One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 20日

東京滞在記(2013.4.15-19)

沖縄に戻ってから丸二年、一年ぶりの東京だった。

4泊5日と長めの滞在だったが、ピンクドット沖縄の挨拶のためにいくつかのバーをまわり、関連イベントのオーガナイザーと打ち合わせをし、ゴールデンウィークから始める予定のカフェ用の什器を物色し…と、結局ばたばたしているうちに過ぎた。お会いしたい人はたくさんいたけれど、皆に声をかけられないままになってしまったのが心残り。

今回の東京滞在は、僕<が>つながりたい続けたい人たち、僕<と>つながり続けたいとと思ってくれている人たちが誰なのか、ということを考えさせられるものだった(もちろん、会えた人たちだけがそうという意味では決してなく)。

僕を「お帰り」と迎えてくださった方々。そうは口にしなくても、そういう雰囲気で会ってくれた人たち。皆、忙しい日々を過ごしているのに、僕と会うために時間をつくってくれたたり、声をかけたのに時間を空けてくれたり…本当に、感謝するばかり。

そんな中、僕の心を動かした再会の一つは、やはりシューレ大学の人たちとのものだった。行けるかどうかわからなかったので、到着してから連絡をとり、訪問したいと伝えた。急だったので、スタッフの朝倉さんと顔を合わせて、お土産を置いてくるだけのつもりだった。

しかし、学生さんも10人くらい集まってくれて、お話をする時間をもうけてくれた。皆が待っている教室に入ったときには、胸が熱くなった(心の中では、泣いていた)。

そして、GRADiやピンクドット沖縄について紹介しながら、沖縄に住んでから感じていること、考えていることについてお話した。二年前、東京を離れる直前にも同じようにお話をする時間をいただいたが、その後の私…という感じの話となった。

質疑応答も含めての1時間20分ほどだったが、この二年間で感じてきたこと、今感じていることを最も率直に語った時間だったような気がする。シューレ大学は、いつも正直な気持ちを安心して語られる雰囲気をつくってくれる。

東京を離れるときの会でも、核心をつく質問を受けたが、今回も。ここで受ける質問は、いつも僕に自分をしっかり振り返り、今後どうするのか、どうしたいのか考えるきっかけをくれる。

今回のやりとりを通して、僕にはまた一つの目標ができた。その目標を実現するためには、まずは、今やっていることをしっかり軌道に乗せなくてはいけない。そのためにがんばろう、と決心を固めた。

話が終わった後、朝倉さんは、日本国憲法に男女平等の文言を入れるのに尽力したベアテ・シロタ・ゴードンさんの「ふるさと観」を僕に教えてくれた。彼女は、ロシア出身の両親を持ち、オーストリアの国籍を持ち、幼い頃から日本に滞在し、その後米国へ(そして米国籍へ)という背景を持っているが、彼女は、ふるさととは大切な人たちのいる場所のことと語っていたという。

僕は、「沖縄も東京もふるさと」と場所のくくりだけで語っていたけれど、実は、シューレ大学などのように、「おかえりなさい」と言って迎えてくれる場や関係性こそが、ふるさとなのかもしれないなぁ、と思った。







[PR]

by hideki_sunagawa | 2013-04-20 15:02 | Diary


<< 情報あれこれ      誰かのためのコーヒーを買うということ >>