2011年 04月 22日

引っ越して1週間

<沖縄から帰って来て1週間後に書いた日記、間違って非公開になっていました…とほほ>

先週の金曜日に沖縄に引っ越してから、ちょうど一週間になる。

「実感わかないなぁ…」と思いつつ東京を発ったが、今も変わらず…。もちろん、新しい部屋に越したこと、沖縄にいることは実感しているが、ここに、基本的にはずっと住み続ける予定であること、東京から1500kmも離れたところにいて、簡単には東京の友人たちに会えないこと、がピンとこない。

東京の友人たちに連絡すれば、また同じようにすぐに会えるような、そんな感覚が抜けない。もちろん、遠くなったとはいえ、飛行機で2時間半くらい移動すれば会えるわけだけれど、お金に余裕があるわけでもないし、現実的には難しいことだ。

それに、東京に住んでいる間に、父親とすぐ上の姉を亡くした僕は、その距離の意味を知っている。病床にいても簡単に見舞いに行けない距離であり、危篤の知らせを受けても、間に合わないことも多い距離だ(夜に知らせを受けると翌朝まで移動は不可能)。

まぁ、しかし、同じ東京にいても、なかなか見舞いに行けなかったり、訃報を後になって知るということはしょっちゅうあったのだから、同じなのかもしれないけれど…。


東京でも多くの友人に支えられたけれど、沖縄に引っ越してからも、早速友人たちに助けられている。掃除を手伝ってもらったり、車のない(&ペーパードライバーの)僕のために、大きなものを買いに行くのにつきあってもらったり。ガスコンロが予想以上に値段が高くて、「困ったなぁ…」と思っていたけれど、友人たちが引っ越し祝いにとお金を集めて買ってくれた(炊飯器も!)。

そして何より、その友人たちと会うと、「沖縄でも大丈夫」という気持ちになれる。というより、その出会いが先にあったから、「沖縄に越しても大丈夫」と決心できたのだけれど…。


とはいえ、東京での大切な友人たち、支えてくれた恩人のことも決して忘れはしない。その人たちに沖縄に来てもらって、充電してもらいたい、というのが沖縄に引っ越す動機の一つだったのだから(そのためには生活の基盤を早くつくらなくちゃ)。

東京を離れる前日、シューレ大学の学生さんたちと話をする機会があった。僕の大好きな場所と人たち。沖縄に帰る動機の一つとして、僕は、「東京で活動していても砂漠に水をまくようで、手応えを感じられない。地方だと、悪い反応も含めて、やった結果が見えやすい」という話をした。

それに対して、学生の一人から、「東京で砂川さんに影響を受けた人はたくさんいるだろうし、大切な存在と思っている人もいる。そして、そう思っている人に砂川さん自身も力をもらってきたはず。でも、どうしてそういう風に思うのでしょうね」というような質問を受けた。

僕は、その言葉を受けて、胸がつまって涙がこぼれた(泣き虫だからねぇ…苦笑)。

僕自身は、その質問に十分に答え切れず、その代わり、シューレ大学のスタッフの方〜僕にとって大事な理解者の一人〜が、自分でもうまく言葉にできていなかった思いを整理して説明してくれた。その説明はとても的確で、そうやって、僕のことを理解してくれる人もいるのになぁ…とも思った。

時間をかけて、その時彼が説明してくれた内容も含めて、僕が沖縄に帰ろうと思った理由をもう少しちゃんと説明したいなと思っている。


そんなこんなことを考えつつも、順調に沖縄での生活はスタートしています。問題は、仕事と経済的な面…。これを考えるとブルーになるけれど、当分は「なんくるないさー(なんとかなるさー)」と思って、でも、準備していきたいと思います。
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-04-22 09:40 | Diary


<< がじゅまる      あと一週間 >>