One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 28日

おすそわけ

(お知らせ)今週末から来週にかけて、研究会の発表や講演が立て込んでいるので、1週間ほどブログ更新休みます。

====

昨日、友人からもらった「ナーベーラー(へちま)」(実家でできたものらしい)をいただいたので、味噌煮にした。ナーベーラーの味噌煮を沖縄本島の方言では、「ナーベーラーンブシー」と言うとか。宮古島では、へちまは、「ナビャーラー」らしい。

宮子方言音声データベースというサイトを見てみると、「ナビャーラー」の並びに味噌煮を表す言葉はない。代わりに「ナビャーラアイムヌ(へちまの和え物)」が。宮古島では、味噌煮よりも和え物の方が主流なのだろうか。

a0137527_20314776.png


あ、今回は、方言の違いについての話が主題ではなく…おすそわけの話。


今日は、某センターの元気のいいMさん(と書けばわかる人はわかるw)と、街角で偶然遭遇。「これから仕事に行くとこ」という彼女は、「今、リーズナブルなワイン二本買ったからさ…、どっち持ってく?」と言って、「え?そんな、たまたま会っただけなのに…」と言う僕に、「こっちあげるねー」と。

そんなやりとりを見ていた、彼女と一緒にいた男性が、「本当は二本持ってくのが重いからだよー」と冗談を言って、僕が恐縮する気持ちを和らげてくれた。

彼女の持つ明るさは前から大好きなのだけれど、このやりとりは、なんだかほんわかして気持ちがほぐれた。


その後、亡くなった姉の仏壇に手を合わせに(ちょうど7回忌と東京での仕事がかぶってしまったので、前もって行ったのだった)。

すると、気のいい義兄は、なぜか部屋の中にケース単位で積まれている飲料の山から、あれこれピックアップして袋につめてくれた。「もういいよ、ありがとう」という声もおかまいなく、段ボール一つの飲料水と、大きなレジ袋二つ分&半ダースセットのジュースをいただくことに。


ナーベーラーをくれた彼女からは、前もトマトソースやら肉じゃかやらをいただいているし、この前具合が悪くなったときに来てくれた友人からは、遊びに行った帰りに、カレーやヨーグルトデザートをもらったり。

引っ越してすぐの頃、親戚がつくっている野菜がたくさんあるから…と持って来てくれた人も。姉も、僕が調子の悪いときなど、通勤前に遠回りしてドアノブに食べ物をかけていってくれたりする。

こういうおすそわけって、なんかいいなーと思う。あ、自分がもらってばっかりだから、じゃなくて(自分でつくったものではないけど、一応自分も時々はおすそわけ的な贈り物をしているつもり…明らかにもらう方が多いけど)。

おすそわけじゃないけど、引っ越したときに、友人たちがお金を出し合って買ってくれたガス台や炊飯器も、ほんとありがたかった(やっぱりもらう方が多い)。

こういう関係があるのって、ほんとほっとする。支えられている感があって。僕も、もっと色んな人に支えている感を与えられるようになりたいなー。やっぱり、そのためには生業をなんとかせねば…。


あ、余談だけど、ナーベーラーンブシーはとても美味しくできました(笑)
[PR]

by hideki_sunagawa | 2011-09-28 21:12 | Diary


<< 東京滞在記(前編)      オープンリーゲイなんですけど… >>