に      「ゲイネタ」がウケなくなる日 >>