One Voice

hidekiss.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 01日

講演します

毎年、なは女性センターで講演させていただいているのですが、今年もあります。

===
▼セクシュアリティ講座
「セクシュアルマイノリティへの『理解』と『誤解』と」


3月4日(木)午後7時~8時半
なは女性センター(県の女性センター「てぃるる」とお間違えなく!)

「おねぇキャラ」や「おねぇ系」という言葉はすっかりおなじみのものとなり、そう呼ばれる人の存在はマスメディアに定着したようだ。
 そんな状況から、ゲイなど性的マイノリティへの「理解」や「受容」が広がったと言う人もいる。しかし、果たして本当にそうだろうか?

 そのような言葉でくくられることに違和感を感じたり、そのようなタレントのあり方を嫌ったりする当事者も少なくない。なぜなら、その表現の中では、セクシュアルマイノリティにとって重要な差異として意識されている多様性が無視されているからだ。 

 このギャップには、単純に「無知」や「誤解」という言葉では片づけられない、異性愛社会の「ジェンダー」観が関係している。よって、性的マイノリティへの思いこみを振り返ることは、異性愛社会のジェンダー観を照らし出すことになる。
 今回の講座では、性的マイノリティについての基本的な話から、異性愛社会のジェンダー問題を問います。

===

3月は、ほかにもいろいろと、すばらしい講師を迎えた講演が予定されているようです。

堤さんは、昨年ベストセラーになった『ルポ貧困大国』(岩波新書)の著者。北村さんは、僕の尊敬する友人で、『「ホームレス」襲撃事件と子どもたち』(太郎次郎社エディタス)などの著書があります。

▼「性差を超えて未来をつくる ~今こそ女性の出番~」(講師:堤未果さん)
3月11日(木)午後2時~午後4時 @パレット市民劇場

▼「いじめの連鎖を断つために〜思春期の心の揺れに寄り添う〜」(講師:北村年子さん)
3月15日(月)午後7時~午後9時@なは女性センター


[PR]

by hideki_sunagawa | 2010-03-01 22:46 | LGBT/gender


<< Diary in Okinawa1      A Concept Shift... >>