One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 16日

催しのお知らせ

GRADiで開催する催しのお知らせです。(1)、(2)どちらとも、どなたでもご参加頂けます(要事前申し込み)。

(1)「自分をケアするワークショップ~コラージュ体験~」

 コラージュとは、画用紙に切り取った写真や絵をのりではりつけて作品づくりをするものです。静かな自分のための時間のなかで、工作気分で作品づくりを楽しんでみませんか。
 講師は病院臨床、教育関係で経験を積んだ臨床心理士の島袋裕子(GRADiアドバイザー)がつとめます。島袋自身、病院臨床でコラージュグループをおこない、一緒に作成してきたことで、その楽しさ/奥ゆきに魅了された一人です。当日は、各大きさの画用紙を用意しておきますので、それぞれの気分で選んで制作していただき、持ち帰っていただく予定です。
 なお、このワークショップは、特に心理状況を診断するものではなく、コラージュを楽しむことで気分転換をはかるものです。講師はコラージュづくりを楽しむ立場にいるのでお気軽にご参加ください。

日 時:8月29日(水)午後6時半〜8時半
参加費:1,000円(茶菓付き)
定 員:8名(申し込み順)
申込み・問い合わせ:gradi☆me.com (☆を@に変えてください)
持参いただくもの:はさみ
(+できれば、写真の多いいらない雑誌や広告などを持参ください)



(2)「男女共同参画」を意識したコミュニティ活性化連続講座
   ~「コミュニティ心理学」から学ぶ~(全3回)


「那覇市協働のまちづくり事業補助金」を受けて、「レインボーアライアンス沖縄」が開催する連続講座(4つのテーマ、各テーマ3回の構成)です。
 最初のテーマは、私たちの生活で起きる問題をコミュニティや社会という視点からとらえていく「コミュニティ心理学」です。「コミュニティ心理学」とは、社会的な文脈に人間の存在を置き、環境との適合、誰もがもともと持っている強さやコンピテンス(能力)を重視します。そして、問題の予防、人々を力づけていくという視点から、問題解決への選択肢を拡げます。
 3回とも出席できる方を優先いたします。講師は、琉球大学などで非常勤講師として心理学を教えている大嶺和歌子さん(臨床心理士)です。

第1回「コミュニティ心理学とは。その成り立ちと考え方。」
日 時:9月9日(日)午後3時~5時

第2回「ストレス。メンタルヘルスとコミュニティによる支援。」
日 時:9月16日(日)午後3時~5時

第3回「エンパワメント。弱者救済から市民参加という考え方へ。」
日 時:9月23日(日)午後3時~5時

主 催:レインボーアライアンス沖縄
参加費:無料
定 員:15人(全3回出席できる方優先)
申込み・問い合わせ:gradi☆me.com (☆を@に変えてください)



GRADiの場所は、サイトでご確認ください。→ http://gradi.jp/

ーーー

講師を務めてくださる大嶺和歌子さんにうかがったところ、コミュニティ心理学に関して、以下のような入門書ことを教えてくれました。僕も今、勉強しているところです。




[PR]

by hideki_sunagawa | 2012-08-16 15:07 | notice


<< 「ゲイ・ホロコースト」      GRADiのミッション >>