One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 07日

東京滞在記(後編)

▼ICUとの縁

10月3日には、ICU(国際基督教大学)で、「セクシュアル・マイノリティをめぐるエスノグラフィ」、「セクシュアリティ再考」という二つの講義をおこなう機会をいただいた。

もともとICUとは不思議なくらい縁がある。学生数は多くない(3000人くらい?)大学なのに、この学校の出身者との出会いがこれまでたくさんあった。HIV/AIDSの活動で知ったICU出身者は数知れず。それ以外でも、現在のパートナーの「くま絵師・悠」を含め、多くのICU出身者の知り合いがいる。

これは、単なる「偶然」ではなく、ICUの学生/出身者に社会問題意識が高い人が多く、かつ中でもマイノリティについての問題に関わる人が多い(よって、HIV/AIDSの問題やセクシュアルマイノリティの問題にかかわる人がそれなりにいる)ということによるのだろう。

そんな学生たちなので、ここでの講義は、ちょっと緊張感を持ちつつも楽しみでもあった。やはり、どちらの授業も学生たちはとても真剣に聞いてくれた。聴きに来てくれていた別の大学出身の知人は、その真面目な態度にただただ驚いていた。


▼つながる話

この講義の準備をしている間は、前日の文化人類学会関東地区懇談会で話す内容と全然違うものだな…と思っていたけれど、実際に懇談会を経て、この講義に臨むと、いろいろなつながっているような気がした。

「セクシュアル・マイノリティをめぐるエスノグラフィ」は、僕が日本の文化人類学の世界で、あるいはもっと広い領域での表象に対しておこなってきた「抵抗的実践」についての話だったし(「抵抗的実践」という言葉は使わなかったけど)。

「セクシュアリティ再考」は、僕が研究を始める/続ける動機の土台にある、「セクシュアリティはプライベートなものか?」という問いをめぐってのものになったし。

あらためて、自分がやってきた研究と活動と、そしてこうやって人に伝えるということが深くつながっていることを感じた二日間となった。


▼学生との語らい

講義終了後は、ICUのCGS(ジェンダー研究センター)に残り、学生たちと色々な話を。ゲイの学生二人ともたくさん話すことができた。彼らは、二人とも、AO入試で提出するアピール文にゲイであることを書いたとか。

不利になるかもしれないそういうことを書くことを、「なぜわざわざ?」と言う人もいるかもしれないが、それは、彼らがやってきた活動内容や考えてきたことと深く結びついているからだ。本当は、そういうアイデンティティを書きたいと思ったら逡巡なく書ける社会でなければならない。

他にも、マジョリティとして、性的マイノリティの人からカミングアウトを受けたときにどう向き合うか、ということを真剣に考えている学生と会えたのも良かった。


▼希望をもらって

そんなやりとりや出会いを通じて、明るく充実した気持ちを得られた二日間だった。正直、相変わらず、経済的な状況は厳しいし、先の目処も立ってないけれど、でもまだなんとなってはいるし(これがもっと困窮したら、また「もう生きていけない…」と落ち込むのだろうけど)、こうして話す場をいただいて、いろんな人と出会えるのは、実に幸せなことだ。

この前も書いたけれど、沖縄での活動も本格的に始めようと思っているので、その希望をエネルギーにして、ぼちぼちとやっていこうかな、と。ま、東京で経験した大変な状況はできれば繰り返したくないので、ゆるゆると。

でも、それよりも生業をなんとか確立しないとなー
[PR]

by hideki_sunagawa | 2011-10-07 09:29 | Anthropology


<< 東京滞在記(番外編?)      東京滞在記(前編) >>