One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 16日

LGBTニュース紹介 04/16

ニュースを翻訳したりまとめたりする気力がなく、約一ヶ月休んでしまいましたが、久々に。

ーーー

▼サンクトペテルブルクで「反同性愛プロパガンダ法」により逮捕者

4月8日(日)、ロシアのサンクトペテルブルクで、「反同性愛プロパガンダ法」に違反したとして、Sergey Kondrashov氏が逮捕された。

彼は、「家族の親愛なる友人の一人はレズビアンだ。私の妻も私も、彼女のことを愛しているし尊敬もしている。そして、彼女の家族も、私たちと同様に。」というプラカードを掲げたことを理由に逮捕された。

サンクトペテルブルクでは、(このニュース紹介でも何度も紹介したように)、同性愛を「推進する」ような言動を公にとることを違法とする法律が制定された。

現在、この逮捕への抗議とSergey氏への支援のための署名が呼び掛けられている。

*署名のページ(英語)*


▼ハンガリーでも反同性愛法案が上程される

ロシアで施行され広がりを見せている「反同性愛プロパガンダ法」と同様な法律が、ハンガリーの極右政党によって、国会に提出された。

これは、「反秩序的性行動、特に同性間での性的関係」を肯定的に表出することを禁止するための三つの法案で、そのうちの一つは、憲法修正だという。この法案が通れば、「反秩序的」と判断されるイベントや発言が禁止される。

罰則としては、罰金刑の他、3年までの(ケースによっては8年前での)禁固刑が科せられる内容。。なお、この法案の策定をもくろむ極右政党、Jobbik党は、ハンガリー国会の386議席中47議席を持っている。

また、首都ブタペストの警察は、今年の6月に予定されているLGBTプライドマーチの開催許可を却下している。

*このニュースを伝えるPink Newsの記事(英語)*


▼ガンビアで三人の同性愛者が逮捕される

二人のガンビア出身の女性と、一人のナイジェリア人の男性が同性愛行為を理由に逮捕されたと、ガンビアの新聞が報じた。

ガンビアのYahyeh Jammeh大統領は、今年のはじめに、同性愛は外国の文化的現象であると言い、「私たちは、人権とはどういうものか知っている。同性の人間は結婚できないし、デートもできない。私たちの文化を壊すことが人権と考えるならば、それは大きな間違いを犯している。もしそうならば、ガンビアにいることが間違っている」と明言していた。

同国では、同性間の性行為は、最高で14年の禁固刑に処せられる犯罪と位置づけられている。ガンビアはイスラム教が中心の共和国である。

*このニュースを伝えるPink Newsの記事(英語)*


▼米国でカミングアウトと健康の関する調査結果が発表される

両親にゲイ、レズビアン、バイセクシュアルであるということをカミングアウトしている場合、特にその親が支援的ならば、精神的健康状態がより良好であるという、研究結果が報告された。

この研究は、ボストン大学の研究チームによるもので、薬物濫用の傾向性などが低くなるという結果などが示されている。

例えば、ゲイやバイセクシュアル男性では、両親が支援的でない場合、深刻な鬱やアルコール濫用で苦しむ傾向が6倍〜7倍高かった。レズビアンやバイセクシュアル女性では、鬱が5倍、薬物濫用が7倍高かった。

この調査は、18歳〜64歳の5658人を対象としたもの。うち75%が親にカミングアウトしており、その平均年齢は25歳だった。

調査からは、カミングアウトによる健康への好影響は、女性の方が高いことも明らかになった。これについて、調査者のRothman博士は、「一般論として、ゲイやバイセクシュアル男性の方が、セクシュアリティにかかわる生活を両親から切り離すことに関して、よりストレスが少ないのではないか」と語っている。

*この調査結果を伝えるPink Newsの記事(英語)*
[PR]

by hideki_sunagawa | 2012-04-16 06:00 | LGBT/gender


<< 一周年      引き継ぎながら >>