2012年 04月 07日

東京滞在記5(完)

東京に住んでいる間は、沖縄に長期滞在すると、東京に住んでいるのが幻のよう…といつも感じていたが、沖縄に住むようになると、全く逆の感覚になる。

幼い頃に4年間ほど尼崎市に住んでいたので、沖縄を一旦離れる前の沖縄居住歴は16年間。山梨の大学に入ったことで、3年間山梨県都留市に住むことになり、大学4年生の頃に東京へ引っ越し。そして、東京に21年間住んだ。そう考えると、長さで言えば、東京に住んでいた期間が一番長いことになる。

もちろん、幼い頃の方が周りからの影響を受けやすいので、単純に年数では比較できないけれど、ゲイとして自己受容をし、関係性を築いたのは沖縄を離れてからなので、東京の影響も大きい。

そういう自分は、山梨や東京にいる間、まわりの景観だけでなく、コミュニケーションの取り方や関係性の築き方もだいぶ違うなぁ、と感じていた。でも、沖縄の中にいても、自分が内面化した異なるあり方を強く感じる(両親が宮古島出身ということも関係しているだろう)。

どこにいても、異なりを感じる、その感覚は、文化人類学という学問分野に身を置いて以降、一層意識するようになった。それは、往々にして、寂しさや痛みのようなものを感じさせるが、観察したり、思考を深める上では重要なものとなっている。


東京にいる間も、改めて、人々の表情、振る舞い、コミュニケーションの取り方が、自分が馴染み戻りつつある那覇のそれとは違うなぁ、と感じた。もちろん、すぐに東京の雰囲気にも馴染むのだけれど。

引っ越してから、東京に滞在するのは三度目だった。最初は、移行期間みたいなもので、「のりしろ」だな、と思っていたけれど、それともまた違うのかもしれない。二つの位置を行き来する往復運動のような感じ…うまい喩えは見つからないけど。

いずれにせよ、この二つの故郷を持つことができたことは、僕にとって豊かな思考的な実りをもたらすものであることは言うまでもない。最近は、どん欲さを増して、海外にも出たいなと思ったりする(あまりにも色々な障壁があって、難しいけれど)。

って、あまり東京滞在記的な文章ではなかったけれど、なんとなくまとめとして。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2012-04-07 12:43 | Diary


<< 引き継ぎながら      東京滞在記4 >>