One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 10日

土地の名

先日、散歩をしている時に、小さな公園で碑らしきものを見つけた。「西暦1700年頃の那覇」と書かれている。そこには、那覇の河口地域が埋め立てられていく前の地図があった。

a0137527_18294531.jpg


慣れ親しんだ土地の名前がある(もしかしたら、一部は「今の地名でいうところのここあたり」という意味で書かれているかもしれないので、確認が必要だけれど)。

僕が育った「波の上」は、まさに波の上って感じの場所だったんだ…と実感。浮島も、名前通りに島だ。泉崎も、やはり「崎」だったのか…。そんな歴史を知るのと、土地の見え方が変わってきて面白い。

この地図の元となっている史料や、他の歴史的史料を見てみると、さらに自分の知らない那覇、沖縄の姿が見えてくるのだろう。


僕は、東京を離れるときに、もっともっと東京を知れば良かったな…と後悔した。研究のテーマが新宿二丁目だったので、新宿の歴史や、東京の概史は勉強したけれど。

もちろん、土地を離れても知ることはできるし、東京についてはそうしていくつもりだけれど、生活している土地について知ることは、また違った感覚を得られる気がする。

これから、少しずつ、楽しみつつ、那覇や沖縄について知っていくことにしよう…。
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-09-10 18:37 | Okinawa


<< 中秋の宴      沖縄再発見(コミュニケーション編) >>