2010年 03月 09日

Diary in Okinawa7

English version is following...

a0137527_21502755.jpg
今回の沖縄滞在日記のラスト。

食べたものシリーズの最後は、僕の好きな沖縄のお菓子「天妃前(てんぴぬめー)まんじゅう」。

僕の通った小学校の名前が天妃小学校というので、名前にも愛着が。

はったい粉でつくられたまんじゅう(と言っても餡は入っていない)が、さんにん(月桃)の葉に包まれている。さんにんの香りがとてもいい。

最初はデパートの地下で売っているのを買って食べたのだが、なは女性センターのスタッフの方から「ダメよー。平和通りで売っているのじゃなきゃ」と言われ、それ以来、機会がある度に平和通りで売っているものを買うようになった。

平和通りと桜坂が交差するあたりに、店舗を構えず、ガラスケースに入れてお菓子を売っている。昔は何人かの年配の女性が並んで売っていたけど、今は一人だけ。こういうスタイルで売る人がずっといて欲しいなぁ。

a0137527_21512596.jpg
そして、帰京。僕の心境を代弁するかのような空模様。

この二つの場所を行き来するときのしんどさはどう考えたらいいのだろう…? 

もし沖縄に拠点を置いて、東京にたまに来るとしたら、やっぱり沖縄に戻るときは同じようにしんどくなるのかな?

羽田空港に着き、すぐに家に戻る気分ではなかったので、空港でグラスワインを傾けた。東京生活に戻るための気持ちの準備。
a0137527_21521245.jpg


I love this "Tenpi-nu-me manjuu"
which is one of traditional "manjuu" in Okinawa
(manjyuu is one type of Japanese confectionary).

It's made of barly and wrapped with "Sannin"
(leaves of a kind of gingers)
which have a scent all its own.

A woman sells the manjuu
in Heiwa street, not in store,
but on the street with these in a glass case.

When I was a high school student,
I used to passed through this street after school.
At that time, some elderly women
was selling traditional confectionary in that style.
However only one women does now.
I hope this style will remain.


It was rainy today like my state of mind.
When I go back to Tokyo, I always feel sad and confused.
I don't know what it will be
if I move to Okinawa and visit Tokyo from Okinawa.

Arriving at Haneda airport,
I drunk a glass of wine to calm myself and
get ready to come back my Tokyo life.
[PR]

by hideki_sunagawa | 2010-03-09 23:59 | Okinawa


<< プチ花見      Diary in Okinawa6 >>