One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 24日

ウェントワース・ミラーのカミングアウト

「プリズン・ブレイク」の主演で有名なウェントワース・ミラーが、ロシアで開催される映画祭からの招待を「ゲイとして、断らなければなりません」と辞退したというニュースが話題となっています。彼がゲイであることを公にしたのは初めてです。

彼の手紙は、glaadという、LGBTが平等に扱われる社会を目指して、特にメディアに働きかける取り組みをおこなっている団体のサイトで公開されています(→

日本語に訳してみました。

ーーーーー
2013年8月21日

Re: サンクトペテルブルク・フィルム・フェスティバル/"特別ゲスト"の招待

Averbakh様

ありがたいご招待に感謝します。過去にロシア訪問を楽しんだことがある者として、また、ロシア人の祖先の系譜を持つものとして、yesと言えたなら、幸せだったと思います。

しかし、ゲイとしては、断ざるを得ません。

私は、最近のロシア政府による同性愛者に対する態度、扱い方にとても心苦しく思っています。この状況は、決して認められるものではありません。よって、良心に基づき、私はこのような国で開催される祝典に参加することはできません。そこでは、私と同じような人たちが、オープンに愛し、生きるという基本的な権利を制度的に否定されているのです。

おそらく、状況が改善されることがあるなら、そのときには、私は違った選択をすることができるでしょう。

そのときまで。

Wentworth Miller

Member, HRC
Member, GLAAD
Member, The ManKind Project
ーーーーー


実は、「プリズン・ブレイク」観た事が無い…今度観てみようかな…



なんと、Amazonでブロマイドも売っている…


[PR]

by hideki_sunagawa | 2013-08-24 14:13 | LGBT/gender


<< 二つのLGBTに関する講演      ピンクドット沖縄 >>