2011年 10月 24日

沖縄の産業まつり

昨日、一人でぶらりと「第35回 沖縄の産業まつり」に行ってきた。年に一回の開催のはずなので、僕が10歳頃からやっていることになる。最初の頃とは、比較にならないほど規模は大きくなっている様子。

a0137527_14274859.jpg様々な飲食物のブースが出ているし、陶器や、工芸品、新しい技術を使った製品等などが出品され、とても充実していた。

植木が売られているコーナーで15万円のブーゲンビリアを発見。とても太い幹なので、樹齢はかなりなのだろう。

しかし、高さは175センチくらいで、広がって育つブーゲンビリアなのに、あまり枝葉は広げられていない。

こういう風に育てるのが難しい&年月がかかる=高価、と予想。

他にも、45万円もするソテツとかも。ソテツは、どうやら幹からたくさん子株が出ているのが高いようだ(たぶん、その形のバランスとかもあるのだけれど)。


沖縄の在来柑橘類「カーブチー」(見た目は、少しシークワサーに似ている)の100%ジュースもあった。カーブチーは、ライムのような風味があって、僕は好き。小さいのに種が結構あったりするせいか、あまり商品化されていない。でも、やはりジュースにして売っている会社もあるんだなぁ…。


a0137527_14301860.jpgその後、伊江島のラム酒を売っているブースで、やはり伊江島で栽培されたミントを使った「モヒート」を。

ラム酒だけど、気のせいか、少し泡盛のような風味がするような…。あと、ラム酒と言っても甘いわけではないんだ?と思ったり(アルコールに詳しくない)。

でも、青空の下でモヒートを飲むのはいい気分。


そして、持ち帰り用に、生姜ジャムと、田いもチーズケーキ、城(ぐすく)まんじゅうを購入(なんだか甘いものばかり)。

a0137527_14285810.jpgチーズケーキとまんじゅうは、帰りに母親のところに寄って食べたけれど、どちらもとてもおいしかった。

田いもチーズケーキは、以前友達と行ったことのある「田いも工房 きん田」(那覇新都心)のもの。そのときは、田いもパイを買って帰ったのだが、チーズケーキの方もおいしかった。でも、僕は、田芋の味が一層感じられるパイの方が好きかな。

城まんじゅうは、それをつくっている会社の名前も「城まんじゅう」と言うようだ。北中城のお店。ブースでも売っていながら買わなかったおいなりさんも気になる…。いつか食べてみよう。

ちなみに、まだ開けていないが、生姜ジャムは、「SU-SU-SOON」というごはん屋さんのオリジナル商品のようだ。こちらも楽しみ。


沖縄は(たぶん、ある程度の大きさまでの地方は)、こうして地元でつくっているものが身近な感じがするのがいい感じ。来年は、もっと時間をとって行くことにしよう。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2011-10-24 06:08 | Okinawa


<< 知られざる歴史〜「みなと村」      学歴って… >>