2010年 12月 29日

たんじょうび

昨日、44歳の誕生日を迎えた。

誕生日は、この一年また生き延びられたことを感謝しつつ、振り返る日。またたくさんの出会いがあり、たくさんの友人たちに励まされ、支えられた一年だった。

8月に東京プライドパレードを3年ぶりに開催することができた。僕が東京プライドの代表に戻ったのは、2年前、東京プライドがパレードの中止を発表した後に、団体自体が機能不全状態に陥ったときだった。そういう意味で、パレードを開催しなければ、僕の任務は終わらないと思っていた。それができてほっとしている。

2000年に今の流れのパレードを始め、2005年に東京プライドの代表となって三年ぶりのパレード開催の下支えをしながら団体づくりに従事して、2008年再建に取り組んで、また三年ぶりのパレードを開催して…。これだけ力を尽くしたなら、もういいだろう。

残念ながら、僕が好んで東京プライドのトップに立ち、その役割に固執していると思い込んでいる人も少なくないらしい。僕が関わらないでもうまくいくなら、僕はそうしたかった。こうして何度も東京プライドの運営に中心的にかかわることが、一体どれだけ僕の生活を不安定にし、本業に影響を与えたことか…。

きっと、自分が得るものがなくても(というより失うものが多くても)、社会を少しでも変えて行くために、たくさんの時間や労力、そしてお金を費やすという行為が理解できない人がたくさんいるのだろう。

テレビドラマや小説など、自分を犠牲にして(僕は、それが美しいことやいいこととは思っていないけど)、社会をより良くするために尽力する「物語」に、人々は感動する。けれど、現実世界では、そういう行為に対して「偽善」とか「自己顕示」とかいう目を向ける人が多いのは不思議なものだ。

…なんだか、愚痴っぽくなってしまった(苦笑)

でも、今年も、僕がやりたいと思っていることを理解し仲間になってくれた人がたくさんいた。そして、これまで僕を支えて来てくれた人たちも、また力を貸してくれた。僕が、社会的責任感で東京プライドを背負ったがゆえに、まわりの人たちをやきもきさせたのは申し訳なかったなぁ、と思う。でも、温かく見守り、サポートしてくれた仲間たちに心から感謝したい。みんな、ありがとう。


来年3月から沖縄に越す予定なので、44歳は、大きな変わり目の年になる。ローカルなもの、リージョナルなもの、グローバルなものを意識しつつ、活動していきたいなぁ、と思っている。不安も大きいけれど、楽しみでもある。これからも、どうぞよろしくお願いします。
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2010-12-29 09:38 | Diary


<< 謹賀新年      つながり >>