2011年 12月 28日

一年を振り返りつつ

今日は誕生日。年の瀬なので、この日に、この年/歳を振り返ることが多い。一年前の日記を読むと、春に沖縄へ引っ越すことを念頭に次のように書いてあった。

「44歳は、大きな変わり目の年になる。ローカルなもの、リージョナルなもの、グローバルなものを意識しつつ、活動していきたいなぁ、と思っている。不安も大きいけれど、楽しみでもある。」

いつも「一年後はどうなっているだろうか」という思いがある。そういう意味では、本当は不安の方が大きい。でも、「何がどうなるか、わからない」は、「とても素敵な日々を送っているかもしれない」ということでもある。

誰と出会って、どういう関係を築いているのか、どういう生活をしているのか、どういう役割を社会の中で果たしているのか…、これからも、それを敢えて「楽しみ」と意識していきたい。

活動は、ようやくローカルなところに根付きつつ始まったところ。少しずつ無理せず広げていければいいなぁ、と思っている。


東京で3月11日の経験をした後に沖縄へ引っ越し…という経験には、今も言葉にできない複雑な気持ちを抱えている。でも、奇妙な表現だけれど、あの時、東京にいたことは良かったと思っている(もちろん、あの震災はなかったほうが良かったわけだけれど)。その後の東京には、まるで大きな裂け目が入ったような印象を受けた。物理的な意味じゃなく。そしてどんよりしていた。今は、もう「戻った」ように見えるけれど、それはシートのようなもので覆われているだけだ。

その後の、原発をめぐる問題を代表的なものとして、日本の様々な領域の制度がどうしようもないほどに腐敗し崩壊していたのだ、ということを目の当たりにし、そして今、社会の進んでいる方向を考えるととても憂鬱になる。

僕自身の生活は、「裕福」と言えるものではないし、いつ喰えなくなるわ分からないような生活だけれど、たくさんの人の支え(=愛)を受けて幸せだ。しかし、だからこそ、社会がどんどん弱い立場にいる人を切り捨て、その中で文字通り命を失っていく人たちがいることに胸が痛む。

社会のこの流れを変えるのは非常に困難に見える。でも、やはり少しずつ、自分のできることをやっていくしかない。最近出会ってこのブログでも触れた、「木ぃんかいささがす゜ばーんかい、かたてぃしささがりよ」(木にぶら下がる時は、片手でぶら下がりなさい)という言葉を胸にしつつ。


…と、一年を振り返ってしまったので(笑)、次回は年明けにでも。ということで、皆さん、良いお年を!
[PR]

by hideki_sunagawa | 2011-12-28 16:20 | Diary


<< 今年もよろしくお願いします      復活(?) >>