One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 20日

東京プライドパレード(2)

東京プライドパレード当日、印象に残ったことを断片的に。

地方に住む友人が、杖をつきつつ、はるばる来てくれた。沖縄からも、友人がお土産を携えて来てくれた。彼女も透析を受けている身なので、結構大変だったと思うのだけれど…。会えなかった友達もたくさんいるけど、あの場、出来事を多くの友人とシェアできたのは、本当にうれしい。

RENTの「Seasons of Love」はすっかり思い出の曲に。あらかじめ、米倉さんの事務所から「雰囲気が良かったらもう一曲歌いたい」という要望を受けていたのだけれど、その通り、もう一曲歌ってくれたもらえた。ということは、その場の雰囲気を気に入ってくれたんだなと。出演者と直接話すことはできなかったけど、舞台袖に戻って来た楽しそうな表情が印象的だった。

整列が始まる頃、所轄の警察の人が来て、「一てい団、5列で概ね250人ずつということになっているから、一緒に出発地点に向かいながら、区切って行きましょう」と言われ、「え?」と。このパレードがいかに、その点をしっかりオーガナイズされているのかわからないんだなぁ…(交渉で説明したんだけど)。「ちゃんと、250人ずつ受け付けて、分かれて整列しています」と伝えた。

歩き始めてしばらくして、歩道にいたトランスジェンダーとおぼしき人が、先頭と並んで歩道を歩き始めて、ずっと最後まで一緒に歩いてくれた。終わって、「一緒に歩いてくれてありがとう」と言った言葉に返事はなかったけど、笑みを見せてくれた。

沿道の人たちと手を振り合うのは、やっぱりとても楽しく、うれしくなる。知っている人も知らない人も手を振って。もっともっと沿道での「応援」が増えるといいなぁ、と思う。

中西さんとは事前に二度ほど会っていたのだけれど、ライブ終了後、初めて握手をした。やっぱり、気さくでとても温かい、良い人。

エイサー。実は、僕も去年から今年にかけて、少し練習に参加していたので、本当は出演したかったのでした。でも、パレードの準備が忙しくなり始めると全然行けなくなって、結局断念。なので、複雑な思いで見てました。

挨拶も終了し、ステージの最後に流れた曲は、「Seasons of Love」。ステージ担当の思いが伝わって来て、また目頭が熱く。

ステージを降りて片付けに向かおうとしたら、何人かの友達が声をかけに来てくれていた。また泣きそうになりつつ、言葉を交わしたり、記念撮影をしたり。

全てが終わって、テントを片付ける作業は、とても大変。僕はまず、テントの屋根の幕を骨組みに縛ってある紐を外す作業からやっていたのだけれど、これも地味に疲れる作業。延々とやっていたら、ブースに残っていた男性が、「一つ一つの紐は大したことないかもしれないけど、これだけあるとね…」と、そのテントの紐を外すのを手伝ってくれた。一見チャラい(<ごめんなさい)雰囲気の人だったけど、僕が見た限りでは、ボランティアでない人で手伝ってくれた唯一の人だった。

全ての片付けが終わり、ボランティアが再度集まったときは、もう真っ暗。暗い中の緑色のTシャツが、輝いて見えた。

レンタル会社のトラックが出て行くのを見送ると、広場には自分と相方の二人だけ(遠く離れた門では別のスタッフが門番)…と思っていたら、実は、まだ会計と募金の担当者が橋のそばで作業をしていた。心身ともに疲労しきった二人の姿に心が痛くなった。

その後、事務所へ片付けに行き、アフターに顔を出し…。2丁目の道に人があふれているのに驚く。2000年からずっとお世話になっているM☆NARUSEさんのDJで踊りたかったが、疲労のあまり断念。帰る途中、以前実行委員をやっていて、今回ボランティアスタッフとして戻って来てくれた人と会う。元気な楽しそうな顔をしていたのが、うれしかった。

そして、2丁目を後にしつつ、「来春沖縄にUターンしたら、この雰囲気が懐かしくなるのかな、それとも、ただの遠い遠い思い出になるかな…」と。果たして、一年後はどんな思いで何をやっているだろう?
[PR]

by hideki_sunagawa | 2010-08-20 04:52 | LGBT/gender


<< 暴力について考える      東京プライドパレード >>