2011年 01月 28日

最後の講義

7年間教えた実践女子大学での最後の講義が、今週の水曜日あった。

とはいっても、この最後の回は補講で、ゲストスピーカーをお呼びしてのもの(友人にゲイのHIV陽性者として話をしてもらった)だったので、実質的には、先週の試験の前週の講義を最後と言うべきなのかもしれない。

いずれにせよ、まだ成績をつける作業はあるが、講義は終了。恐らく、もう学校に行くこともないだろう。ずっと、6年勤めたつもりでいたが、日記を確認したら、2004年に始めているので7年間だった。

このとき、関東学院大学の授業も同時に始まっていて、その登録人数の多さにめげそうになっていた。大変な年だった…。日記には、授業の話と、イラクでの人質事件の話が書かれている。そんなこんなで、なんだか荒んだ気持ちになっていたことを思い出す。

さて、それから7年…。当たり前だが、とりあえず、大学の授業で話をすることにはだいぶ慣れた。ここ2年の間には、筑波大学や東京大学でも非常勤講師として教える機会にも恵まれた。やはり大学によって、学生の雰囲気はだいぶ違うので、それもとてもいい経験になった。

一番長く勤めた実践女子大学は、大人数のクラスだったにもかかわらず、教えやすかった。全般的に授業態度は真面目で、とても優秀な学生もいた。僕は、おしゃべりにとても厳しく、試験も難しめだったが、毎年多くの学生が履修してくれた。


今年も、僕がだいたい毎年最後に言ってきたことを、伝えた(先々週の講義で)。

「これから先、つらいことや困難にぶつかることもあるでしょう。でも、必ずどこかに助けてくれる人はいるので、つらい、苦しいという声を上げてください。あきらめずに、助けてくれる人を探してください。」

二コマ合わせて毎年160〜180人くらいの学生が登録していたので、この大学で教えた学生は、7年間で1200人くらいか。みんなどうしているだろうか。

ちなみに、来年度は、他県の大学で集中講義で教える予定があるので、一応、非常勤講師としての経歴は継続。沖縄の大学では、今のところ特に予定はないけど、教える機会が今後できるといいなぁ、と思っている。

さて最後に…7年間、教える機会をくれた実践女子大学に感謝を。どうもありがとうございました。お世話になりました。……って、まだ業務残っているけれど(苦笑)
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2011-01-28 02:32 | Diary


<< レズビアンマザー      恩と愛と >>