One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 23日

変わらない誤解とカミングアウト

今日、大学院の後輩が務めている大学に呼ばれて、東京プライドパレードなどについて話をしてきた。学生は全体的に真面目で、活発に質問も出て、とてもいい雰囲気の授業だった。

しかし…主たるテーマがパレードというストリートでの表現だったので、いつもより、性的マイノリティについての説明は簡単に。解剖学的性別/性自認/ジェンダーパフォーマンス/性的指向(欲望・性行為・アイデンティティ)について説明しつつも、細かい説明は省いてしまった。

すると、コメントペーパーには、トランスジェンダーと同性愛をごちゃまぜにしている記述があちこちに…。「ああ、やっぱりあれだけの説明ではダメなのね」と。

まぁ、今回のテーマは性的マイノリティの基本的なことを知ることではなかった以上、しょうがないと割り切るしかないかもしれない。また、いろんな性のあり方があって、それらは尊重されるべきということがわかればそれで十分と考えることもできるだろう。でも、やはりその状況はすっきりしない…

とはいえ、いつもこんな基本的な知識のばかりでいいのか、という思いもある。性的マイノリティをとりまく状況にはいろいろなことを考えるテーマが含まれているし、具体的な問題(パートナーシップとか)について、もっと突っ込んで話すべきことがあるような気がしている。

僕自身は、15年くらい性的マイノリティの話をしてきたが、この15年間、誤解をしている人の割合が全然変わらないという印象がある。そして、いつもいつも、「同性愛とトランスジェンダーは違う軸の話で…」「性的指向は意識的に選んでいるわけではもなく、同性を好きになる人は、異性を好きになる人と同じように、『自然に』同性を好きになるのです」と、当事者にとっては、とても基本的な話を繰り返す。

どうして、こんなにいつまで経っても、当事者にとってごく当たり前のことが知り渡らないのだろう?

やはりメディアの影響は大きいだろう。性自認や性的指向関係なく「オネェキャラ」としてくくられる人たちがマスメディアで頻繁にとりあげられる以上、そのイメージの影響力は大きい。

けれど、そのことと背中合わせの理由がもう一つあると思う。やはり、カミングアウトする当事者の少なさだ。もちろん、それぞれの状況があるわけだし、生きていくための戦略がそれぞれにあるのだから、「カミングアウトすべき」とか「すべきでない」とか言うことは誰にも言えない。

それに、だんだんとまわりにカミングアウトする人も増えていると思う。とはいえ、やはりそういう人はごく少数だ。ゲイやレズビアンが身近にいるという状況にならなければ、いつまでも誤解を強化するマスメディアに抗することはできない。

カミングアウトは、当事者の間で摩擦が生じがちなテーマであるがゆえに(推進派/反対派、アイデンティティポリティクス派/クィア派のように)、なかなか踏み込んで発言しづらいところがあるが、僕は、<できる範囲で>なるべくカミングアウトしていくことの意味をこれから強調していきたいと思っている。
[PR]

by Hideki_Sunagawa | 2010-10-23 00:55 | LGBT/gender


<< 思い出のナチチャコパック…      ミュージカル「RENT」 >>