One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 14日

腹をくくり淡々と

被災地の状況を知ると、そのつらさ、苦しさを思い胸が苦しくなる。そして、当然ながら、どんなに想像しても現実にはるか及ぶことないという事実に、押し潰されそうになる。寄付をするなど、ごく限られたことしかできないやるせなさ…。

しかし、ここで被害の少なかった地の者がうちひしがれていてはいけないことも確か。多くの人がツイッターでつぶやいているように、自分の気持ちをケアしつつも、やるべきことをやることが大事だ。

けれどまた、その一方で、電力不足などの問題を抱える今、可能な範囲で、働くことを含め、過剰に動いていた東京をペースダウンさせる時期でもある。

今は、ともかく、腹をくくり淡々と生活していく。

そう自分にいい聞かせると同時に、今、僕はある些細な心がけを実行しようと心に決めている。

誰かへ感謝の思いを伝えるときに、その方法を一段階(?)あげよう、と。すれ違う自転車や人に道をゆずってもらったなら、これまではお辞儀だけだったが、「ありがとう」と言おう。つぶやくように、「ありがとうございます」と言っていたものは、もっと大きな声ではっきり言おう…等。

また、親切な行為へも積極的になろう、とも思っている。道に迷っているらしき人をみたら声をかけるとか、そんな基本的なところから。実はシャイな僕は、なかなかそういう行為ができなかったりするんだけど…。

これから大変な生活が続いていくと、ギスギスしたり暗い気持ちになる人が増えるかもしれない。そんな雰囲気をちょっとでも変えたいという、小さな心がけ。まぁ、自己満足と言えば自己満足だが、自分がそれで少しでも明るい気持ちになるなら悪くないだろう。


そんなこんなことを言いつつ、僕は予定通り沖縄に引っ越しをするつもりで(当初の予定より遅くはなりそうだけど)準備を進めています。なんだか大変な状況にある仲間たちを見捨てるみたいな気分で心苦しいけど、今は、エネルギーを使う人が東京から少し減ったほうがいいかもしれない、と自分を納得させて。

でも、こんな状況で本当に引っ越しできるのだろうか、ちょっと心配。
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-03-14 23:48 | Diary


<< 原発に思う      ゲイ雑誌 >>