One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 05日

ゲイ雑誌

引っ越しを前に、ゲイ雑誌の整理をしている。以前に一度、大整理をした時にとってあったページを再度見返して、不必要な部分を捨てたり、まだまるまる雑誌として残っているものから切り取ったり…。1994-5年頃のものから結構な数ある。

もう捨てちゃえばいいじゃない?と思う人も多いだろうが、「ゲイコミュニティ」の研究をしてきたものにとって、ゲイ雑誌は、貴重な資料なのだ。状況が許せば、本当はまるまる保管しておきたいくらいだ。

1990年代の後半から2000年代にかけては、自分もいわゆるゲイシーンの中で色んな活動をやってきたので、雑誌に知っている顔を見つけることも多く、「この頃こういう感じだったんだ!?」と思ったりして、とても面白い(もちろん、今よりだいぶ若い頃の自分も)。また、自分がかかわったイベントや、参加したイベントの写真を見ると、当時を懐かしく思い出す。

特にパレードは、『バディ』さんや『G-men』さんに多大な支援をいただき、イベント前後に様々な形で紙面で取り上げてくれた。いくら感謝してもしきれない(もちろん、他のスポンサーの方や協力者の方々にも)。

1990年代後半から2000年代の前半にかけての「ゲイコミュニティ」の盛り上がりは、この両誌の影響が大きかったと思う。そして、ゲイ雑誌が、こうして結果として記録として残す役割を果たして来たことは、とても重要な気がする。今度は、これらの記録をどう歴史化していくかということが課題だ。

日本では、「ゲイコミュニティ」を歴史化する作業は十分におこなわれてこなかった。これから取り組まんでいかなくちゃなぁ……とゲイ雑誌の山を見ながら改めて思っている。
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-03-05 03:39 | LGBT/gender


<< 腹をくくり淡々と      引っ越しへ向けて >>