One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 04日

ヘイト・クライム(憎悪犯罪)

▼米国のヘイトクライムについて

ヘイト・クライム(Hate Crime:憎悪犯罪)というのは、属性に対する偏見や差別意識に基づいておこなわれる犯罪のことだ。米国では、「人種」の違いということが一番の問題となるが、性的指向もヘイト・クライムの対象となりやすいということで、統計もとられている。

FBIが発表している統計によると

2009年、8336件のヘイト・クライムで、単一属性に対するもののうち

 ー 17.8%は性的指向への偏見に基づくものである
 ー その1482件のうち
    55.1%は男性同性愛に対する偏見による
    26.4%は同性愛に対する偏見による
    15.3%は女性同性愛に対する偏見による
    1.8%はバイセクシュアルに対する偏見による
    1.4%は異性愛に対する偏見による

となっている。しかし、FBIが把握している数字はごく一部であり、実際には数倍にものぼるとも言われている。

▼2009年に米国で成立した法律

a0137527_1531889.png2009年10月にオバマ大統領がサインして発効された法律に「マシュー・シェパード&ジェイムス・ビアード・ジュニア、ヘイト・クライム予防法(the Matthew Shepard and James Byrd, Jr. Hate Crimes Prevention Act)」というものがある。

1998年、ゲイに対する偏見を持つ若者によってむごい殺され方をされた大学生Matthew Shepardさんの名前と、同年、黒人であるというだけで白人によって惨殺されたJames Byrd, Jr.さん(彼はトラックにくくりつけられ約5キロもひきずられて亡くなった)の二人の名前がつけられた法律だ。

この法律によって、性的指向や性自認などに対する犯罪も連邦政府が訴追できるようになった。また、連邦政府が各地域の裁判への援助ができるとされている。今年の6月には、その法律を効果的に使っていくためにと、司法省とLGBTコミュニティの代表者たちとの意見交換もおこなわれているようだ(→FBIの報告)。

上の写真は、Matthew Shepardさんの母親によって書かれた本 "The Meaning of Matthew" の表紙。彼女は、彼が亡くなった後、LGBTの権利を訴える活動家になり、夫(Matthewさんの父親)と共にThe Matthew Shpepard Foundationを設立し、特に若者の問題にかかわっている。


▼トルコで「名誉殺人」で殺されたゲイ男性

もちろん、LGBTであるがゆえに殺害される事件が起こっているのは米国だけではない。イスラム圏などでは、「名誉殺人/名誉の殺人」と呼ばれる殺人事件がしばしば起こるが、これは、女性が社会的に課せられた性的な規範を逸脱したと判断されるときに、その父親や男兄弟から殺害されるというものだ。

それは、女性が婚姻前や婚姻外の性関係、あるいはそう疑われる関係があった場合に対象となる(それは女性がレイプ被害を受けた場合でも同様)。つまり、もともとジェンダーやセクシュアリティの規範にまつわるものであるから、LGBTもその対象となり得るのだ。

2008年に、トルコで初めて、オープンリーゲイであるがゆえに「名誉殺人」の犠牲になったと言われているのが、Ahmet Yildizさんだ。2007年にサンフランシスコで開催された国際的なゲイの集まりでもトルコの代表として参加していた。
a0137527_144423.png
しかし、家族から「病院へ行って(ゲイであることを)治すように」と執拗に言われて、脅されていたという。そのことを検察に訴えても却下され、その五ヶ月後に殺害された。

[右の写真は、彼(左側)を追悼し、その悲劇を忘れないようにとYouTubeにアップされていたもの。一緒に写っているのはパートナーだろうか…。→YouTube


▼「End Hate Crime Now!」

フィリピンのPhilippine LGBT Hate Crime Watchというグループが、「End Hate Crime Now!」というキャンペーン映像をYouTubeにアップしている(→YouTube)。

ちょうど昨日の日記で僕も書いたが、この映像の中でも「あなたであったかもしれない」「あなたの友人であったかもしれない」という言葉が出てくる。

国を越えてしまうと、そういうイメージを持ちにくくなってしまうが、そのことは常に胸に刻んでおきたい。そのうえで、そのようなヘイト・クライムと、自分が生活している場での経験とは、どこが同じで、どこが違うのか考えていきたい。一見とても違うように見えるが、同じ根があるような気がしている。
[PR]

by hideki_sunagawa | 2011-09-04 13:52 | LGBT/gender


<< 久茂地川の生き物      国を越えた連帯 >>