2010年 11月 20日

弱い自分

またまた風邪をひいたので、寝る時間が長めに。不思議なことに、長時間寝ていると夢見が悪くなる。わかりやすい怖い夢を見ることもあるが、どうしてそれが「悪夢」なのかわかりにくいものもある。その一つが、高校時代に戻る夢だ。

高校時代に戻ると言っても、半分は今の自分の意識だったりするので、ちょっとややこしい。「ああ、最近授業に行っていないなぁ、卒業できるかな」と思ったり、校舎に行って、「自分の知っている先生はもういないなぁ…」と思ったり(でも、気持ちの半分は在校生)、もう授業が始まっている時間なのに準備ができていなくて焦ったり。

大したことない夢のようだが、そういう夢を見ると、夢を見ているときもそうなのだが、目覚めた直後にとても虚しい、切ない気持ちに襲われ、どんよりしてしまう。『ネバーエンディング・ストーリー』に、悲しみにとらわれると、動けなくなり沈んで行くという「悲しみの沼」が出てくるが、その沼に沈んで行きそうになる、そんな気持ちだ。

そうなる理由はよくわかっている。高校時代が何か自分のピークだったような気分がずっと根底に流れているからだ(辛いこともたくさんあったのに…)。

冷静に考えれば、今の方が幸せの要因はたくさんあるのに、奥底に潜んでいる合理的でないそんな感情が、ふとした瞬間に吹き出してくる。おそらく、その感情を見つめ続けると、本当に「悲しみの沼」で身動きがとれなくなってしまうだろう。

だから、あるときから僕は、その感情を棚上げする(というより奥底に抱え込む)ようになった。

人生という旅ができる時間は限られている。過去を見つめて嘆息しているうちに、旅の日々は過ぎ、せっかくの風景を見逃し、出会いの機会も逸してしまうのだ(もちろん、時々休む必要はあるだろうし、たまには過去を振り返ってため息をつくことも悪いことではないのだが)。

過去が黄金の時代に見えて(本当はそんなものじゃないのだけれど)、今が、銀や銅の時代に見えても(しつこいけど、本当はそういうわけじゃないけど)、「銀や銅もきれい」と思えばいい。


…なんて話を書いたのは、以前ある人と話していて、僕が「いつも前向きに、確固たる自信を持って力強く歩んでいる人」というイメージを持たれることがあると知り、ちょっと驚いたもので。

僕も、不安や虚しさに押しつぶされそうになったり、悲しみに押し流されそうになったりすることがしょっちゅうで、自分では自分のことをとても弱い人間だと思っている。実はもともととても自己評価が低い人間。コンプレックスもたくさんある。

だから、今の自分が実際にどうか、ということを内省し続けると落ち込んでしまう。なので僕は、なるべく、どういう人間でありたいかを想像し、ほんのちょっとでもそんな人間に近づくことを考えるようにしている。それを実践するのは、とても難しいことだけれど…
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2010-11-20 02:14 | Diary


<< 賞をいただきました      出会い >>